大きな夢を叶えるコツは日々の小さな実現にある【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「大きな夢を叶えるコツは日々の小さな実現にある」というお話をしたいと思います。

ひとりさんの教えに、『夢は小さく、努力は大きく』という言葉があるように、大きな夢を叶えるためには、小さな夢、そして小さな行動に目を向けることが大切になってきます。

これは、当たり前のことのようにも感じますが、ほとんどの人は、小さな成功体験よりも、「現状の苦労」をどうやってクリアしようかと、そっちの意識にとらわれがち。

また、夢を描いて努力を始めると、当然、自分の思うようにいかないことも出てくるので、その都度、新たな課題が浮き彫りになってきます。

そこで、すぐに次の行動に移れる人は、また次の失敗を経験するにしろ、一歩つずつ成功に近づくことができるんですね

しかし、行動する度に落ち込み、悩み、挫折し、動揺してしまうなど、その都度、立ち止まってしまう人の場合、なかなか、「自分が理想とする状態」に近づくことができません。

もちろん、誰だって行動すれば失敗はしますが、その失敗に対する解釈次第で、夢が叶うか叶わないかの明暗が分かれる!といっても過言ではないんですね。

つまり、失敗した時に、自分を支えてくれる重要な要素は、結局のところ「自分自身の考え方」にあるということ。
.
.
例えば、下記3つの事例のように、『失敗に対する解釈(考え方)』を工夫すると、次の行動をとりやすくなるので、ぜひ、実践してみてください。

例1、このやり方ではうまくいかないことがわかった。だから、今日は一歩前進。次はこのやり方を試してみよう。

例2、どれだけ頑張っても解決できなかった。でも、自分の弱点に気付けてよかった。この分野はあの人に任せよう。

例3、焦りやイライラを感じるようになった。今は結果を追うよりも「習慣」や「環境」を見直そう。気付けてよかった。

このように、自分自身と対話(内観)する時間を作ると、今の自分に必要な『小さな気付き』が出てくるので、その一つ一つの解釈を大切にしてみてください。

一番大事なポイントとしては、物事がうまくいく時は「いい気分」になり、物事がうまくいかない時は「悪い気分」になる!というシンプルな考え方。

つまり、本当に夢が叶うルートを歩んでいるのであれば、失敗を繰り返しながらも、心がワクワクしていて楽しいと感じるものです

逆に、次から次へとトラブルが起きたり、努力するたびに体調を崩してしまうような時は、「何か自分の考え方に間違いがある可能性」があるので、一度、自分自身の本心・本音と向き合う時間を作るようにしましょう。
.
.
「神様」も「因果」も「運の良し悪し」も、人間の目には見えません。

でも、目には見えないからといって、存在していないわけではないんですね

仕事でもスポーツでも、何でもそうですが、「いい流れ」「いい雰囲気」「いい気分」など、そういった無形の感覚って、実はものすごく大切なものなんです。

斎藤一人さんも、銀座まるかんの商品開発をする際は、最高の気分でワクワクしている時に、『一瞬のひらめきによって生み出される♪』とおっしゃっていましたが、これはどの分野にも応用することが可能

例えば、悩み苦しみながら開発した商品には、その悩みや苦しみが、商品の中に「波動」という無形のエネルギーが入ってしまうので、なぜか、他社と同じようなものでもなかなか売れません。

そして、結果が出ないと、「どこが悪かったんだろう・・」と、ノウハウやテクニックに目を向け、改善策を打ち出すわけですが、それでも思うような結果が出ない

こういった状態に陥りやすい人は、目に見える形だけが全てである!という固定概念を持っているケースが多いです。

要は、「人に喜んでもらいたい」「世の中の役に立ちたい」といった、無形の存在を軽視してしまうと、現実に右往左往し、目先の理論に振り回されることになるんですね

なので、今、自分が本当に実現したい「夢」や「目標」を持っているのであれば、そこに向かう過程で、自分自身がしっくりきているのか、それともモヤモヤしているのか、その感覚を大切にするようにしましょう。

