令和時代を復活させる2種類のスター☆【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ、「令和時代を復活させる2種類のスター」というお話をしたいと思います。

あなたは、令和の時代が、これからよくなっていくと思いますか?それとも、悪くなっていくと思いますか?

ひとりさんいわく、大正→昭和→平成→令和と、時代の移り変わりとともに、長期的に私たちの生活はよくなっている!とおっしゃっています。

確かに、短期的にみれば新型コロナウイルスなどの問題で、世の中が減退しているように見えますが、中長期で見れば、AIの発展などもありますし、世の中はどんどんよくなっていくでしょう。

そんな中、この「令和時代」を復活させる方法が一つあります。

それは、『2種類の魅力的なスター』を生み出すこと。

「え?スター?芸能人?何を言っているの?経済も仕事も大変なのに!」と、当然、そう思われますよね。

ただ、この話は、決して冗談で言っているわけではありません。

ひとりさんいわく、下記の2種類のスターが、世の中をいい方向に導いてくれる!とのこと。
.
.
1、スポーツ・芸能・企業・介護、どの業界においても、かっこいいな♪素敵だなと、皆が憧れるスター。

2、一人一人の個人が、「自分の成功した方法」を惜しみなく、多くの人に伝えるスター。
.
.
この2種類のスターが出てくることで、どの業界も発展するようになるということ。

例えば、スポーツでいえば『イチローさんのような存在』が、野球好きの人やファンの方にとって、さらに、一般の多くの国民にとっても、大きなエネルギーとなり、勇気や希望、そして、人生のモチベーションにもつながっているわけです。

また、今の時代であれば、『個人の影響力』が大きなものになっていますので、SNSの媒体を駆使することで、国民一人一人が、自分自身の情報発信をしていくことで、そこに価値が生まれ、たくさんの魅力をみんなで共有できるようになる。

もちろん、全員が全員、著名人としてのスターになれるわけではありませんが、身近な人に、得意分野の知識をシェアしたり、教え合ったり、助け合ったりするだけでも、各々のコミュニティの中で、次々とスターが誕生することになります。

このように、これからの令和時代は、政治家や大企業に自分の人生を預けて、あとは安泰!という時代ではなく、ネットを有効活用し、いかに2種類のスターを生み出すことができるか、そこが重要なポイントになってくるでしょう。
.
.
ただ、この話だけだと、もしかしたら、「自分には、ちょっと無理そう・・」と感じる方もいるかもしれません。

そういった方は、一度、ハードルを下げて、今のあなたのままで『魅力』を作っていきませんか?

政治家批判をしても、ネットで著名人を叩いても、会社の悪口を言っても、世の中もあなた自身の人生も改善されることはありません。

それどころか、自ら不幸の種を蒔き、何度も何度も、その不幸の種を自分自身で刈り取っているようなもの

だから、権力や肩書き、世の中の変動に関係なく、いつの時代でも幸せに生きていくためには、個人の魅力を高めることが一番なんですね。

「魅力的な人=スター」ですが、インフルエンサーと呼ばれる影響力を持つ人だけでなく、一概に「魅力」といっても様々な形があります。
.
.
例えば、あなたがどんな家庭環境で育ち、そこでどんな経験をし、どのような感情を抱きながら生きてきたのか、そういったことでさえ、「ぜひ、参考にしたい!」と思う人は必ずいます。

また、過去の失敗や恥をかいたこと、偶然とは思えないような奇跡、あまりにも平凡すぎる日々でも大丈夫。

それを日記として書き留めているのであれば、その記事をnoteなどの媒体で有料販売することもできますし、直接伝えたいと思うなら、youtubeの動画でお話し、広告収入を得ることも可能。

その結果、収入が月に1万円になるのか、5万円になるのか、それとも10万円以上になるのか、それはもちろん、実際にやってみないとわかりません。

ただ、少なくとも、あなた自身に『魅力』があるからこそ、人が集まってくるわけですし、それが仕事になれば、その収入で、生活の基盤を作れる可能性だって十分にあるわけです。

さらに、ちゃんと税金を納めることで、国のためにもなりますし、子どもや高齢者のためにもなります

これまでは、周囲の人に流され、暗い言葉を言われれば暗い気持ちになり、いつも受け身だったかもしれない。

でも、『何があっても絶対に幸せな人生を送るんだ』という覚悟があれば、どんな時でも、愛のある言葉で、笑顔を絶やすことなく、明るく、人に親切にしながら生きていくことはできるはずです

ぜひ、一人でも多くの方が、自ら人に灯かりをともすスター(魅力的な人)になって頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*