固定概念を手放して幸せのゲートを開く方法

一度決めたことは、最後までやり通さないといけない。

そういった固定概念を、一つ一つ手放していくと、幸せの道が開けてくる。

この道を進んでみたい。そう思ったら、迷わずその道を歩いていく。

その先で、「やっぱりあっちの道を進んでみたいな・・」。そう思うこともあるよね。

そんな時は、柔軟に方向転換してもいいんだよ。

これこそが一つのゆるし。自分自身をゆるすって、こんな簡単なことでいいの。
.
.
あなたの人生を心配する周囲の人がいても、あなたが歩む道を他人が決めることはできない。

だから、あなたは自分の心に素直になること。

素直さって、他人の意見ではなく、自分の心に素直になることなんだ。

新しい選択をして、新しい行動をとると、失敗することもある。

でも、楽しかったことが、次第につまらなくなったり、飽きてしまったりすることもあるよね。

斎藤一人さんのお話の中で「創造と破壊」というものがあるように、人生の循環を止めてはいけない。
.
.
「歩く」という文字は、止まるが少ないと書くように、立ち止まったままでは現状維持が難しくなる。

最初は怖くて不安を感じるかもしれない。

だけど、震えながらでも一歩足を踏み出すと、その瞬間から神があなたを全力で応援してくれる。

「よくがんばったね」「なんとかなるから大丈夫だよ」。そうやって、褒めて、見守ってくれる。

そして、魂が成長するたびに、幸福感がどんどん増していくんだ。
.
.
自分を愛して、他人を愛します。

優しさと笑顔を絶やさず、人の悪口は決して言いません。

長所を褒めるように努めます。

この白光の誓いのように、愛と光で、自分のことも他人のことも、満たしてあげることができる。

アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*