引き寄せの法則は受け身の姿勢ではうまくいかない

自分が望む現実を引き寄せたい!!と、引き寄せの法則を学び、ワクワクの気持ちで今を大切に生きる。

なのに、なぜか心が苦しいと感じる時、その原因となっているのは、受け身の姿勢。

幸せやお金を引き寄せることに成功する人は、受け身ではなく、ある行動をとっている。

それは、瞑想や呼吸法を通じて、自分自身の内側と向き合うということ。
.
.
引き寄せの法則という言葉を聞くと、外側から何か幸運が舞い込んでくるイメージを持つことが多いけど、実際は、自分自身がすでにその幸運な状態になっている姿をイメージする必要がある。

つまり、良い出来事が起きるまでワクワクしながら待つというよりも、自分が理想とする世界を訪問しながらワクワクするというイメージ。

どちらも、いい気分で過ごしていることに変わりはないけど、あまり受け身の姿勢でいると、外部の情報に影響を受けやすくなる。

例えば、いい気分でいたいのに、政治家が悪い、社会が不安定、あの人を信じていたのに裏切られたといった形で、外側に視点が傾いてしまう。

だから、そうならないように、これからは自分自身の内側を一つ一つ見直していくようにしよう。
.
.
自分のあり方をどう改善したらいいんだろう。どんな生き方を選択したらいいんだろうと、何度も何度も自己対話を繰り返す。

そうすると、自分の意思で「幸せの道」を選択できるようになるよ。

それに、ただただ幸せの道を選択しているだけなのに、引き寄せの力が働いているように感じることもある。

また、本や動画を見て、魅力的な人と出会った時も、その人をそのまま信じる感覚ではなく、その人の教えに納得し、腑に落ちた自分の感覚を信じることができるようになる。

もし、パラレルワールドが存在するなら、あなたは自分の意思で、幸せな人生を選択することもできるし、不幸な人生を選択することもできる。
.
.
外に目を向けて、誰かが、何かが、幸せを運び込んできてくれるわけじゃない。

自分の足で自ら、幸せなパラレルワールドへ出向いて、この人生の在り方や生き方を選ぶんだ。

アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*