愛(優しさ)と光(上機嫌)で生きること【斎藤一人】


⇒ この動画音声の文字起こしはこちら

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「愛と光」のお話になります。

愛と光って何ですか?といった時に、愛とは「優しさ」、光とは「上機嫌」であると、ひとりさんはおっしゃっています。

人があの世に戻った時、神様から聞かれることはたったの2つだけ。

「あなたはこの人生を楽しみましたか?あなたは人に親切にしましたか?」この2つだけなんだそうです。

つまり、明るく上機嫌で楽しい人生を送り、優しさで人に親切にする人生を送ることができれば、神的には丸というか、それでOKということ。

仕事、家族、健康、いろんなことがあるけど、結局は、「何があっても愛と光で生きる修行」をしに生まれてきていて、それが魂の成長になるんですね。

でも、これがなかなか簡単にできないので、人は何度も生まれ変わって輪廻転生を繰り返す中で、少しずつ魂を成長させていくんです。

以前ひとりさんがおっしゃっていたのは、「人は10年単位でちょっとずつましになる」ということ。本当に長い時間をかけて、ちょっとずつ良くなっていくんだそうです。

だから、なぜほとんどの人の人生が、一日でもなく、一週間でもなく、一ヶ月でも一年でもないのかというと、10年20年の年月を経なければ、なかなか成長することが難しいから。

では、その「愛(優しさ)」「光(上機嫌)」で生きるって具体的にどういうことなの?というと、実はやること自体はとてもシンプルなもの。

例えば、もし、自分の家族は仲がいいけど、お隣の家で困ったことがあっても関係ないと思っていたのであれば、これからはできる限り助けてあげるとか。

もし、日本に住んでて幸せだから、他の国なんかどうなってもいいと思っていたのであれば、他国の幸せを願う心を持つようにするとか。

今まで何となく政治家の批判ばかりしてきたのであれば、政治家の人もよく頑張ってるし、何か一つでもいいところを見つけて褒めてあげようとか。

本当に日常の些細なことで、ちょっとだけ意識を変えてみることが大事。

万が一、あなたが神様も愛も光も全く信じられないということであれば、それでも構いません。人間として生まれてきた以上、「幸せになりたい」と思う気持ちは皆同じだと思います。

その時に、自分または自分達だけが幸せならそれでいい!という考えでは、必ずどこかでつまづいてしまいますし、不機嫌で不親切な人が幸せになることは難しいですよね。

なので、どうせ生きるなら、幸せになる言葉を使い、幸せに向かう考え方を大切にして、一歩ずつ、幸せな人生に歩みを進めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*