人の悪口と日常の雑談は紙一重に等しい?【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「人の悪口と日常の雑談は紙一重に等しい?」というお話をしたいと思います。

まず、ひとりさんの教えを学び始めると、愚痴や文句、人の悪口を言わないように気をつけよう!と思うようになります。

ただ、人とたわいもない雑談をしている中で、誰かの噂話になったり、過去の苦労話になったりすることって、当然ありますよね。

そんな時に、じゃあ、「地獄言葉」「日常の雑談」の境目ってどこなの?と疑問を感じるわけですが、これに関してはとても簡単です。

相手の心が暗くならないように、愚痴っぽい会話になったら、それを冗談っぽく明るく話すとか、楽しい話題に変えるとか、その程度で問題ありません。

実際のところ、地獄言葉と天国言葉は、紙一重なところもあって、例えば、人の不幸をあざ笑う意図で笑い話をすることもできるし、場の雰囲気を和らげるために笑い話をすることもできる。

つまり、心が伴っていなくても「はじめに言葉ありき」で、言霊を大切にするのが基本ではあるものの、すでに、それができているのであれば、次に意識すべきことは『思い』です
.
.
世の中には、明るい気持ちで「今日はポカポカしてていい天気ですね~」と口にしても、「今日も暑くて嫌になっちゃうよ・・」と、暗い気持ちで返す人もいますよね。

また、自分一人の時は、『愛してます・ツイてる・うれしい・楽しい・感謝してます・幸せ・ありがとう・ゆるします』といった天国言葉を口にできるけど、人との会話になると言えなくなってしまう人もいます。

こうしたことから、すでに天国言葉を口にできる人であれば、いかにそれを「いい気分」で使えるか、言葉に「思い」を込める段階に入っていかなければなりません

ひとりさんが言っている「心が伴わなくてもいい」というのは、これまでずっと地獄言葉ばかりを言い続けてきた人を対象とした教えであり、本来であれば、心が伴った方が幸せ

例えば、嫌なことがあった時に、「ツイてる!ツイてる!ツイてる!」と何度も口にし、できたら、意識的に心の針も上に向けられるようになれば、落ち込む機会も少なくなってくるはずです。

なので、「ありがとう」という言葉も、最初のうちは無心で口癖にし、徐々に、心を込めて言えるようになることが大事

そして、いずれは、「人からありがとう」と言われるような行動をとれるように、一つ一つ段階を踏みながら、焦らず成長の過程を踏んでいくようにしましょう。
.
.
もし、身の回りで地獄言葉ばかり言う人がいる場合は、なるべく距離を置くか、それが無理なら自分だけでも明るく生きる修行ということになります。

ただ、それが現実的に難しい!というケースもあるので、そういった時は、『グレーゾーン』を心がけてみてください。これはもちろん、法律の話をしているわけではありませんよ。

グレーゾーンというのは、これも斎藤一人さんから教わったことですが、白黒はっきりさせず、相手の意見をうまく受け流したり、正解を決めずに時間の経過を待ち、流れに身を任せるという状態

その時に役立つ言葉は、「まぁ、いいか」「どうせうまくいく」「なんとかなる」。こういった我の強さを弱める言霊を使うのがポイントです。

あくまで、結果は神様が出すものなので、自分にできることを行動に移したのであれば、ダラッと力を抜いて、『あとは神にお任せします』という気持ちでいるようにしましょう

よく、成功者はすごいアイディアを思いつくものだね♪と言われるものですが、斎藤一人さんは、眉間にシワを寄せて難しいことを考えることはありません。

また、「気合い」や「根性」の強い自我で、苦しい努力をしてきたわけでもないんですね。

それよりも、「今日一日、明るく上機嫌で生きて、人に親切にしよう♪」。そういった気持ちで、一分一秒でも長く『いい気分』でいる時間帯を積み重ねてきたんです

結局は、この状態が宇宙の法則によって、いい現象を引き寄せることになります。

というのも、「宇宙の法則」と「人間の観点」には、大きな違いがいくつもあって、ほとんどの人がこの事実に気付くことができません。

例えば、人間の観点では、「今」が苦しくても、我慢と忍耐でいずれ幸せになれる!と思いがちですが、宇宙の法則では、『今』を幸せに生きることで、「その波動によって、未来も幸せに生きられる!」という仕組みになっているんですね。

その理由は簡単で、この宇宙は神が創ったものなのだからです。もし、人間が創ったものであれば、人間の観点で、誰もがすでに幸せになっているはずですからね。

もちろん、この原理を信じる信じないは個人の自由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*