【斎藤一人】幸せのため息を一瞬で「神の息」に変える方法

こんにちは、ツイてる坊主です。

よく、ため息をつくと「幸せが逃げていく」から、ため息はついちゃいけないよ!って言われますよね。

でも本当は、ため息をつくこと自体は、まだ許容範囲なんです。あの斎藤一人さんだって、ため息をつくことはあります。

その代わり、ため息をついた後に、必ず「幸せだなぁ♪」って、この言葉を付け加えてくださいね。

ため息をつくと、9割以上の人は、その後に「疲れたなぁ」って言いたくなると思いますが、それだと普通だから面白くないんです(笑)

疲労のため息を一瞬にして、幸せのため息に変える。これだけで、波動を下げずに済みます。

斎藤一人さんの場合、体調が悪い時も、会社で問題が起きた時も、ドライブで渋滞に巻き込まれた時も、「はぁ~、幸せだなぁ」って口にするんだそうです。

あと、普段生活している中で、ふと、嫌な予感がする時ってありますよね。何かこう胸騒ぎがすることってあると思います。

その時も、真逆の言霊を意識して、「何だかいいことが起きそうな予感がする!」って言うようにしてみてください(笑)

普通だったら、明るい気分だからポジティブな言葉、暗い気分だからネガティブな言葉を選んで口にしますよね。

でも、部屋の電気が消えたら、灯かりをつけるのと同じで、暗い気分だからこそ「ポジティブな言葉」を使った方がいいんです。

心コロコロといって、人間の心は常にコロコロ変わるものですから、自分の意思で気持ちを幸せに引っ張るようにしましょう。

私自身も、斎藤一人さんやお弟子さんの話を聞いてから、何か嫌なことがある度に、「このことからは良いことしか起きない」「このことがダイヤモンドに変わります」と、こうした言霊を口にするようにしています。

あと、個人的におススメの手法があって、それは、自分で勝手に「点数表」をつけるというやり方です。

今日は暗い気持ちになってしまったから-1点。でも、前向きな言霊を口にできたから+1点。笑顔の時間も作れたから+1点。

これを、一日単位、一週間単位、一ヶ月単位、一年単位で見ていくと、自分の人生はトータルでプラスになっていることに気づくことができます。

斎藤一人さんいわく、この世は「遊行」といって、私たちは、この3次元の地球に遊びに来ているだけなんだとか。

そう考えると、仕事が嫌いな人であっても、「数字の点数ゲーム」だと思えば、少しでも気持ちが軽くなるのかもしれません。

世間が正しいと言っている「真面目」を続けていると、まじめジメジメといって、気持ちが落ち込みやすくなってしまいますからね。

それに、ハッピーで、明るくて、幸せで豊かな人に、真面目という言葉は似合わないと思いませんか?

顔につやを出して、派手な格好をし、お肉を食べながら、深く落ち込む姿というのも似合わない(笑)

このように、人生は、仕事でも何でもそうですが、物は考えようです。

斎藤一人さんやお弟子さんは、物事に対する「解釈の仕方」がうまいだけなんです。

何か、特別な才能や技術を持っているから、幸せなお金持ちになれた!というわけではありません。

この人生を遊行として、何でも遊びに変える。何でも『遊び心』を持って、ただただ夢中になっているのです。

ただ、その遊びというのは、ダラダラと怠けることではなく、遊びだからこそ本気になります。

例えば、サッカーをやる時に、相手がボールを奪いにこなかったら、おもしろくないですよね。邪魔をする人がいるから、点が入った時に狂ったように喜ぶわけです。

だから、「仕事=真面目」が苦しいなら、「仕事=遊び」だとしたら、どんな楽しみ方があるかなって考えてみてください。

ゴジラみたいな人が歩いてきたら、実際に「ゴジラのテーマソング」を流して、どんな倒し方があるだろうかって考えてもいい(笑)

点数表をつけて、今日の自分は「トータルで+何点」って、この人生を「数字の点数ゲーム」に例えてみてもいいんです。

そうやって、苦しい時こそ、くだらないことを考えるようにしましょう。

これも、冒頭でお伝えした「疲労のため息」を「幸せのため息」に変えるのと、同じ思考です。

斎藤一人さんの天国言葉を口にしながら、暗くなったら灯かりをつける。

たったこれだけのことで、高い波動が維持できますし、「幸運」の感覚をつかめるようになってきます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です