結婚はタイミングではなく「定め」で決まる【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「結婚相手」に関するお話。

ひとりさんいわく、結婚相手は誰かに相談をして決めるものではないとのこと。結局は、その人自身の好みによるものですからね。

また、昔の時代とは違って、今は離婚をしても女性が一人で生きていけるような環境が整っている側面もあるので、そこまで結婚に不安を感じる必要はありません

もちろん、夫婦でずーっと仲良く暮らす人生が理想的ですが、少し気軽な考え方も持っておかないと、結婚する前から気が重くなってしまいますからね。

では、好みの相手というのは、一体どのような視点で考えたらいいのでしょうか。

例えば、お金に飢えた人生を送ってきた人であれば「お金持ちの人」。優しさに飢えているのであれば「優しい人」と結婚するのがいいんだそうです。

要は、今のあなたに、どんな側面を持った人が一緒にいたら幸せなのか。その辺のイメージを何度もしてみるといいと思います。

だから、もし、あなたが女医で「お金には困っていないけど家事が苦手!」ということであれば、あまり稼ぎは少ないけど、家事全般を手伝ってくれるような朗らかな旦那さんが必要なのかもしれません。

また、それでもやっぱり、「バリバリ仕事をするお金持ちの人が好き!」ということなら、失敗を恐れず、フィーリング重視で結婚するのもいいでしょう。

ここまでは結婚相手のポイントをお伝えしてきましたが、「結婚のタイミング」としては、どういった決断をすべきなのでしょうか。

ひとりさんいわく、結婚はタイミングではなく「定め」なので、結婚する人とは、なぜか必然的に結婚するようになっているんだそうです

これは少し神的な話になりますが、人間には宿命というものがあって、生まれる国や場所、家族、両親、出会う人、起こる出来事、寿命など、実は「宿命」として、生まれる前に決めてきている部分もあるのです。

その辺の内容は、深く話せば話すほど「宗教」と勘違いしたり、斎藤一人さんに嫌悪感を持ってしまう方もいるかもしれません。

ただ、宿命や必然を信じる信じないは別として、なぜ、あなたの人生が、なかなか自分の思い通りにはならないのか、ご存じでしょうか?

結婚相手に限らず、実は、人が「魂を成長」させるためには、自分と同じような側面を持った人や、性格や相性が異なる人など、そういった人とつながりを持たなければならないんですね。

それによって、例えば、感情の起伏が激しい人と一緒にいると、自分も同じような要素を持っている人ほど、 「嫌だな、苦しいな」という思いをするので、そこでようやく、自分の性格を改めなければ!と思うわけです

だから、結婚する前までは必然的に、脳が「この人と結婚すれば幸せになれる」という状態になり、結婚した後からは修行が始まるんだそうです(笑)。

要は、出会う時にスイッチが入り、声を聞くともう一段スイッチが入る。そして、親が反対しようが何しようが、結婚する人は結婚する。

逆に、結婚しないと決めて生まれてきている人は、どれだけ周りが応援しようが結婚する気にはなりません。その人には、結婚が人生のプログラムとして脳に入っていないのです

結婚に向かない人は、何か他の仕事や特技などで、何らかの「幸せの道」が必ずあるものなので、未婚であることを恥に感じる必要は一切ありません。

現世では結婚はしない!という「定め」の人もいますから。

自分の魂が成長するに相応しい人との縁☆【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「ひとりさんが恋愛に関する質問に回答」する形でのお話。

