2020年の運命は腸の健康状態で決まる【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「あなたの運命は腸の健康状態で決まる!!」というお話について、解説いたします。

「あなたの運命は腸で決まります!」と言われたところで、おそらく1,000人に一人が信じられるかどうかの話だと思います。

ただ、もしかしたら、ひとりさんファンの中には、一人でも二人でも、これからは「腸の健康状態に意識を向けて大切にしていこう!」という人もいるかもしれません。

人間は病気になると、それまでずーっと元気で健康でいた人でも、その日を境に運命が大きく変わってしまうものです。

人は太い便が出ると「ケツの穴がでかい」といって、決断力のある人といわれます。

逆に、細い便ばかり出たり便秘や下痢をすると、「ケツの穴が小さい」といって、いつも性格がビクビクしている人に多いんだそうです

だから、昔から「大物」と呼ばれる人は、太くてツルンとした便を出すんだとか。

この世では、毎日決断の連続ですが、いつも怖がってビクビクオドオドしながら決断していると、仕事でも何でも失敗が増えて、うまくいくものもうまくいかなくなります。

というのも、いつもソワソワしたりハラハラしたり、余分なことで悩んでいると判断が鈍ってしまうんですね。

しかし、人間一人一人の魂には内神様という分け御霊が入っていて、自然と守られているので、自我の強さによって、あたふた慌てたり焦ったりする必要はありません。

では、「腸の健康状態が運命を決める!」と、ひとりさんがそうおっしゃる根拠はどこにあるのでしょうか。

まず、食べ物は「口」から入れますよね。次に「胃」で消化されます。そして最後は「腸」によって吸収するわけです。

その腸では、悪い細菌が入ってきた時に免疫でやっつけたり、無毒化して吸収するだけでなく、赤ちゃんができる時も最初は「腸」からできるんですね

それだけ腸というのは大切な役割を果たしているということ。

また、例えば「腹が立つ」とか「腹の虫がおさまらない」「緊張してお腹をくだす」「精神的に不安で便秘になる」など、人間は何かあると、必ずお腹の腸の働きが鈍くなるという特徴があります

それで、腸の健康状態が不調になると、どこに問題が出るかというと、実は「神経」に悪影響を及ぼしてしまうのです。

腸の不調が原因で神経に影響が出ると、イライラしたり怖がったり、時に間違った決断を招いてしまうことにもなります

この事例として、ひとりさんは、学校に行けなくなってしまった子供に、腸の健康状態をよくするサプリを飲ませたところ、ちゃんと学校に行けるようになったという話がありました。

つまり、腸の健康状態が回復すると「余計な神経を使わなくても大丈夫な体」に戻るということですね。

もちろん、人によってはサプリよりも、食事や考え方を変えなければならないパターンもあるでしょうから、一概には言えませんが、腸と神経との関係性は覚えておいて損はないと思います

もし、あなたが斎藤一人さんの教え(顔につや・天国言葉・明るい服装)を実践しても、どうも心が定まらなくて不安が強いということであれば、一度、「腸の健康状態」に目を向けてみてください。

◎腸内環境を整えるサプリメント!!
銀座まるかん ゴッドハートダイエット青汁 1箱

健康

『考え方が病気を作る』9割の人は信じない話♪【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「体の不調と因果関係」についてのお話。

今回のひとりさんの話は、思い当たらないのであれば、因果ではありません。ただ、思い当たるならやめた方がいいということ。

人間は「肉体」と「魂」でできています。だから、大切なことは栄養だけでなく「考え方」も大切にしなければなりません。

そこで、まず、「頭」が痛い人というのは、目上の人で嫌っている人がいる可能性があります。頭の右側が痛い人は嫌ってる相手が女性、左側なら男性といわれています。

次に、「目」にものもらいなどの出来物ができる時は、誰かうっとおしいと思ってる人がいるケースが多いです。これも右目なら女性、左目なら男性。

「耳」が聞こえづらい時は、誰か、旦那とか会社の上司で、うるさい人がいて声を聞きたくない!と思っている人がいませんか?それが原因で、聞こえにくくなっているのかもしれません。

