特別な才能がない「普通の人」の成功法則【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「神様の声」というお話について、解説いたします。

もしかしたら「神様」というワードを耳にするだけで、「怪しい」と思う人がほとんどかもしれません。

今回の内容は、本当にひとりさんのことが好きで、目には見えない真理に興味のある方のみ参考にしてみてください。

この話は以前にも、お伝えしたことのある内容なので、ご存知の方も多いと思いますが、ひとりさんが神様から聞いた「ありがとうゲーム」という話になります。

改めて、この学びを何度も聞いて、日々の生活に役立ててみてはいかがでしょうか。実際に、ひとりさんが神様から聞いた声というのがこちらです。

まず、『特別な才能もなく、特別な努力をするのも嫌な普通の人。普通の人の成功の方法を教えるから、伝えてくれ』と、こう言われたんだそうです。

そこで、ひとりさんが「それはどんな方法ですか?」と聞くと、『一日4回、月に100回、ありがとうと言われるゲームをすること』と、神様は答えました。

つまり、特別な才能もなく、特別な努力も嫌な普通の人が成功するためには、「人からありがとう」と言われる必要があるということです

一般的な人間界の視点でいうと、「才能がないなら努力くらいしなさいよ!」と思いますが、それが『神的な視点』でいうとそうではないようです。

ちなみに、斎藤一人さんの教えには、天国言葉「ありがとう」を何度も口にするといいよ♪というものがあります。

ただ、それはあくまで初期の段階での修行。すでにそれが習慣化されている人が、次のステップに進むためには、「どうやったら人からありがとうと言われるだろうか」。この視点を持つ必要があるんですね。

「人からありがとう」を言われるためには、明るく笑顔で上機嫌、優しくて親切、人の役に立って喜ばれる、こういったことを常に意識しなければなりません。

ところが、おそらく今日一日の中で、何も意識せずに過ごす人は、真顔で不機嫌、冷たくて不親切、自己満足を最優先、こういった真逆の流れになってしまうのではないでしょうか。

とはいえ、これまで長い年月をずーっとブスっとした顔で過ごしてきた人にとっては、いつも「笑顔」でいるというだけでも、相当ハードルの高い修行になるかもしれません。

でも、少しずつ笑顔で「ありがとう」を言えるようになると、周りの人からも、ちょっとした些細なことでありがとうを言われるようになるはずです。

もちろん、周囲のために動いても感謝してもらえないこともありますが、あなたがとった魅力的な行動は、いずれ自分にいい形で必ず返ってくるでしょう

日常の細かいところでいうと、例えば、自分の仕事が早く終わったから人の仕事も手伝ってあげる、病気にかかった人に一言優しい声をかけてあげる、相手の話を否定せずに肯定してあげる、役に立った本があればシェアするなど。

そういったことを意識しながら、「身近な人は普段からどんなことを求めているんだろう!」と、いろいろとリサーチをするのも面白いと思います。

神様は人間とは違って完璧な存在です。その神様がひとりさんを通じて、本当にこの話を伝えようとしているのであれば、きっとこの学びを知ったこと、そして実践することは必然であり、決して偶然ではありません。

もちろん、あなたが神様を信じる信じないは自由です。ただ、人間を作った神様という存在がいると仮定して考えた時、「ありがとうゲーム」の教えが、あなたにとって『幸せの道』につながるメッセージであることは間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*