部屋が汚くて不潔な人は神様から嫌われる【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「掃除は神事」というお話について、解説いたします。

神事(かみごと)と聞くと、何か難しいことをイメージする人が多いと思います。

でも、ひとりさんいわく、神事とは「お掃除」のことなんですね

「え?掃除?それが神事なの?」と、あまりピンとこない方もいるかもしれません。

では、なぜ掃除をすることが神事なのでしょうか。

まず第一に、神様は汚い環境を嫌います。汚いところに神様はいません

「なぜ神様はきれい好きなの?」と、そこに疑問を持つ方もいますが、その理由がわかろうがわかるまいが、神様が嫌うことをしながら、人間独自の考え方だけで幸せをつかむことはできません。

斎藤一人さんの教えでは、地球も自然も人間も、万物は偶然ではなく必然的に作られたという考え方が前提にあり、人間には「分け御霊」といって、一人一人に内神様が入っていると言われています。

極論をいうと、神様に嫌われるような「不潔な人」が、いくら幸運な出来事を願ったとしても、その願いを実現させることは難しいのです

つまり、汚い部屋、汚い服、不要な物が多くて散らかっている部屋に住みながら、幸せな人生を送ることはできないということ。

神社に行くと、いつもきれいに掃除されていて、埃一つありませんよね。そういう空間にいると、心が穏やかで、とても清々しい気分になるものです。

年末の大掃除はもちろんのこと、普段から小まめに掃除をしてみてください。

ひとりさんいわく、何をやっても途中でダメになってしまう人や、なぜか邪魔が入って物事がうまくいかなくなる人は、「玄関」を掃除すべきとのこと。

玄関の汚れだけでなく、履かない靴がたくさん置かれているのであれば、ちゃんと片付けて、できたら、その都度出すようにしましょう。

これと同じように、床も、天井も、窓も、水回りも、それぞれに神的な意味があって、体調の良し悪しや毎日の起きる現象に、大きな影響を与えているのです

もちろん、「じゃあ、一日中掃除をしていればいいんですね!」といったような、極論の話をしているわけではありませんよ。定期的に掃除の習慣が必須ということ。

もし、「私は部屋を片付けるのが苦手なんです」ということであれば、掃除や片付けよりも先に、『いらない物を捨てる』ことに意識を向けてみてください。

捨てるかどうかで迷った時は、その物を持った時に、心がワクワクするかどうかが基準です

昔の人は、物がない時代に生まれたので、何でもずーっと大切に保管しておくことが正しい!と思って生きてきました。

でも、今の時代は、物が余っていますから、部屋がきれいに片付いてスッキリした環境になった方が、神様は喜びますし、自分も幸せな気持ちで生活できるようになります

商人がお店を掃除して売り上げが伸びるのと同じで、一般の家庭環境においても、ちゃんときれいに掃除をしていればこそ、そこに住む人の運勢がよくなってきます。

なぜなら、目には見えなくとも、そこから出ている波動が「いい波動」に変わるからです。

毎日、今をいい気分で過ごしている人には、また次の「いい気分になる出来事」がやってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*