天国言葉の口癖をおススメする本当の理由【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの学びを参考に、「天国言葉の口癖をおススメする本当の理由」というお話をしたいと思います。

ひとりさんの天国言葉を口癖にしていると、それが人生にどんな効果をもたらすのか。

おそらく、ただただ明るい言霊を口にしましょう!と言われても、「なんで?本当に何かいいことあるの?」と、疑問の気持ちが出てきてしまうものですよね。

確かに、脳の潜在意識を書き換えるといっても、具体的な因果関係が理解できないと、継続が難しい面もあるでしょう

実は、言霊の力を使う一番のメリットは、『心で思い描いた現実を引き寄せる』ところにあります。

その人間の心を生み出している一つの要因が、日頃使っている「言葉」なんですね。

だから、斎藤一人さんは、はじめに言葉ありきだよ♪と、言霊の大切さを多くの人に教えてきたわけです。

例えば、あなたが普段から、「この世の中、そんなに甘くない!」という言葉をいつも口にしているとします。

すると、本当に「うわぁ、これは厳しいな・・。世の中甘くないな。。」と思う出来事を引き寄せてしまう。
.
.
また、「万が一のことがあったら困るから・・」「いざという時のために今から準備しておこう」という考え方は、一見、正しいことのように思いますよね。

しかし、宇宙の法則では、思考が現実になる仕組みになっているので、人間にとっては正論であっても、動機が間違っているとうまくいきません。

どうしても、『備えあれば憂いなし』を実践したいのであれば、その動機を、「恐れ」ではなく「ワクワク」に変える必要があります

というのも、ツイてる人って、ツイてる前提で動きますが、ツイてない人は、自分がツイていないという前提なので、その動機で何をやっても、「いい結果」を生み出すことは難しいんですね。

だから、恐怖心で万が一のことを考えている人は、実際に、その万が一の出来事を引き寄せ、さらに、いざという場面にも遭遇しやすくなってしまう。

もしかしたら、この原理原則を「怖い」と思う人もいるかもしれませんが、ある意味、この仕組みをプラスに活用することができれば、いくらでも望み通りの現実を引き寄せられる!と考えることも可能。
.
.
例えば、あなたが、億万長者になって豊かな暮らしをしたいと思うのであれば、『自分はすでに年収1億円で100億ほどの資産を保有している』という前提で、架空の人生設計を立ててしまうんです

ある意味、妄想のような空理空論で構わないので、無限に欲しいものが手に入り、叶えたいことが実現する人生をイメージし、それを「文字」「絵」で記録していきます。

さらには、「今日は〇〇会社の買収に成功した。うれしい♪」「新たなビジネスパートナーと〇〇事業を立ち上げた。最高の気分!」など、より具体的な姿を思い描くのもいいでしょう

そうやって、『豊かな心』で過ごしていると、本当に、これまでとは違う現象が「目に見える形」で起こるようになってきます。

もちろん、全てのイメージが、すぐに現実になるとは限りませんが、これまで必死に方法論を考えても、全く思いつかなかったような『奇跡とも思える展開』が起きることもあります。

「え?なんで自分にこんなことが・・」と感じるようなうれしい出来事。それは、あなた自身が、過去に発していた言葉、心で思っていたこと、そして、頭で思い描いていたことです
.
.
斎藤一人さんは、こうした宇宙の仕組みを知っているので、そのためにまずは、『天国言葉』を入口として、一人でも多くの人に幸せになってもらいたい!と、講演会などで、言霊の大切さを広める活動をしてきました。

もしかしたら、真面目な人ほど、「言霊?心?そんなことより、もっと現実的な努力をしないとダメでしょ!」と、そう言いたくなるかもしれません。

でも、現実と向き合って、暗い気持ちで今を生きると、その思いが「未来のあなたの姿」を創るわけですから、ずーっと、無限ループのごとく、その暗い気持ちを抱えてしまうことになります

それでも、たまには「今日はいい気分だな♪」と感じることもあるでしょう。

それは、過去に、あなたが『いい気分で過ごした日』があって、その因果が返ってきたということ。

今のあなたは過去の自分によって創られ、未来のあなたは、今の自分によって創ることができます。

「宇宙の法則」を全く知らない人でも成功できる理由

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの学びを参考に、『「宇宙の法則」を全く知らない人でも成功できる理由』というお話をしたいと思います。

