真面目で賢い人は引き寄せに失敗してしまう【斎藤一人】

斎藤一人まとめサイト(名言集)

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ、「真面目で賢い人は引き寄せに失敗してしまう」というお話をしたいと思います。

ひとりさんのお話に興味を持つ人の中には、その話を100%鵜呑みにする人もいれば、半信半疑で聞く人もいます。

また、あの講演ではこう言ってたのに、今回は逆のことを言ってる。何で?と、理屈で解釈する人もいます。

共通しているのは、どの人も、真面目で、賢くて、理論的に物事を正しく判断し、行動できるという点。もちろん、それが悪いと言っているわけではありませんよ。

そうではなくて、その考え方で「幸せ」に生きられているかどうか。もし、今、心から幸せな人生を送れているのであれば、そのままの考え方で問題ないでしょう。

ただ、どれだけ知識を蓄えても、知恵が身についていても、日々、心がモヤモヤしていて気を揉んでしまう。そういった状態であるならば、その生真面目さが足を引っ張っている可能性もあるのです
.
.
だから、斎藤一人さんの教えに限らず、誰かの意見を参考にしたいと思うのであれば、下記の3つのような「シンプルな解釈」をすることが大事。

1、この人の話を聞いてみて、自分の人生に取り入れられる部分があれば、無理なく気軽にやってみよう♪

2、「神様」という言葉が何だか宗教みたいで嫌だな。でも、この人が悪いわけじゃない。自分は別の師匠を探そう。

3、この人の話には、矛盾点が多くてしっくりこない。だけど、声や話し方が好きで、聞いているだけで心地がいい。

このように、相手を正しく裁くのではなく、白でも黒でもないグレーゾーンのとらえ方で、その人を許容すると、自分自身の人生がハッピーな感覚になってきます

これは、ぜひ実際に、試してみてください。何でも白黒はっきりさせようとすると、苦しくなってしまいますからね。

ちなみに、『真面目で賢い人』は、それをプラスに生かせる場面で、その力を存分に発揮することができるので、その性格自体が悪いというわけではありませんよ

ただ、時として、完璧主義になってしまい、人の粗探しをしたり、人を正しく裁きたくなってしまう傾向にあるので、その点だけは注意するようにしましょう。
.
.
この宇宙には「引き寄せの法則」といって、今をいい気分で生きていると、その波動(振動数)によって、奇跡とも思えるような現象が起きることがあります。

「ワクワク」や「いい気分」によって生み出される『いい波動』というものは、『心』から湧き出るものであって、決して、頭で考えた理屈で生み出されるわけではありません

なので、学歴でも何でも、頭の良し悪しに比重を置きがちですが、本来であれば、「きれいな心」を大切にしなければならないんです。

よく、神様はきれい好きだから、部屋をきれいに掃除していないとお金が入ってこないよ♪といわれますが、神様のきれい好きは、「目に見える形」だけが全てではないんですね。

目には見えない『無形の心』に対しても、同じような視点で見ているわけです

だから例えば、「おまえのためを思って言ってるんだぞ!」と、親や先生が子どもに教育する時、心の中では「黙って俺の言うことを聞いていればいいんだよ!!」と、思っていたとしますよね。

すると、その心の声は、直接相手には届いていなくても、なぜか、その人から出ている波動でわかってしまうわけです。

要は、何となくの「雰囲気」「空気感」によって、相手の汚い心もきれいな心も、実は、ちゃんと伝わるもので、隠すことはできないということ
.
.
仮に、その場しのぎでごまかせたとしても、神様は、汚い心を持った人を味方しようとは思いませんから、病気・事故・トラブル・解雇など、ありとあらゆる形で、「その生き方を改めなきゃダメだよ」というサインが与えられることになります。

ただ、それを決して『天罰』というとらえ方はしないでください。神は人間に罰を与えることはしません。

罰ではなく、その人にとって、ストップがかかるような出来事が起きることで、これまでの生き方や考え方を軌道修正することができる。

そして、その経験の一つ一つが、魂の成長につながるので、結局、全ての現象は神の愛なんです

斎藤一人さんの教えの中で、「威張っちゃいけない、ナメられちゃいけない」の言霊を大切にするんだよ♪というものがありますが、これって簡単なようで簡単ではありません。

特に、真面目で賢い人ほど、勉強ができる、仕事ができる、給料が高い、高学歴、出世、優秀、こういったワードが強いわけですが、そんな中でも謙虚さを保ち続けるのは、なかなか難しいこと

逆に、不器用で優しい人というのは、協調性があって親切な側面を持っていますが、その分、周囲の人からバカにされたり、論破されたり、そういう場面が多くなってしまいます。

その代わり、後者の場合、理屈で考える前に、心で感じることができるので、「直感」「ひらめき」などのインスピレーションに助けられることもあるんですね

こういったことから、真面目や賢さが悪いわけではないけれど、次々と願い事を叶えたり、幸運を引き寄せるためには、やはり、神が好む『きれいな心』を大切にすることが必要不可欠。

きれいな心といっても、とてもシンプルなもので、「明るく生きて人に親切にする」。これだけで十分です。あなたがいつも上機嫌でいることが、この世で一番のボランティアでもあるのです。