問題が起きたら明るく涼やかに解決する【斎藤一人】

人生で何度も何度も同じような問題が起きる時は、解決の方法が間違っている可能性があります。

例えば、どこへ行っても怒鳴られたりナメられたりするというのは、なかなか偶然というだけでは片づけられるものではありませんよね。

しっかりと自分自身のどこが悪かったのか考えて、明るく涼やかな解決策を見つけること。

今まで真面目に向き合ってきてダメだったのであれば、少し距離を置きながら気軽に人とつき合った方がいいのかもしれません。

また、言いたいことが言えない性格で苦しい思いばかりしてきたのであれば、せめて一言、「私はそうは思わない」でも何でもいいので、自分の気持ちを相手に伝える努力をしてみるとか。

要は、同じ問題が何度も起こるということは、そのことでまだ成長できていないということになります。

神様を信じる信じないは個人の自由ですが、実際にどの職場に行っても、誰と恋愛や結婚をしても、暴力を奮われるとか、いじめられるというのは明らかにおかしいですよね。

まず、そのことが「おかしい」と思わないと改良する気にもならないと思います。

だから、まずは「これはおかしいぞ!」ということに気付いて、その上で、じゃあ今までとは違う解決策を試してみようという順番で考えてみてください。

その時に大事なことは明るく涼やかな解決策をとること。

例えば、すぐにケンカになってしまう人であれば、言い返す前に「そうだよね、わかるよ」と言った後で、「でもね、自分はこう思うんだ」と言うようにするとか。

あらゆる方法で何度話し合っても話が通じず、暴力が止まらない時は、身を守るために即日、引っ越しまでしてしまうとか、本当にそれくらいの行動力は必要。

人に相談して、その人から「そんな奴は無視すればいいよ」とアドバイスをもらったところで、いきなり音信不通になれば、相手に強い恨みを買う可能性も出てきます。

それでは明るく涼やかな解決策では無くなってしまいますよね。

世の中、身近な人や一般常識が本当に正しかったら、悩んでる人はいませんし、事件も起こりません。

斎藤一人さんの学びにもあるように、おかしな人とは距離を置くこと。そして、ケンカはせずに意見が違ったら相手が正しい。自分は楽しい道に進む。

しょっちゅう人からバカにされる人は、「威張っちゃいけない、ナメられちゃいけない」、この言葉を口癖にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*