もちろん、現実期には「行動」と「失敗」を繰り返しながら成功に近づくというのが、理論的には正しい答えですし、世間一般的には正論だと思います。

ただ、不快な気分を我慢した努力をするくらいなら、『いい気分』で心を落ち着かせる時間を増やした方が、「その波動でいい現象を引き寄せやすくなる!」というのが宇宙の原理なので、ぜひ、その辺を心がけてみてください。

願い事が叶う人と叶わない人の決定的な違い☆【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「願い事が叶う人と叶わない人の決定的な違い」というお話をしたいと思います。

私にとってこの気付きは、これまでの人生のありとあらゆる学びの中で、最も価値が高く、今後の人生を大きく左右するものだと感じています。

人間というのは、「知っている」けど「できていない」ことがたくさんあって、その中の一つが、『自分の望み(願い事)に対する考え方』であると、改めて再認識しました。

まず、何か願い事を叶えたいと思った時に、下記の3つの状態(思考パターン)に分類するとします。

1、私はこの夢を絶対に叶える!何が何でも叶えたい。今を我慢してでも苦労を乗り越えて、一生懸命努力するぞ。

2、私の夢は叶った。今すでに実現している。今、とてもいい気分で、幸せと豊かさを感じることができている。

3、私のこの夢が本当に叶ったらどうしよう。あれもこれも実現したらどうしよう。心がワクワク。鮮明なイメージ。
.
.
私はこれまで、斎藤一人さんの学びはもちろんのこと、引き寄せの法則を自分なりに理解してきたつもりでした。

ところが、実は1から2のステップを踏むだけでは、なかなか思うような引き寄せができなかったんですね

どの本を読んでも、たいていは「今」をいい気分で過ごしましょう!と書かれているので、私としては、もうその学びは十分だろう!と決めつけていたんです。

ただ、もし、本当にその学びが身になっているのであれば、こんなにモヤモヤとした気分になるわけがない・・。

そんなことを考えながら、ふと、youtubeで吉岡純子さんの音声を聞いていた時に、「あ、そういうことか、これだ!!」と、明確に気付きました。

それは、2から3のステップを踏まなければ、自分が本当に叶えたい願いは実現しないということ

もちろん、人によって異なるのかもしれませんが、私の場合は3の考え方がしっくりきました。

「こうなったらどうしよう・・」という言葉は、基本的に、ネガティブな感情が芽生えた時に出てくるフレーズですよね。

不安や心配事、恐怖心、焦り、イライラ、劣等感など、何か困った時に使う言葉ですし、そういった波動で生きていると、嫌な現象を次々と引き寄せてしまうことになります。

一方、吉岡さんの考え方では、これを逆転の発想で「この夢が叶ったらどうしよう・・」と、そういうプラスの意味合いでの『どうしよう!』を口にするというもの
.
.
もしかしたら、ほとんどの人は、「え?それが大きな気付き?別に何とも思わないけど。。」と感じるのかもしれません。

でも、私にとっては、「どうしよう」という言葉が、もはや『魔法の言霊』としか思えないくらい愛おしいと感じたんです。

だって、これまで何十年も生きてきて、「どうしよう」の言葉で心が明るくなったことってありませんからね(笑)

しかも、2の段階で「今すでに自分は幸せなんだ!!」って、無理に気持ちを高めていた時には感じなかった「ワクワク感」「躍動感」のような心が湧き出てきて、頭の中のイメージも鮮明

あれもこれも「叶ったらどうしよう」「うまくいったらどうしよう」と考えるだけで、顔がニヤけてしまいます(笑)

本当、不思議ですけどね。困った時に使っていた言葉が、今になってこれだけ味方してくれるわけですから。
.
.
おそらく、「私はすでにこの夢が叶ったんだ」という考え方の時は、「でも実際はこういう現実だし・・」という否定が入りやすかったんだと思います。

それが、自分の場合、「この夢が叶ったらどうしよう・・」と考える時には、脳の潜在意識が素直に肯定できるのでしょう。

ただ、一つ注意点としては、「万人に共通する正解」が存在するわけではないので、あなたにとってしっくりくる言葉を見つける必要があるということ。

例えば、人によっては、「どうせうまくいく」「どうせお金は入ってくる」など、基本的にはネガティブ用語として使われる『どうせ・・』をプラスの言霊として活用することで、心の状態が上向きになる人もいます。

