【斎藤一人】コロナの収束を遅らせている「他人軸の心」について。

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日は、「コロナの収束を遅らせている存在」というお話をしたいと思います

なぜコロナの問題が長引いているのか、そして、何が原因でコロナの収束が遅れているのか、不安を感じてしまう気持ちはよくわかります。

政治家に対する不満を抱いている方も多いようで、天国言葉を口にするどころか、不平不満の「不幸の種」をまき散らしながら毎日を過ごしている方もたくさんいらっしゃるようです。

ただ、本来気づかなきゃいけないことは、外に意識を向けた時に出てくる答えではなくて、自分の内側に目を向けた時に出てくる答えなんですね。

実は、コロナというのは、人間の心配事や不安、恐れ、そういったネガティブな感情」がもとになって生まれたものである!という見方もあるんです

もちろん、このことを信じる信じないというのは個人の自由ですよ。とりあえず、そういう見方もあるよ♪ということを知っていただけたらと思います。

それで、なぜそういう見方ができるのかといった時に、今から私はあなたに対して一つの質問をします。

この質問に即答して頂きたいのですが、よろしいでしょうか。。。

「コロナの問題がまだ起きていなかった時代に、あなたは心の幸せを感じながら毎日を過ごしていましたか?」

この質問に対して、迷わず「はい!」と答えることができた方は、外の意識に左右されることなく、コロナ禍の前から常に自分の内側と向き合い、生きることができていたのだと思います。

しかし、「いいえ」と答えた方は、当時から、コロナに代わる不安や恐れ、心配事を抱えながら、毎日を過ごしていた可能性が高いです。

学校、仕事、お金、健康、家族、友人、恋愛、夢など。毎日、「何とかしたい」「このままじゃ嫌だ」「イライラする」「もっとこうなれば・・」と、幸せに条件をつけ、地獄言葉を吐く機会が多かったのかもしれません

今、人生が不幸だと感じている人は、本当にコロナが原因なのか、今一度、自分自身のあり方と向き合ってみてはいかがでしょうか。

そのままの考え方だと、コロナが収束しても、また新たな不安要素に焦点を当て、不幸を感じる人生を続けていくことになってしまいますからね。

この気づきは、魂の成長段階によっても異なってきますが、遅かれ早かれ、いずれは全ての人が気づくことになるでしょう。

ただ、どうせだったら、一日でも早く、外に意識を向けた「いびつな心」や「攻撃的な心」から卒業し、この世を天国として明るく幸せに生きていきませんか?

政治家や社会に対して、愚痴・文句・悪口・不平不満・泣き言、こういった「五戒(地獄言葉)」を吐くことで、あなたが得することは何一つありません。

それどころか、そういった悪因を日々積み重ねていくと、それが何度でも自分自身に返ってきてしまうわけですから、ネガティブな言葉を使った分だけ「」をすることになります。

よく『二極化』という言葉が使われますが、まさにその二極化とは、自分の内側に意識を向けるか、それとも外側に意識を向けるかで決まる!といっても過言ではないのです。

斎藤一人さんの天国言葉を口癖にするか、それとも地獄言葉を口癖にするか。たったそれだけのことで、あなた自身に返ってくる現象がガラリと変わってしまうんです。

ひとりさんの教えに「蓮の花の教え」というものがあります。

これは、どれだけ周りに暗い人がいても、何か嫌な出来事があっても、あなた一人だけでも明るく上機嫌(上気元)でいるんだよ♪という教えです。

子どもの頃から、親や先生に集団・組織では「調和を図る」ことが第一とされた教育を受けてきた人がほとんどですが、実際のところ、大衆の意見が必ずしも正しいとは限りません

例えば、周囲の人が誰かをいじめていたら、あなたもそのいじめに加わるのですか?それは、自分の身を守るためですか?

もし、そういった判断をしてしまう場合、あなたは外に意識が向きすぎていて、自分のことを愛せていないんです。

自分を愛し、大切にできているのであれば、人の道として、困っている人がいたら「助ける」という判断ができるはずです。

自分を愛し、大切にできていれば、身近で政治家の悪口を言っている人がいても、「自分は今日一日を幸せに生きるんだ」と、必ず、幸せに焦点を当てることができます。

ここがまさに、今後、風の時代における「二極化の分岐点」になっていくでしょう。

内なる自分に意識を向けるか、それとも外の情報に流され続けるか、自分軸が試される機会は「神様の昇級テスト」ですからね。

コロナの問題が起きても、自然災害が起きても、大不況が到来しても、どんな時でも同じですよ。

不幸の対象物を見つけようと思えば、いくらでも見つかります。でも、幸せの対象物を見つけようと思えば、そこに本気で意識を向ければ、幸せだっていくらでも見つかるものです。

神様は、すでにクリアした問題を何度も課すようなことはしません。その代わり、考え方の間違いを改良しない人には、何度でもいろんな角度から、同じ問題を与えます。

そして、いずれ人間は、行き着くところまで行った時、「もうそろそろ考え方を改めよう」「自分を愛し大切にしよう」と思えるようになっていきます。これが「魂の成長」というものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝してます^^

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です