大声を出すとその「音波」でダメの壁を壊せる【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

本日は、自分の中にある『ダメの壁』をぶち破る方法について、お話したいと思います。

ひとりさんいわく、「声が小さい人」や「字が小さい人」は成功しにくい傾向にあるそうです。

当然、この考え方に対しては、反対意見をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、実際のところ、ボソボソ話しながら大きな成功を収める人は少ないんです。

まるかんの方もそうですが、みんな声が大きくて、顔につやがあり、服装も明るい色のものを着ていますよね。

ひとりさんやそのお弟子さんも皆、教わった通りに実践して成功されているので、決して間違った考え方ではありません。

なので、まずは、あなたの中にあるダメの壁を突破するために、「大きな声」を出す必要があります。

大声を出す際の注意点としては、ネガティブな言葉を使ってはいけないという点。例えば、母親が子供を怒鳴りつける時の大声とは、全く違ものであることはご理解ください。

イライラを発散させるために大声で叫んだところで、何の効果もありませんので、そこは勘違いしないように気をつけてくださいね。

あくまで、「自分はこうなるんだ!」とか「私は日本一の〇〇です!」といった前向きな宣言をするようにしましょう。

楽しく実践することでより効果が発揮されますし、ダメの壁をぶち破ることも可能になります。

他にも、明るく楽しく大きな声を出す場として、パーティーで大声を出すことや、カラオケで歌うというのも、ダメの壁を突破するきっかけになるでしょう。

それに、そういうことをしていると、自然と波動が高くなるので、簡単に現状を好転させることができます。

ぜひ、できることからで構わないので、『楽しみながら大きな声を出す!!』。これを何らかの形で気軽に実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です