どちらにしろ、この人生は「幸せ」になることが一番の目的なので、どのルートを選ぶにしろ、明るく楽しく生きられるのであれば正解ですし、どうもしっくりこないな・・と感じるのであれば不正解。

中には、どの考え方もしっくりこなくて、それで悩んでしまう方もいますが、私たちは「引き寄せのプロ」を目指しているわけではありませんからね

願い事が叶わない時期は、「一安心」や「一息つける時間帯」に小さな幸せを見出すことができれば、それだけでも、その安心の波動がいい現象を引き寄せるはずです。

ネガティブな感情を否定してはいけない【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「ネガティブな感情を否定してはいけない」というお話をしたいと思います。

ひとりさんの教えに、相手の発言を肯定する言葉「そうだよね、わかるよ♪」の教えがあります。

この言葉は、円滑な人間関係を築く上で、他人とケンカやトラブルにならないように、相手と意見が食い違った時に、「あなたの言っていることはわかるよ」という意味で使う肯定語。

最近、私が気付いた学びは、これを「自分自身」にも使えるのではないかということです

というのも、私自身、ひとりさんの教えを頭では十分わかっていたつもりでしたが、ふとした瞬間に、マイナス思考になってしまい、自分を肯定できなくなってしまうこともあるんですね。

その要因となっているのは、おそらく、潜在意識に『ダメの壁』がたくさん入っているから

このことに気付いたきっかけは、ネガティブな感情が襲ってきた時に、そのネガティブな状態を否定すると「苦しい」と感じ、「その気持ちわかるよ」と肯定した途端に、気持ちがスッと楽になったこと。

その時に、実は、自分には『思い癖』があって、不安を感じる自分はダメ、恐怖心が出てくるのもダメ、怠けるのもダメ、悩むのもダメ、怒るのもダメと、何から何まで「ダメを連発し続けてきた人生」だったと気付いたんです。
.
.
では、具体的に、ネガティブな感情とはどう向き合っていったらいいのか。

まず、人生に「問題」が起こることと、人間に「悩み」が出ることは、避けることができないので、それ自体は素直に受け入れるようにしましょう。

その上で、ネガティブな現状に対して、解決の前に『肯定+感謝』を必ず挟み込むようにすることがポイント

なぜなら、「ネガティブ → 解決策」だけでは、悪い波動のまま行動することになるので、いい結果を引き寄せることが、難しくなってしまうんですね。

なので、その間にワンクッション置いて、少しでもポジティブな意識を持った状態で、現状の解決策に向かうようにします

例えば、下記のような流れで考えてみてください。

例1:今月の生活費が厳しい → そうだよね、わかるよ → 今あるお金に感謝 → 解決策を考える。

例2:家族関係がうまくいかない → そうだよね、わかるよ → 理解してくれる人に感謝 → 解決策を考える。

例3:仕事がうまくいかない → そうだよね、わかるよ → 成功してる部分に感謝 → 解決策を考える。
.
.
このように、ネガティブな出来事(感情)に対して、現状への「不満」や「不足感」に目を向ける前に、自分自身の今の感情を『肯定』してあげることが大事

そして、具体的な解決策に向かう前に、既存のプラス部分を見つけて、今あるものに『感謝』するようにしましょう。

私はこの考え方に気付いてから、深く落ち込むことがなくなりましたし、何に対しても「心」が軽くなり、現状を好転させることができました。

おそらく、私と同じように、ひとりさんの話を頭では理解しているつもりで、実は、実践できていなかった!という人は多いのではないでしょうか

誰だって人間である以上、天国言葉、顔につや、明るい服装などの教え通り、ちゃんと行動していたとしても、完璧な存在になることはできません。

つまり、ネガティブな感情になる人が、「ネガティブな人」なのではなく、ネガティブな感情を「そんなんじゃダメ!何とかしなきゃダメ!」と、否定してしまう人が、『本当のネガティブな人』である!ということ。

今回は、少し説明がわかりづらかった面もあるかもしれませんが、斎藤一人さんが教えてくれた、相手に対する「そうだよね、わかるよ♪」の言葉が、自分自身にも活用できることがわかって、本当に私はツイてるなと感じます。

ぜひ、あなたも参考にして頂けたら幸いです。

幸せ