こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は、「自分を守れるのは自分だけ」というお話。

このお話の真意をちゃんと理解できると、同じ失敗を何度も繰り返すようなことは無くなると思います。

というのも、ほとんどの人は、嫌なことがある度に「自分以外の人」に原因を追求してしまうからです。

この習性は、少し時間をかけてクリアしていく課題だと思うので、短期間で理解するのは難しいかもしれません。

大事な考え方としては、例え、詐欺被害に遭おうが、ケンカに巻き込まれようが、完全に相手が悪かろうが、最後の最後は自分自身と向き合わなければ成長できないということ。

なぜなら、何らかの気付きや学びを得るために起きた出来事で、愚痴や悪口を言いながら、ただただ苦しむために起きた出来事ではないからです

要は、「100%自分が悪い」と思えない限り、改良する気にはならないので、同じようなことが何度でも起きてしまうということです。

また、ひとりさんがおっしゃっている「ご都合主義でいんだよ♪」というのは、「自己中でいい!」という意味ではありません。

あくまで、前向きでポジティブな解釈をすることを示した表現になっているので、誤解しないようにしましょう。

例えば、自分や身の回りで不幸があった時、自分を責めて悔やんだり、他人のせいにしたり、それを長い間、ずっと引きづってしまう方もいますが、それでは自分で自分を守れていませんよね?

「ご都合主義でいい」という意味は、自分にプラスになる解釈で、知恵を出し、頭を使って、自分のことを自分で守る!ということです。

だから、そもそもの話の前提として、人間、嫌なことは誰にでもあって、悩みの無い人もいない

でも、「何があっても明るく考えるぞ!」と幸せになる意思を持っている人と、常に不幸癖のついている人とでは、全く違う人生展開になってしまいます。

つまり、その「常に幸せに向かって舵を切る!!」という考え方こそが「自分のことを守れるのは自分だけ」というひとりさんの言葉の真意なんです。