弟子の実体験「言霊の魔法(遠藤忠夫)」【斎藤一人】


この動画音声の文字起こしはこちら

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の音声は、ひとりさんのお弟子さんである遠藤忠夫さんの「言霊の魔法」というお話になります。

遠藤さんは上司に対して「感謝してます!」と口にしたことで、とんでもない奇跡が起きました。

これは、簡単なようで、相当な「覚悟」がないと、なかなかできないことかもしれません。

職場でこれまでずっと、自分に対してだけ、冷たい態度をとっていた人に感謝の言葉をかけるわけですから、普通だったらできないと思います。

あの斎藤一人さんのアドバイスとはいえ、かなりの勇気が必要だったことでしょう。

このお弟子さんの実体験を通じてわかることは、やはり人生で大事なことは「言霊の力」です。

もちろん、「心」も大事なのですが、「言葉」を第一優先とする必要があります。

言葉は、相手に何かを伝えるためのものであると同時に、相手の脳(思考回路)を変える働きもあり、目には見えない「良い波動」を出すことにもなります。

ただ、天国言葉「感謝してます」を人に使える人って、実はあまりいないんです。

やろうと思えば誰でも簡単にできることですが、そこにはメンタルブロックというか、心理的なハードルが非常に高いんですね。

人間は、「幸せになりたい」とか「楽しい人生にしたい」と思うが故に、様々な情報を集めますが、いざ、その方法が簡単でいつでも実践できる!とわかった途端に、行動しなくなるのです。

どうしても、「なんだ、そんな簡単なことか。いつかやろう。」と、先延ばしにしてしまいがちなんです。

でも、「ありがとう」や「感謝してます」を言うのに1円もお金はかかりませんし、相手にその言葉を伝えたところで、嫌がる人なんいませんし、自分に不都合なこともありません。

おそらく、一度行動できた人は、すぐにその言霊のパワーを実感し、何度でも再現性のある成功法則として、一生涯使い続けることができるでしょう。

ひとりさんが納税日本一の大富豪になった秘訣は、どんな時でも「天国言葉」を言い続けてきたところにあります。

あなたも、天国言葉(愛してます・ついてる・うれしい・楽しい・感謝してます・幸せ・ありがとう・ゆるします)の8つのうち、どれか一つでもいいので、普段から口癖にするように心がけていきましょう!

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です