こんな時は自分が自分のことを大切にしていないサイン

本当の意味で、他人に優しくできる人は、自分にも優しくできる人。

一見、「自己犠牲で人のため」が正しいように思うけど、本当に優しい人は大切な自分を犠牲にはしない。

自分はダメだけど、あなたはすごい!っていう人もいるけど、この世へ生まれてきただけでみんなすごい存在だ。

「私は誰からも大切にされない」という悩みが出た時は、自分が自分のことを大切にしていないサイン。
.
.
人から優しくしてもらいたいと思ったら、まずは自分自身にその優しさを与えてあげよう。

我慢しない。無理をしない。好きなことをやる。ご褒美をあげる。気分がよくなることをする。

そうやって、自分を大切にしているからこそ、人からも同じように大切にしてもらえるんだ。

それを「こんな自分でごめんなさい」なんて思っていると、本当に人からそう思われるような出来事を引き寄せることになる。
.
.
自分に優しく、他人に優しく。あなたには価値がある。そのままの自分で大丈夫。

ビクビクオドオドしながら、人の機嫌をとったり、人の意見に従ったりするのは、本当の優しさじゃないよ。

言いたいことがあるなら、たまには言わせてあげることも大事だし、人の機嫌をとることより、自分の機嫌をとることの方が大事。

自分の心に素直になるだけで、自分に優しくなり、そのあなたの優しさが相手にも伝わる。

逆に、自分に厳しくしていると、いずれ、他人からも厳しい目で見られるようになる。

その結果、人に愛されない不足感から、不安、恐怖、怒りなど、ネガティブな感情が連鎖的に湧いてきてしまうんだ。
.
.
だから、世の中の問題を誰かのせいにしたり、深く原因を追求したりする人もいるけど、全ての根本部分は自分自身の思い癖が引きがねになっているだけ。

もし、あの人もこの人もダメ!役に立たない!他人に対してそう思うなら、自分に対してもどこかでそう思っているのかもしれない。

もし、「私は誰からも愛されない。相手にもされない」と、そう思うなら、自分で自分のことを愛していない。または、ちゃんと相手をしていないのかもしれない。
.
.
よく「自己中はよくない」というけど、自己中というのは身勝手な人のことを言う。

だから、自己中と自分を大切にしている人を一緒にしてはいけないよ。

きっとあなたは、身勝手ではないし、常識もわかっている。

あとは、人のためだけでなく、自分を大切にする時間をちゃんと確保するだけ。

人の為と書いて「偽」という文字になるよね。人のことを考える前に、まずは、自分自身が上機嫌で満たされた状態でいよう。

それだけで、周囲も自然と明るい気持ちになり、笑顔で満たされていく。

そして、自分も相手も、みんなが愛と光で生きていける。
.
.
アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。

神様は自分を犠牲にして人を助けることを望まない!

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの学びを参考に、「神様は自分を犠牲にしてまで人助けすることを望まない」というお話をしたいと思います。

私は以前、自分が誰かの役に立てるのであれば、自己犠牲があってもいいのでは?という考え方で生きていました。

極端な話、命がけで人助けでもしたら、きっと自分の命が失われたとしても、生まれてきた甲斐があるだろうと・・。

きっとそれで、神様にも褒めてもらえて、人にも喜んでもらえて、自分も報われるのかなって考えていたんですね。

ところが、斎藤一人さんの教えでは、「神様は自己犠牲を望んではいない」とのことでした

人間一人一人の中には分け御霊といって内神様が入っています。だから、自分をないがしろにすることは、内神様を大切にしていないのと同じ。

それから、「自分には価値がある」「自分はすごいんだ」といった言霊を毎日唱える中で、少しずつ、自分を愛すること、ゆるすこと、褒めることができるようになってきました。

現実的な観点で考えても、まずは自分自身が幸せで豊かでなければ、人助けをする余力も生まれませんからね

例えば、イライラしていたり、不機嫌だったり、地獄言葉を吐いていたりしながら、「おまえのためを思って頑張ってるんだ!」と言う人は、周りの人を幸せにするどころか、不幸にしてしまいます