まず、宇宙の法則とは、簡単に言うと、波動(振動数)と呼ばれるエネルギーによって、この世の中の因果関係が成り立っているという考え方のことです。

例えば、人間の観点では、「今が苦しくても我慢をすれば、未来に幸せが待っている」と考えますが、宇宙の原理では、『今を不幸の波動で生きれば、未来で不幸が返ってくる』と考えます。

つまり、こうした因果関係というのは、目には見えないものなので、興味を持って理解したからといって、必ず成功できるわけではありませんし、逆に、全く無関心な人でも、うまく活用できているケースもあります。

たいてい、知識がなくても成功する人は、仕事でも何でも、ワクワクして夢中になれることを日々楽しみながら行動している人

だから、世の中には、宇宙の法則を全く知らない人もいますし、全く信じない人もいますが、それでも成功する人はたくさんいます。

この現象は、現世で過去にどんな波動で生きてきたかだけでなく、「生まれ変わりの回数」や「前世」でどんな行いをしてきたかにもよるといわれているんですね。

ただ、一ついえることは、今の人生に幸せを感じている人は、そのままの生き方が正解といえますが、もし、「今の人生に不幸を感じている」のであれば、宇宙の法則を学んでおいて損はないということ

なぜなら、何十年も本当の成功法則を知らないまま、必死の努力をして、「我慢」「苦労」の先に幸せが待っている!と信じたまま、死んでいった方がたくさんいるからです。
.
.
人間は何度も生まれ変わるとはいえ、現世での人生はたったの一度きり。どうせ生きるなら、誰だって幸せな人生を送りたいと思いますよね。

では、なぜ、宇宙の法則を一生懸命勉強しているにも関わらず、豊かで幸せな人生を送れない人がいるのか。

その理由は、一言でいうと『我の強さ』が関係しています

もっといい現象を引き寄せたい!でも、何も起こらない・・。なんで?何がダメなの?と悩んでしまうわけですが、こういう人は、現実とスピリチュアルの割合が、2:8くらいでスピリチュアルに偏ってしまっているんですね

本来、この地球は「行動の星」なので、あの世の想念の世界とは違って、現実8割:スピリチュアル2割くらいで、『行動』に重きを置かないといけません

だから、せっかく「今をいい気分で生きることが大事」という知識が頭の中に入っているのに、その知識を忘れて、我の強さで、今を悩んでしまうわけです。

極端な話、スピリチュアルを学んで、今を悩みながら生活するくらいなら、一切学ばずに、今をワクワクして楽しく生きた方が、よっぽど成功する確率は高くなります

例えば、近所を散歩して気分がいいな♪とか、お風呂に入って気持ちいいな^^、ご飯が美味しくて幸せだなぁって、そういう天国言葉を口にしながら暮らした方が、いい現象は起きやすくなります。
.
.
そもそも、宇宙の法則というのは、幸せになるための手段として、知っておいた方が有利に展開できますよ!というものですからね。

だから、本来の目的である『幸せ』を度外視して、知識と自我をいくら磨いたところで、「ないものねだり」は不平不満の波動ですから、未来の現実も不平不満の現象しか起きません。

一番大切にすることは、あなた自身が、今この瞬間を明るく生きること。そして、人に親切にすること

また、宇宙に自分が望むオーダーを出しても、それが宇宙に届いて、自分に返ってくるまでに『タイムラグ(時間差)』があるので、そんなにすぐには思い通りにいかないんですね

なので、短期的に見ると、目先の出来事だけにとらわれて、落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、長期的に見ると、「今はこの段階で学ぶのがちょうどいい」となるわけです。

斎藤一人さんの教えにも「神様の時間調整」というお話があるように、結果に関しては、自分にとってベストなタイミングで返ってくるようになっています

あなたが、日々、人が喜ぶことや人の役に立つことをして、自分に対しても他人に対しても、「愛」を持って大切に接しているのであれば、いずれ、神様はご褒美をくれるので、その間にジタバタする必要はありません。

悪い行いをした人はカルマの解消で悪い種を刈り取ることになりますが、いい行いをした人は『達磨』といって、必ずいい種を刈り取ることができるので、安心して大丈夫です。

国民一人一人の波動が「日本の明暗」を左右する理由

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだことを参考に、『国民一人一人の波動が「日本の明暗」を左右する理由』というお話をしたいと思います。

あなたは、今後の日本において、国民一人一人の先行きを決める要素は何だと思いますか?