ひとりさんファンの人は、斎藤一人さんを商人として尊敬している人もいれば、神的な話に興味があるという人、そして「全ての話が大好き」という人もいます。

今回は、珍しく恋愛に関する質問に回答する形。もしかしたら、今後、何らかの場面でこの話が役に立つこともあるかもしれません。

まずは「人との縁」について。恋愛でも友達関係でもそうですが、離れるタイミングって必ずありますよね。もちろん、離れてもまた再会することだってあります。

これってどういうことですか?というと、現実的な視点では、お互いに環境が変わってしまった、価値観が合わなくなった、相手に嫌われてしまったと、そう考えると思います。

しかし、ひとりさんが言うには、本当は「縁があって出会い、縁がなくなって別れる」だけのことなんだとか。

この「縁」の基準は、その人との縁によって「魂が成長するかどうか」です

だから、いつもケンカばかりしているカップルであれば、そのケンカの日々を通じて、相手を許すことを学んだり、言葉を選ぶことを学んだりします。

このように、魂の成長段階に応じて、縁が必要な人とは出会い、縁が不要になった人とは離れるということ。

ただ、これはあくまで『神的な視点』での話ですので、「私は相手を好きになってちゃんと努力をしたから一緒になれたのよ!」という人は、それで構いません。

本当に信じられる人だけが信じてみてください。

他にも、浮気や不倫などに関する話もありますが、斎藤一人さんの感覚と一般的な世間の人の感覚が異なる点は、受け入れられる人だけが受け入れるようにしましょう。

ひとりさんが判断に迷った時は、正しさよりも「楽しさ」を優先します。

例えば、女性が彼氏の浮気を疑って、勝手にスマホをのぞき見したり、相手を厳しく追い詰めたりする暇があるなら、「もう一人彼氏を増やそうかな♪」と、そういった気軽な発想を持つのが、ひとりさん流の考え方なんですね。

だから、芸能人でも何でも、何かある度に袋叩きにして「人の不幸は蜜の味」という、そういう人もいるようですが、そもそも、その当人の人生とあなたは全く無関係なわけです

そういった「人の人生を正しく裁く」という考えで、幸せになることはできません。この世の中に完璧な人はいませんし、今あなたがやるべきことは、人を正しく裁くことではなく、この人生を楽しく幸せに生きること

もちろん、時に、人から傷つくような言葉を受けたり裏切られたり、そういった中で楽しい道に進むことが難しい時期もあると思いますが、大事なことは「嫌な思いをしたら絶対に自分は同じことをしない」ということです。

神的にいうと、前世で自分が人にやってしまったことを現世で経験し、それによって因果が解消される仕組みになっています。

なので、今後は起きた出来事に執着するよりも、次々と新しい種を蒔いて、今度はちゃんといい因果を作れるように、自分も相手も楽しさを感じられるような「幸せの道」を歩んでいきましょう。

柔軟に考えないと楽しく生きられない時代【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「理想を追求した先に待っている固定概念」というお話について、解説いたします。

世間一般で言われている常識には、いい行いもあれば悪い行いもあります。

ただ、実はそれが「固定概念」による間違った解釈で、本当はそこまで堅苦しく考える必要がないものもたくさんあるんですね

例えば、「女遊び」という言葉を聞くと、多くの人は、男だけが得をするような「悪い行い」として、あまりいい印象を持ちませんよね。

ただ、男性にとっても楽しく、女性にとっても楽しい付き合い方ができるのであれば、それが一番ですし、例え、別れることになっても、いい思い出にすることができるでしょう

また、「オートバイ」を目にしたり、エンジンを耳にするだけで、暴走族をイメージして嫌悪感を持ってしまう方もいるようですが、これも解釈次第でとらえ方は変わってきます。

確かにエンジンの騒音でわざと迷惑をかけるような人もいますが、基本的にはちゃんと免許を持って、普段からマナーを守っている人達がほとんどです

つまり、社会的な常識の範囲内であれば、「女遊びやオートバイは悪い行いである」と決めつけるのは、その人の勝手な固定概念によるものなんですね。

一方で、「ボランティア」というのは、いい行いの印象が強いわけですが、これも解釈の仕方次第では変わってきます。

例えば、ボランティアを一生懸命やっている人が、「あの人はパチンコばかりしててダメな人ね」と、人の楽しみを批判するような地獄言葉を使い出したら、その人の魅力度は落ち、いい行いをしている人とも言えなくなってしまいます

また、もしかしたら、ボランティアではなく「商売」という形で努力した方が、人を雇用し、国に税金を納め、社会に貢献できるという見方ができるかもしれません。

さらにいうと、昔とは違って「年功序列」や「終身雇用」の態勢が厳しくなり、大学を出て正社員で大企業に勤めても不安定な社会。

となると、「絶対にこの道が安泰!」と、親や先生が、子供に教育してきた道だけが全てではない!ということもいえるでしょう。

例えば、個人力を磨いてSNSでファンを集める人や、youtubeで得意ジャンルを生かして活躍する人など、お金の稼ぎ方も多種多様なものになってきています

だからこれからは、楽しく働いて、お客さんに喜ばれて、毎日の生活を送ることができる時代。

これは斎藤一人さんが創設した「銀座まるかん」に特化した話ではなく、これからの社会が、現実的にそういう流れになっていくということです。

よく「親の教えは10年以上遅れている」といいますが、そういったことも含めて、今後はあなた自身が常にアンテナを張って、理想的なスタイルを追求してく必要が出てきます。

そのコツはシンプルに「行動」。いくら戦略を練って考え込んだとしても、実際に行動してみなければ、現状は何も変わりませんからね。