願い事が叶う人と叶わない人の決定的な違い☆【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「願い事が叶う人と叶わない人の決定的な違い」というお話をしたいと思います。

私にとってこの気付きは、これまでの人生のありとあらゆる学びの中で、最も価値が高く、今後の人生を大きく左右するものだと感じています。

人間というのは、「知っている」けど「できていない」ことがたくさんあって、その中の一つが、『自分の望み(願い事)に対する考え方』であると、改めて再認識しました。

まず、何か願い事を叶えたいと思った時に、下記の3つの状態(思考パターン)に分類するとします。

1、私はこの夢を絶対に叶える!何が何でも叶えたい。今を我慢してでも苦労を乗り越えて、一生懸命努力するぞ。

2、私の夢は叶った。今すでに実現している。今、とてもいい気分で、幸せと豊かさを感じることができている。

3、私のこの夢が本当に叶ったらどうしよう。あれもこれも実現したらどうしよう。心がワクワク。鮮明なイメージ。
.
.
私はこれまで、斎藤一人さんの学びはもちろんのこと、引き寄せの法則を自分なりに理解してきたつもりでした。

ところが、実は1から2のステップを踏むだけでは、なかなか思うような引き寄せができなかったんですね

どの本を読んでも、たいていは「今」をいい気分で過ごしましょう!と書かれているので、私としては、もうその学びは十分だろう!と決めつけていたんです。

ただ、もし、本当にその学びが身になっているのであれば、こんなにモヤモヤとした気分になるわけがない・・。

そんなことを考えながら、ふと、youtubeで吉岡純子さんの音声を聞いていた時に、「あ、そういうことか、これだ!!」と、明確に気付きました。

それは、2から3のステップを踏まなければ、自分が本当に叶えたい願いは実現しないということ

もちろん、人によって異なるのかもしれませんが、私の場合は3の考え方がしっくりきました。

「こうなったらどうしよう・・」という言葉は、基本的に、ネガティブな感情が芽生えた時に出てくるフレーズですよね。

不安や心配事、恐怖心、焦り、イライラ、劣等感など、何か困った時に使う言葉ですし、そういった波動で生きていると、嫌な現象を次々と引き寄せてしまうことになります。

一方、吉岡さんの考え方では、これを逆転の発想で「この夢が叶ったらどうしよう・・」と、そういうプラスの意味合いでの『どうしよう!』を口にするというもの
.
.
もしかしたら、ほとんどの人は、「え?それが大きな気付き?別に何とも思わないけど。。」と感じるのかもしれません。

でも、私にとっては、「どうしよう」という言葉が、もはや『魔法の言霊』としか思えないくらい愛おしいと感じたんです。

だって、これまで何十年も生きてきて、「どうしよう」の言葉で心が明るくなったことってありませんからね(笑)

しかも、2の段階で「今すでに自分は幸せなんだ!!」って、無理に気持ちを高めていた時には感じなかった「ワクワク感」「躍動感」のような心が湧き出てきて、頭の中のイメージも鮮明

あれもこれも「叶ったらどうしよう」「うまくいったらどうしよう」と考えるだけで、顔がニヤけてしまいます(笑)

本当、不思議ですけどね。困った時に使っていた言葉が、今になってこれだけ味方してくれるわけですから。
.
.
おそらく、「私はすでにこの夢が叶ったんだ」という考え方の時は、「でも実際はこういう現実だし・・」という否定が入りやすかったんだと思います。

それが、自分の場合、「この夢が叶ったらどうしよう・・」と考える時には、脳の潜在意識が素直に肯定できるのでしょう。

ただ、一つ注意点としては、「万人に共通する正解」が存在するわけではないので、あなたにとってしっくりくる言葉を見つける必要があるということ。

例えば、人によっては、「どうせうまくいく」「どうせお金は入ってくる」など、基本的にはネガティブ用語として使われる『どうせ・・』をプラスの言霊として活用することで、心の状態が上向きになる人もいます。

どちらにしろ、この人生は「幸せ」になることが一番の目的なので、どのルートを選ぶにしろ、明るく楽しく生きられるのであれば正解ですし、どうもしっくりこないな・・と感じるのであれば不正解。

中には、どの考え方もしっくりこなくて、それで悩んでしまう方もいますが、私たちは「引き寄せのプロ」を目指しているわけではありませんからね

願い事が叶わない時期は、「一安心」や「一息つける時間帯」に小さな幸せを見出すことができれば、それだけでも、その安心の波動がいい現象を引き寄せるはずです。

無限に夢が叶う人生を自由に想像してみた【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだことを参考に、「無限に夢が叶う人生を自由に想像してみた」というお話をしたいと思います。

ひとりさんの教えに、『幸せに条件をつけてはいけないよ』というものがあります。

例えば、あなたは、「もし、1億円の貯金があったら幸せになれるのにな。。」とか、「もっといい人と縁があったら結婚できるのに!!」といった「条件付きの幸せ」を追い求めていませんか?