現実的に考えると、新型コロナウイルスなどの問題が解消され、経済が回復し、景気がよくなり、給料が増えるといったイメージかもしれません。

もちろん、具体的な方法論も大事ですが、その一方で、「目には見えない因果関係」にも目を向ける必要があるんですね。

『宇宙の法則』の観点からすると、どの時代においても不変的なものがあります

それは、目には見えない波動(エネルギー)による因果です。

「え?何?怪しい!宗教?」と思うかもしれませんが、目に見えないものは全て存在していない!と、勝手に決めつけていませんか?

『人間の心』が目に見えないのと同じで、波動による「因果」も目には見えません

例えば、「ツイてる・幸せ・ありがとう」などの『天国言葉』を口にしている時は、体に力が入り、「ついてない・もう嫌だ・腹が立つ」などの『地獄言葉』を口にしている時は、体に力が入らなくなる。

この現象は、すでに多くの著名人が講演会などで実証し、その講演に参加した人達も、実際に体験をしています。
.
.
実は、この原理は、地獄言葉を言った本人だけの問題だけでなく、国民一人一人が、日々使う言葉次第で、「天変地異」を引き起こすこともある!といわれているんですね。

斎藤一人さんいわく、一人でも多くの人間が『明るい波動』を出すかどうかで、地震が起きた時も、震度7が震度6になるなど、そういった変化も十分にあり得るとのこと。

だから、世の中で起こる災害やコロナウイルスの問題は、決して他人事ではありません。

今、国民の一人一人にできることは、波動を下げないようにすること

波動というのは、振動数というエネルギーのことですが、これは、普段使っている「言葉」「思い」によって上下するものです。

例えば、上司に怒られた時に、冗談を言って交わせる人もいれば、ひどく落ち込んでしまう人もいますよね。

前者であれば、波動が高いので、次は「いい現象」が起きやすくなりますが、後者の場合は、波動が落ちてしまうので、次もまた、「ネガティブな出来事」を引き起こしやすくなってしまいます。

このように、現状を創っているのは「過去の波動」であり、未来を良くするも悪くするも、「今、出している波動次第」ということになるわけです。
.
.
こういったことから、世界中の「新型コロナウイルス」の問題だけでなく、日本の少子高齢化や不景気などにおいても、本当は、「方法論」ではなく、「波動」に焦点をあてなければなりません

世界全体の波動を上げるためには、国民一人一人の波動を上げる必要があります。

波動を上げる方法は、『天国言葉・笑顔・ワクワク・オシャレ・スピード』などを意識する。例えば、ご飯が美味しい、映画が面白い、オシャレが楽しい、仕事のスピードを上げるなど、こういった状態・感覚を常に心がけるのがポイント!

だから、世の中が暗くなろうが、周囲の人が落ち込んでいようが、共倒れするのではなく、あなた一人だけでも明るく幸せに生きていくことが大事。

そんな中、ネット上で政治家を批判したり、コロナウイルスに恐怖心を持ち続けたり、芸能人を誹謗中傷したり、そんなことばかりを続けていてはいけないんですね。

宇宙の法則を学び、理解している人であれば、すでにこのことに気付いているでしょう。

ただ、一部の人がいくら徳を積んでも、大衆が「悪い波動」を発し続けていては、いつまで経っても、悪循環の因果が巡ることになります。

なので、個人的には、国民一人一人の「意識」や「心がけ」が、日本の明暗を左右する!と、本気でそう思っています。
.
.
もちろん、「嫌なことがあるから、不機嫌になり、嫌な気分になり、暗い言葉を言うのは当然だろ!!」という気持ちもわかります。

でも、部屋の電気だって、暗くなったらスイッチを入れて明るくしますよね。

暗い出来事が起きたから、暗いままでいいんだ!と言っていたら、ずーっと暗い部屋で生活することになるわけです。

あなた自身、「今日一日、意識を明るい気分に持っていくぞ!」と、覚悟を決めれば、今、この瞬間から、明るい気分に意識を向けることは可能なはず!

決して不可能なのではなく、自ら意識をすれば可能なはずなんです。

例え、大切な人との死別があっても、時間をかけて「明るい解釈」に意識を持っていくしかありません。

その人には、その人の人生があり、あなたには、あなたの人生があるわけですから、余生をどう過ごすかは、あなた自身で決めることができます。

朝起きたら、「今日は、楽しい思考と行動だけを選択しよう!」と、覚悟を持って決めてみてください。

これからは、夢を叶えるための覚悟ではなく、『何があっても幸せに生きる覚悟』です。