こういったことは「因果」といって、前世で自分がやっていたことなんですね。だから、現世ではその因果を解消するために刈り取らなければならないのです

あと、「肝臓」が悪い人は、愚にもつかない小っちゃなことですぐに怒るか、そのことでグチグチ文句を言うことが多い傾向にあります。

「胃」が悪い人は、食べ物に対する感謝がない人。食べ物は命なので、感謝して食べるようにしましょう。

また、「胃下垂」の人は、食べ物に感謝がないだけでなく、人生に張りがない人です。もっと張りをもって「生きてるぞ!」と言って生きること。

「腎臓」が悪い人は、よく怖がる人に多いです。だから、あまり怖がりすぎないように注意が必要。

だいたい病気の人は「神経過敏症」といって、例えば、子供の成績が悪いと大人になったら大丈夫かしらと、涙を流すほど神経が過敏になっているんですね。

要は、1のことを100ぐらいに感じていて、当人はそれで正常だと思っていることもあります

そして、「肺」を患う人というのは、物事を真剣に考えすぎて思い悩み、悲しくなってしまう人。思い悩むだけだと「腸」を患うんだそうです。

だから、例えば、好きな男のことを思いすぎて恋焦がれると、次第にやせ細って、顔色が白くなってくるんです

でも本当は、その男とは縁がなかっただけで、次はもっといい縁があるかもしれません。

最後に、「癌」になる人は、頑固か頑張りすぎという特徴があります。もう少し、柔軟な考え方が必要ということですね。

このように、体の不調には、その人の考え方によって、あらゆる因果関係が体の不調として現れることがあります

しかし、人生は歴史を見ればわかるように、どんどんよくなっていて、今では、戦争もないですし、豊かな世の中になってきています。

心配事をする人が多いようですが、20年前は、10年後には石油がなくなると言っていましたが、今では、車がバンバン走っていますよね。

だから、起きた出来事をまともに受けすぎず、完璧主義にならないように、自分のことも他人のことも優しい目で許していくことが大事「ゆるす=体の硬直が緩む」ので、血流もよくなってきます。

健康

病気ではなく「健康」に目を向ける考え方【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「健康に目を向ける考え方」についてのお話です。

とても簡単な内容になっていますが、これができている人はほとんどいません。

例えば、あなたが病気になった時、病気になったのだから「病気」のことを考えるのは当然でしょ?と思いますよね。

でも、引き寄せの法則を理解している方ならわかると思いますが、「私は病気です!」と毎日、口にしていると、より一層、病気との関係が近くなってしまいます。

なので、そうではなく、「私は健康です!」と一日10回でもいいから、健康に目を向けた言霊を口癖にすることが大事

要は、よく「病は気から」といいますが、元気も「気」から始まり、強気も「気」から始まります。

あなたが引き寄せたい「気」が、元気や強気であるならば、「元気!元気!元気!」、「強気!強気!強気」の言霊を大切にしなければなりません。

もちろん、こういった話を聞いても、「そんなの信じられるか!バカバカしい!」と言って、考え方も行動も全く変えようとしない人もいます。

そういう人は、今日も明日もずーっと、病気に目を向け、病気のことを考え、病気を治すことに頭を悩ませることになりますが、そうなると、また別の病気を引き寄せてしまう可能性も出てきます

結局、どんなアドバイスをしても、「考え方」や「言葉」を軽視する人は、その頑固さを正すために、行き着くところまで行って、体で覚えるしかありません

本来であれば、「昨日より体の調子が良いよ♪」と、周囲の人を安心させるような言葉を使ったり、「いつもありがとうね」と、自分の体に感謝したりする必要があります。

それができなければ、せめて口癖で、「元気!元気!元気!」、「健康!健康!健康!」、「強気!強気!強気!」、「私は健康です!元気です!」といった言葉を、何度も何度も唱えること。

やるかやらないかは個人の自由ですが、今までのやり方でうまくいってないのであれば、新しい行動にチャレンジすることが先決です。

健康