全ての「物」には意思が宿ってるんだよ【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「物には全て意思がある」というお話。

例えば、イチローさんのような一流と言われたアスリートで、物を大切にしていない人っていません。

野球でいうと、バットやグローブに愛を持って大切に管理し、毎日のメンテナンスも怠らないんです。

それが、イライラして仕事道具にあたったり、粗末に扱ったりしている人は、まず一流のトップで活躍することはできないでしょう。

中には「物」に意思があると聞いただけで、その考え方をバカにする人もいますが、人間ってみんな同じような努力をしていても、結果が異なりますよね。

その結果の違いって、実は「微差」なんです。小さな差。この微差を追求した人にだけ、奇跡とも思えるような出来事、幸せな現象、素晴らしい結果を与えてもらえるんですね。

だから、「この人生は自分の力だけで生きてるんだ!」という強い我(が)を持っている方は、人に対しても、物に対しても、もう少し謙虚さや感謝を持つようにしましょう。

人間、一人で生きてる人っていません。どんな人でも、自分一人で生き抜ける人なんていないんです

例えば、普段乗ってる「車」、いつも履いてる「靴」、着ている「服」など、どれ一つとして、あなた一人で生み出したものではありませんよね。

日常の中で身近にあるものを大切にしていると、少しでも長持ちしますし、使えなくなったもの対しても「今までありがとう」と言ってあげれば、また「ありがとう」と言いたくなるような現象が起こるもの。

たまに、しょっちゅう事故に遭う人っていますが、そういう人は、普段から車を大切に扱っていますか?感謝の気持ちを持たずに、いつもイライラしながら乗っていませんか?

物に意思があるということは、あなたの想い(波動)が良くも悪くも、結果に反映されます

今、あなたには魂が入っていますが、元をたどると「鉱物(石)」だった時代もあったわけです。

そう考えると、「この地球にあるもの全てに価値がある」という見方ができるのではないでしょうか。

食べ物も手をつけた以上は全部食べるようにするとか、部屋中が埃だらけなら掃除をするとか、せめて感情で物にあたるのだけはやめよう!とか、そういう心がけが大切です。

『輪廻転生』人をうらやましがるのは無駄【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「輪廻転生」に関するお話になります。

個人的にはひとりさんの神的な話はけっこう好きなので、聞いていてとても楽しいです。

おそらく嫌いな人にとっては、一瞬でイライラがピークに達するか、宗教と関連付けて胡散臭いと感じるか、詐欺だから騙されてはいけないと警戒してしまうかでしょうね(笑)

でも、ひとりさんの場合は、講演会で何か商品を販売することもなく、公の場で新商品の発表をして収益につなげようとか、そういうことも一切しないです。

だから、神的な話とメインの事業は全く別物。たまに本を発売することがあっても、出版の印税で食べているわけではないので、親切に付属のCDが付いてることも多々あります。

なので、あくまで、何となくでも信じられる人、信じて何か考え方や行動を変えたいと思ってる人、夢物語のような話だけど楽しく聞きたい人だけが聞く音声だと思います♪

今回の音声は「輪廻転生」に関する内容ですが、これは人間の生まれ変わりのことで、人は肉体が滅びても「魂」はずーっと生き続けると言われています。

その中で、過去世で経験したこと、例えばイチローさんであれば、何代も何代も「野球」または、野球と同じようなことを続けてきたことで、現世では一流のすごい選手になりました。

他にも、例えば3歳の頃からピアノが上手な子は、現実的には単純に「才能がある!」という話になりますが、神的な視点でいうと、これも何代にも渡って音楽に携わってきているということになります。

ただ、今回のお話は「この話を信じてください!」という趣旨ではなく、あなたも行動に移すことで長期的にみれば何でも実現する。例えあなたが80才だとしても、今できる行動をとることに意味がありますよ!というお話。

だから、人の才能をうらやましがっても仕方ありません。一つの分野を1,000年経験した人に、1年目のあなたが勝つことは難しいですからね。

この話を何度も聴いていると、徐々に視野が広がってくるというか、夢や理想を追うのは子供の時だけじゃなくて、生きている間はずっと、理想の人生に近づける努力をしていんだな!という気持ちになってきます。

なぜなら、来世があると仮定すれば、現世での経験が一つも無駄になることはないからです。人と比較すること自体がバカバカしくも思えてきます。

そして、それと同時に、なるべく悪い種は撒かず、少しでも良い種を蒔いておこうという気にもなりますね。

斎藤一人さんとイチローの共通点について【斎藤一人】

何年も連続で納税日本一になった斎藤一人さんと数々の世界記録を残してきたイチロー、分野は違いますが成功者といっても過言ではありません。

この2人の「考え方」にどんな共通点があるのか、じっくりと分析してみました。

すると、共通点どころかほぼ一致という感じで、やっぱりすごいなと。。

1、ワクワクしている(例:振動数・波動が高い)
2、下の人に尽くしている(例:教える・伝える)
3、微差の追求ができる(例:走攻守の技術)
4、笑顔で親切にしている(例:上機嫌)
5、人・物・言葉を大切にしている
6、プロ中のプロ意識を持っている
7、無を有にする努力ができる
8、押し出しの法則(例:外見・ふるまい・魅力)
9、力を出し切っている
10、覚悟を持っている

ただ、一つ気になったのは、斎藤一人さんの場合、「苦労はしちゃいけないよ」、「苦労の先には苦労が待ってるよ」と、そうおっしゃっています。

確かに、イチローは一見、苦労人のように見えますよね。しかし、実は一般的な苦労とは完全に異なる点がありました。

それは、「野球が好き」という点。これは、サラリーマンが嫌々仕事に行って苦労しているケースとは違います。

野球が好きでワクワクしている、それが土台にあって、その上で出てきた壁に対して一つ一つ乗り越えてきたのだと思います。

おそらく、他の成功者の方もこうした共通点がいくつも当てはまるのではないでしょうか。

でも、こういったことは誰にでも簡単にできるものではありません。なぜなら、イチローに限らず、例えば3才の頃からピアノが得意でとか英語が話せてという人は、前世で似たようなことを何代にも渡って経験してきているからです。

もちろん現世でも大変な努力をしているのですが、一般的に「才能がある」と言われいる人にはそういった経緯があるんですね。

なので、あなたは今のあなたができるベストを尽くして、何か一つでもできるように向き合っていけばそれで大丈夫。

笑顔でも言葉でも親切でも、今の自分が立っている所から一歩前に足を踏み出すだけで成長です。