なぜ、この考え方をしてはいけないのか。

その理由は、今の自分に不幸を感じてしまっているからです。

これは、『引き寄せの法則』でもいわれていることですが、「今」を幸せにしなければ、「未来」を幸せにすることはできません。

人間が幸せな人生を送るためには、今のあなた、今の仕事、今の環境、今の人間関係で、まずは幸せにならなければならないんですね

ただ、そうはいっても、「とにかく今が苦しいから何とかしたい!!」と感じてしまう人が、条件付きの幸せの道を歩んでしまう・・・。その気持ちはよくわかります。

そこで、私が気付いたことは、「思考」「現実」を分けてとらえるという考え方
.
.
この話は、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、少しでも参考にして頂けたら幸いです。

まず、ほとんどの人は、思考と現実は一緒でなければならない!と思っていますよね。

「いつか私は幸せになりたい」→「そのための行動をとる」

でも、それでは、今の不幸を我慢しながら、未来に向かうことになるので、いつまで経っても幸せを引き寄せることができません。

そこで、必要になってくる考え方が、過去形または現在進行形で『未来を先取りする』というもの。

「私の夢はすでに叶いました」→「今日も私は幸せです」

このように、思考と現実を分けて考えることが最大のポイントであり、私がこの記事で伝えたい最も重要な部分となります。

要は、ひとりさんも『現実には限りがあるけど、妄想は無限である』とおっしゃっているように、いつも真面目に、思考と現実をマッチさせる必要はないんですね

もちろん、「真面目=正しい」こともたくさんありますが、真面目ジメジメといって、真面目さが不幸の種になっていることもあるんです。

つまり、不幸な思考が「不幸な現実」を引き寄せてるわけですから、幸せな思考にシフトしなければ『幸せな現実』を引き寄せることはできないということ。
.
.
妄想の世界では、無限に夢が叶う人生を自由に想像することができます。

例えば、「今持ってる1億円、今日は何に使おうかな♪」とか、「自分が名の知れた著名人だったらモテるのかな♪」とか(笑)

そうやって楽しく妄想していると、『現実は苦しいけど思考は楽しい』という状態になりますよね。

その時に、現実が変わってないのに、何で今ニコニコ笑ってたんだろ。。と、我に返ってはいけませんよ。

むしろ、現実が苦しいからこそ、思考は楽しくて構わないんです

なぜなら、あなたの幸せは、あなた自身の意思によってもたらされるものだから!
.
.
それに、いろんなことを妄想していると、過去に思い描いていた理想に対して、「何だかんだで、最終的には今のライフスタイルに戻ってくるのかな。。」と感じるものです。

ちなみに、普段から『悩み癖』を持っている人は、仮に1億円を手にしても「5億円ないと買えないもの」に目を向けたり、例えスーパースターになっても、「マスコミに追われる日々」に文句ばかりを言うようになるでしょう。

逆に、今を幸せに生きていて、心が豊かな人は、例えお金持ちになろうが有名人になろうが、「感謝」や「謙虚さ」が身についてるので、その状態をキープしたまま、向上していくことができます。

「妄想なんてくだらない。。」と思うかもしれませんが、これまで真面目に生きてきて、ずーっと幸せになっていないのであれば、その方法は間違っていることになりますよね。

そうなると、別の方法を試すしか打つ手はありません

いつか幸せになったら、「笑顔で楽しい人生になる」ではなく、今を笑顔で楽しく過ごすから、「幸せな人生になる」ですよ。

幸せ

自分の望みを「紙」に書いて引き寄せる効果的な方法

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、『自分の望みを「紙」に書いて引き寄せる効果的な方法』というお話をしたいと思います。

