天国言葉「ありがとう」が通じなくなった時【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの『人から「ありがとう」と言われる人生を送る』というお話について解説したいと思います。

この話はものすごく簡単なことなので、今すぐに実践することができます。

斎藤一人さんの天国言葉に「ありがとう」という言葉がありますよね。

この「ありがとう」という言葉を人に対して使い、自分一人でいる時も口癖にするといいよ!というのが今までの教えでした。

ただ、それがもうすでに習慣化されている人は、もう一段階、ステップアップした学びを実践していく必要があるんです。

それが「人からありがとうと言われる行動」をとること。

それはつまり、人に対して「親切な行いをする」ということになります。

とてもシンプルなことなので、おそらく誰にでも実践する機会はあるでしょう。

もし、これをやろうと思っても「なかなか頑固な性格が邪魔をしてできない!」ということであれば、まだしばらくは「ありがとう」を言い続ける段階。

焦らずに、今の自分にできることを楽しくコツコツと続けていくようにしましょう。

そのうち、人から「ありがとう」と言われることができるようになると、なぜか、物事ってうまくいきます。

なぜなら、信じる信じないは別として、神様が人間を作ったものだと想像してみてください。

その時に、神様がどんな人に奇跡を起こしてあげたい!と思うでしょうか?

おそらく、人から「ありがとう」と言われるような人生を送っている人ですよね。

ただ、この話を聞いた時に、「自分は今まで人のために頑張ってきたけど不幸です!!」と言う人がいるかもしれません。

そういう人は、我が強い人。または完璧主義の人です。

というのも、本当に相手が心から喜んだり、役に立って救われたりしたのであれば、必ずあなたにも、巡り巡っていい形で返ってくるはず。

なので、なかなかうまくいかない人は、もっと気軽に考えて、人の心が明るくなるような笑顔やお互いに楽しくなるような前向きな言葉を使うようにしましょう。

例えば、「ありがとう」「感謝してます」「大丈夫」「安心だよ」「何とかなる」「ツイてる」「運がいい」「元気にがんばろう」「ご飯が美味しいね」「今日はいい日だ」「今日も一日、人に親切にしよう」など。

こういう心に灯が灯るような言葉をいつも笑顔で言うだけで、周りの人の心は軽くなりますし、そういう生き方こそが、人からありがとうと言われる人生につながってきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*