おそらく、世の中には、自己犠牲の考え方が間違っていることに気付かないまま、会社のため、家族のため、子どものためにと、身を削っている人がたくさんいるでしょう。
.
.
もし、自己犠牲を自ら好んで、行っているわけではないにしても、苦しみから生み出された因果は、どこかのタイミングで、自分自身に返ってきてしまいます。

というのも、因果の法則では、『今、この瞬間をどんな心で過ごすか』で、未来の状態が創られるといわれているんですね。

だから、今イライラして怒っている人は、なぜか再び、イライラするような出来事に遭遇してしまうわけです

同じ環境で、同じ行動をしていても、そういった目には見えない因果関係によって、「起きる現象」や「感じ方」が大きく異なるということ。

あと、もう一点、注意しなければならないことは、逆に、「いい人を演じすぎてしまう」ケース

目には見えない真理を学んでいる人ほど、勉強熱心で真面目に実践するのですが、心の内面を重視しすぎるが故に、自分の気持ちを押し殺してまで、いい人になりきってしまうことがあります。

実は、「自分を押し殺す=自殺」につながってしまうくらい、この考え方はよくないんです。

自分の気持ちを押し殺すくらいなら、『ネガティブな感情』を全て紙に書き出すことをおススメします

紙に書く内容は、「ネガティブな感情一覧+ポジティブな感情一覧」です。

例えば、「私は、今、このことを不安に感じながら生活しています」「でも、この時間帯はとても安心感があります」といった形で、両面の視点で書き出してみましょう。
.
.
そうやって自分の本心・本音と向き合うと、思考の偏りはもちろんのこと、いかに、自分自身を粗末に扱っていたかに気付くことができます

ネガティブな感情に偏ると、自分の意見を言わずにいつも我慢したり、体調不良を隠してしまい不機嫌な態度を誤解されるなど、そういった形の「自己犠牲」を生み出してしまうので、十分注意しましょう。

元をたどると、自分を犠牲にしてしまう人って、『劣等感』が強いんですね。

劣等感には、「攻撃型」と「内向型」の2パターンがあります。イライラなどを人にぶつけるタイプと、自分を押し殺してクヨクヨ悩んでしまうタイプです。

どちらも共通して、頭の中に、自分に対する「ダメ!!」の否定語がたくさんつまっています

これは、子どもの頃から、親や先生に言われたことだけでなく、前世の潜在意識も影響しているようです。

基本的な性格は変わらないにしても、この劣等感を何とかしなければ、なかなか幸せな人生を送ることは難しい。

そこで、一つの対応策として、おススメの2つの言霊があります。

①『そうだよね、わかるよ♪その気持ちわかる!!』

②『もっと自分をゆるします。もっと自分を褒めます。もっと自分を愛します。』

個人的に、この2つの言霊が一番しっくりきましたし、実際に効果があったと感じています。

私は、自分の将来に不安・恐怖を感じた時や、ネガティブなニュースなどで心配事を抱えてしまった時などに、この言霊を何度も唱えるようにしています

ぜひ、あなたの心が少しでも軽くなるように、言霊の力を活用してみてください。

『神の仕事』あなたは仕返しをしてはいけない【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ『「神の仕事」あなたは仕返しをしてはいけない』というお話をしたいと思います。

突然ですが、あなたはこれまでの人生で、誰かに「仕返し」や「復讐」を考えたことがありますか?

もし、「そんなことは一度も考えたことがない」「そういう発想を持つ時点で未熟者」と、そう解釈できる人は、そのままのあなたで大丈夫です。

例え、誰かを守るためであっても、長年の恨みを持っていたとしても、絶対に、人に仕返しをしてはいけません。

なぜなら、それは『因果』という形で、神様が一人一人に対して行う仕事だからです

よく、「神様は宗教だから信じない」という人がいますが、そういう人に限って、自分と相手しか見えなくなってしまいます。

そういう人は、自分の中で『天の神様』をイメージし、「第三の目」で自分と他人を客観視するようにしましょう。

斎藤一人さんの教えは、内神様といって人間一人一人の中に、分け御霊が入っているというものです。

『神様は自分の中にいる』と言っているわけですから、誰かを拝む必要もなければ、お金を支払う必要もありません。
.
.
そういった考え方で、まずはあなた自身が幸せになった上で、可能な限り、周囲の人に幸せを配っていくことが大事。