この話は、聞いたことがある方も多いと思いますが、シンプルに自分の望みを「紙に書き出す」だけで、願いが叶いやすくなるよ♪という話です。

実は、この方法で、本当に願いが叶うケースが多いのでおススメ

これは、引き寄せの法則に興味のない方でも、人間の「脳内の仕組み」を理解すれば、すぐに納得できるのではないでしょうか。

人間の脳って、指先の感覚もそうですし、目で文字を読んだり、文字を声に出したりするたびに、「脳」にその情報が伝達されるようになっていますよね

だから、実際に、「用紙」でも「手帳」でも何でもいいので、一度、自分の望みを紙に書き出してみると、その言葉に脳が反応し、新たな思考を創造できるようになるんです。

もちろん、「引き寄せの法則」の観点から考えても、ワクワクの波動は「いい結果」を生み出すので、この作業によって、願いを叶える効果はあるといわれています。

願いを紙に書く時は、あなたの「ワクワクの波動」を乗せることを意識しながら書きます。あとは『放置』しておいて大丈夫です。
.
.
書き方としては、心の抵抗が少なくて、自分なりにしっくりくる表現を選ぶのがコツ。

というのも、「さすがにそれは無理だろ!」と思うような内容にしてしまうと、あなたの脳が「実現が難しい」ことを強く意識してしまうので、そこだけは注意しましょう。

また、「こうなりたい」や「~したい」という表現ではなく、「こうなりました、ありがとうございます」などの完了形か、「~する」「~になる」といった決意形で書くこと

ここまでの簡単な作業だけでも、引き寄せの力は強くなるので、ぜひ、実践してみてください。

さらに、引き寄せの効果を強めるためには、『どんなふうに叶うか』まで書くという方法もあって、これも特別、難しい作業ではありません。

下記の事例の「」内のように、『形容詞』や『副詞』で装飾を加えるのがポイント!

例1:「素敵な」パートナーと結婚し、「心が満たされた」生活を送っています。

例2:今抱えている〇〇の問題を「円満に」解決することができました。

例3:「周囲が驚くくらい」、若々しい外見になりました。

例4:「簡単かつ効率的に」月収100万円の利益を達成しました。

例5:「必要なサポートを受けながら」、〇〇の仕事をこなせるようになりました。

他にも、「安心して」「余裕で」「楽々」「容易に」「楽しく」「きれいな」「理想の」など、こういったフレーズを自由に取り入れてみましょう。

あまり堅苦しい文章で書くよりも、ワクワクしながら書くことができるので、それだけで『波動エネルギー』が強くなります。
.
.
その代わり、「具体的にどんな形で願いが実現するの?」という疑問は、引き寄せの法則を実践する上では、全く考えなくて問題ありません。

むしろ、そこに「強い願いや想い」で執着してしまうと、叶うものも叶わなくなってしまうので、『あとは神様におまかせ!!』ぐらいの気持ちで、放置することが大事。

人によって、夢が叶うまでにタイムラグがあるので、その間は、ワクワクしながら楽しいことに目を向けて、「いい波動」を出し続けるようにしましょう

中には、「そうはいっても、具体的な行動って必要でしょ?」という人もいますけどね。

ただ、紙に書いた時点で、「自分はこうなる!」「自分はこうする!」と決めているわけですから、それが本気の決意であれば、ゴールからの逆算で、今の自分に何ができるのか、行動したくなってくるはずです

なので、何かやりたいのであれば、「自身の素材」を洗い出してみること。そうすれば、現段階でとるべき行動が見えてきますよ。

自身の素材というのは、「得意とすること」「好きなこと」で、あなたの強みを活用できるもの。

例えば、普段から楽しいと感じる「趣味」や「特技」でもいいですし、ついつい時間を忘れて夢中になってしまうようなことを一覧にしてみてください。
.
.
逆に、「不得意なこと」や「嫌いなこと」は、夢を叶えるためであっても、苦しんでしまったら「いい結果」は引き寄せられないので、おススメしません

つまり、「これをやったら稼げそう」とか、「念のためやっておこうかな」という動機では、スタートを切らない方がいい!ということです。

あくまで、最初に「紙」に書いた内容に近づくために、自分が今持っている「どの素材を使うか」なので、ワクワクすることがなければ、無理に見つけ出す必要はありません

日々、紙に書いた願いに向かって、『引き寄せの力』は働いているわけですから、毎日を「いい気分」で過ごしているうちに、何らかのヒントはやってきます。

それは、ふと、「目にとまった本」を読んだ時に、書かれているかもしれませんし、「他人から言われた言葉」や、自分でひらめいた「アイディア」から生まれることもあるでしょう。

あなたにとって、絶妙なタイミングで、ベストな出来事が起こったと感じたら、その時は迷わず、その流れに沿って行動してみてください。

幸せ