運勢は「出し切る」ことで神様からご褒美がもらえる【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は、斎藤一人さんの「出し切ることで運勢が良くなる」というお話です。

人生でうまくいかないことがあったり、仕事でなかなか成功に結び付かない時は、自分の運勢は何でこんなに悪いんだろう!と思ってしまうことってありますよね。

一人さんいわく、運に勢いをつければ「運勢が良くなる」わけですが、そのためには自分にできることは手を抜かずに『出し切る』ことが大事なんだそうです。

だから、周りの人に合わせて、できる仕事をやらなかったり手を抜いていたりすると、たちまち運勢が悪くなってしまうということなんですね。

例えば、畑仕事をやる時に、体が弱くても全力で耕している人は、どんどん体力もついていきますし、次から次へといいことが起きるようになってきます。

一方で、体力があっても手を抜いている人には、なぜか嫌なことが次から次へと起こってしまうわけです。

その時に、「この世には神も仏もいないじゃないか!」と言う人もいますが、神も仏もいるから、あなたがさぼっていることがバレてしまうんです。

だから、運勢をよくしたい!と思ったら、別に特別なことをやる必要はなくて、今の自分にできることに精一杯尽力するだけで問題ありません。出し切っているうちに、いいことが起きるようになっていきます。

例えば、大きな声で「はい!」と返事をする。この返事の仕方を改良するだけでも、あなたにとっては力を出し切る上での一歩なのかもしれません。

また、ちょっとだけ「仕事のスピード」を上げてみるとか、そういうちょっとした「小さな改良」を大切にしてみてください。

もしかしたら、その時に、自分だけ違う行動をとるのは恥ずかしい!周りの人と同じように行動しないと嫌われる!と考えてしまうこともあるでしょう。

もちろん、職場では協調性も大事なので、周りの空気を読まなければならない場面もあると思いますよ。

でも、だからといって完全に向上心を失って、さぼり癖が身についてしまったら、あなたの運勢が悪くなってしまいますからね。仕事運だけでなく、金運や健康運など、ありとあらゆるツキにつながっていくことは、ちゃんと心得ておくようにしましょう。

ぜひ、少しでも参考にして頂けたらと思います。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です