人に復讐をしたところで、自分の人生に悪因を作ってしまうだけです

仮に、仕返しをして、その時はスッキリしたとしても、いずれ、自分も同じ経験をすることになるので、得になることは何一つありません。

『人間は不完璧ですが、神様は完璧な存在。』

例えば、あなたが人を殴ったのであれば、あなたもいずれ「人から殴られる」ことになります。

親に暴言を吐いた子供は、いずれ、自分が親になった時に、子供から「暴言を吐かれる」ことになります。

この負の連鎖を、どこかで止めなければなりません

自分が蒔いた悪い種(因果)は、現世で刈り取ることもあれば、来世以降で刈り取ることもあります。

どちらにしろ、絶対に逃げることはできないんです。

もちろん、この話を信じるかどうかは、あなたの自由ですけどね。
.
.
また、神様は「自己犠牲」を嫌うので、「私はいいから、あなたが幸せになって」という考え方も持ってはいけません。

要は、他人をいじめたことも因果になりますが、自分自身をいじめたことも因果になってしまんですね。

例えば、いつも「自分には価値がない」と口にしていると、本当にそう思わせられるような出来事を引き寄せてしまいます

なぜなら、普段から自分が、そういう「波動」を宇宙に発信しているからです。

あなたは、愚痴、不平不満、泣き言、文句、悪口などの地獄言葉を、何気に使っていませんか?

それによって、どれだけ自分の人生が「損」をしているのか、理解できていますか?

「幸せ」「感謝してます」「ありがとう」などの天国言葉を口にできない人は、せめて、地獄言葉の口癖をやめること!

そして、『自己犠牲』と『完璧主義』の間違った考え方を、改めるようにしましょう

それが、自分を愛し、他人を愛する人生に向かう一歩となります。
.
.
まずは「自分」のことを大切にしてみてください。

苦しい「我慢」や「努力」よりも、『いい気分』の時間帯を増やした方が、波動がよくなるので、起きる現象もよくなってきます。

次に、自分のことだけではなく、「他人」のことも共に大切にすること。

特別な才能がなくても、人を応援すること、人の幸せを祈ること、人の成功を喜ぶことは、誰にでもできるはずです。

『この人に、全てのよきことが雪崩のごとく起きます』

外を歩いている時も、電車に乗っている時も、この言霊をいつも意識し、一人でいる時は声に出して唱えてみてください。
.
.
神様は、自分を愛し、他人を愛する人を好みます。

また、そういう人に奇跡を起こしてあげようとも思います。

ちなみに、宇宙の法則では、『振動数(波動)』といって、何かあった時に落ち込んでしまうと、落ち込む原因を作った人ではなく、今、落ち込んでいるあなた自身に、また嫌なことが起きるようになっているんです。

例えば、上司が部下のミスを注意した時に、上司は上機嫌で、部下はひどく落ち込んでしまったとします。

すると、何も上司には悪いことが起きないのに、なぜか、その部下には、次々と「問題」や「トラブル」が起きてしまうんですね

実際に、こういった現象を目にしたことはあると思います。
.
.
でも、優しい人や傷つきやすい人が、落ち込むたびに「負の連鎖が続く」という事実は、受け入れることが簡単ではないかもしれません。

もしかしたら、「落ち込む原因を作ったあの人のせいで、自分は今こんなに苦しい思いをしているんだ。。」と、被害者意識が強くなることもあるでしょう。

もちろん、あなたの上司が「地獄言葉」を使って、人の文句や悪口ばかりを言っているのであれば、当然、その因果は、上司自身に返ってくることになります。

また、「大きな声で怒鳴る!」という行動をとった人は、いずれ、「大きな声で怒鳴られる!」という経験をすることで、それが因果の解消になるわけです。

しかし、単に、仕事上の注意ということであれば、落ち込んだ人だけに悪い現象が起きてもおかしくはありません

だから、人生の修行としては、誰に何を言われても「明るく上機嫌」で、不安や恐れがあっても、なるべく『平気なふり』をすること。

心というのはコロコロ変わるものなので、一時的に、体調や機嫌を崩したとしても、時間の経過と共に回復してくるものです。

その回復までの間に、不機嫌になって地獄言葉を吐かないことが、幸せを持続させる上での重要なポイントとなります。

ぜひ、できることから、一つ一つ実践してみてください。