1000年周期で変わる新しい波動の到来【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は、「21世紀はバランスと愛の時代」というお話。

この世の中は陰と陽のバランスでできていて、波動というものが1,000年周期で変わるんだそうです。

陰と陽のバランスがとれた状態とは、男性と女性が同じくらいの力を持つ。つまり男女同権のことです。

20世紀まではずっと、女性の地位が圧倒的に抑えられてきていて、「陽」にバランスが偏っていたんですね。

陽の波動が強いと、争いや戦争を引き起こすことが多く、とにかくトラブルが絶えません

これが21世紀では、女性の地位が向上してきて、今の日本は特に、男性と女性が同じぐらいのバランスになってきていますよね。

ひとりさんいわく、この陰と陽のバランスがとれた時、平和が来て、それで「愛の時代」になってくるとのこと。

だから、21世紀の現代は、箱根駅伝でも野球でも、負けるな!絶対に勝て!といったような、監督の厳しいスパルタのところはなぜか勝てなくなってきています。

また、暴力事件やパワハラなどの問題も、テレビやネットなどで露呈するようになりましたよね。

その理由は、冒頭でもお話したように「波動」が変わったからです。

陰と陽のバランスがとれると、この波動で戦争が起きることはありません。平和になる本当にいい時代。

そして、競争よりも協力を意識して、仕事でも売り上げさえよければ!ではなく、お客さんとお互いに、心と心が通じ合うことを大切にした方が、なぜかうまくいくようになります。

また、例えば、この町から不幸な人をなくすんだ!という強い使命感を持って、劣等感で悩んでる人に天国言葉を教えるでも何でも構いません。

みんなが幸せに生きられるように、助け合っていくことが求められる時代です

だから、今までのように、よそのあいつには負けたくない!とか、そういう人は必ず消えていくことになります。

学校でも会社でもスパルタで競争ばかりをしている人が、以前のように勝ち残っていくことは難しいでしょう。

その理由は、何度もいうように、1,000年周期で変わる波動が、ようやく21世紀から変わったためです。

そこで、斎藤一人さんが教える「平和を祈るのにいい言葉」。少しでも平和で、住みよい地球にするために、平和を祈るいい言葉があります。

その言葉とは「平和だなぁ♪」。これだけです。それだけ?と思うかもしれませんが、これを毎日100回ずつ唱えられる人がほとんどいないのです。

多くの人は、評論家でも何でも、世界の不幸を探し出してきて難しいことを語ります。

はっきり言って、それでは永久に幸せになることはできません。

ぜひ、今日から、「平和だなぁ」または、「幸せだなぁ」を一日100回ずつ言うようにしましょう

天国言葉「幸せだなぁ」を千回唱える【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は、『天国言葉「幸せだなぁ」×1,000回』です。これは、ただ聞くだけでなく、口癖にして毎日10回ずつでも言ってみましょう。

千回の法則といって、1,000回唱えた後から、少しずつ起こる現象が変わってきます。

なぜ、このアファメーションのような作業をする必要があるのか?気になりますよね。

これって宗教でも何でもなくて、理由はとても簡単なものです。

人間には「脳」があって、脳の中には子供の頃から親や先生、周囲の人から受けた言葉、そして自分自身がその当時に感じたことが、びっしりと入っているんですね。

「そんな過去のことなんて全く覚えていないよ!」と思うかもしれませんが、潜在意識といって脳内にはちゃんとインプットされているんです。

そこで問題なのは、例えば、脳の中に「自分はダメな人間だ!」という意識が入っていると、それが過去の記憶だとしても、今のあなたに大きな影響を与えてしまうわけです。

自信が持てない、人の目が気になる、失敗が怖い、勇気が出ない、恥をかきたくない、行動できない、コミュニケーションに不安を感じるなど、人間にはありとあらゆる潜在意識が染み付いているんですね。

つまり、『幸せだなぁ』という言霊は、その潜在意識を書き換える一つの手段ということになります。

これは心の中で「自分は幸せなんだ!」と思えなくても大丈夫です。心が伴わなくてもまず口にすること。

ひとりさんの教えは、心の中で思いなさいというものではなく、『はじめに言葉ありき』といって、言葉にすることが先という考え方です。

これを実践することで、自分の脳が「自分は幸せなんだな♪」と意識が書き換わって行動に変化が出るだけでなく、同時に、良い波動も出るので現実的に起こる現象も変わってきます。

「波動」というのは目には見えないので怪しいと思うかもしれませんが、人間の「心」というのも目には見えなくても存在していますよね?それと同じもの。

なので、愚痴や悪口ばかり言っている人からは「悪い波動」が出るため、例えば、その人と会うだけで、なぜか嫌な気分になるとか、疲れやすいとか、そういう現象が起こるんですね。

一日10回ずつでもいいので「幸せだなぁ」。これを毎日続けて、千回を目途にどんな変化が出てくるか、ぜひ行動に移してみましょう!

幸せ

脳の潜在意識があなたの行動を抑制している【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「脳の潜在意識」についてお話です。

このお話は、信じられない方も、あえて「人間は神様が作った存在なんだ!」という前提で聞いてみてください。

基本的にはこれまでのひとりさんの教えと同じ内容ですが、今回はそれをコップに例えて話されています。

コップに水を1滴2滴入れただけでは、コップの水が溢れることはありませんよね。

それと同じように、天国言葉を一回二回言っただけで、脳の潜在意識が変わるということはありません。

なので、千回の法則といわれるように、明るい言霊を1,000回口にしたところから、少しずつ起きる現象が変わってきます。

今まで行動できなかった人でも、『やってやれないことはない、やらずにできるわけがない』。この言葉を口癖にして、少しずつ行動できる状態に持っていきましょう。

最初のうちは「幸せだなぁ」とか「豊かだなぁ」という言葉に抵抗を感じて、ボロボロと涙が流れることもありますが、それは汚れた水がコップから溢れ出ているということ。

自分が発している天国言葉と普段の行動に大きなギャップがあってもいいので、ともかく毎日、明るい言霊を口癖にして言い続けてみましょう。

だから、「天国言葉を言ってるのに行動ができない。。」と悩むのではなく、「今はこれまでの汚いコップの水を外に出してるんだ」という考えを持つようにしてみてください。

子供の頃に親や先生から言われた否定的な言葉、人からバカにされたことで生まれた強い劣等感、そういったものを抱えながら、「たくさん行動しましょう!」といっても、なかなか難しいですからね。

「自分には行動できない」という思考、「別に行動しなくていいや」という判断、それらの思考や判断を下しているのは『脳』なので、まずは脳に何を入れるか、そこがひとりさんの教えの根源になります。

幸せ