自分の望みを「紙」に書いて引き寄せる効果的な方法

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、『自分の望みを「紙」に書いて引き寄せる効果的な方法』というお話をしたいと思います。

この話は、聞いたことがある方も多いと思いますが、シンプルに自分の望みを「紙に書き出す」だけで、願いが叶いやすくなるよ♪という話です。

実は、この方法で、本当に願いが叶うケースが多いのでおススメ

これは、引き寄せの法則に興味のない方でも、人間の「脳内の仕組み」を理解すれば、すぐに納得できるのではないでしょうか。

人間の脳って、指先の感覚もそうですし、目で文字を読んだり、文字を声に出したりするたびに、「脳」にその情報が伝達されるようになっていますよね

だから、実際に、「用紙」でも「手帳」でも何でもいいので、一度、自分の望みを紙に書き出してみると、その言葉に脳が反応し、新たな思考を創造できるようになるんです。

もちろん、「引き寄せの法則」の観点から考えても、ワクワクの波動は「いい結果」を生み出すので、この作業によって、願いを叶える効果はあるといわれています。

願いを紙に書く時は、あなたの「ワクワクの波動」を乗せることを意識しながら書きます。あとは『放置』しておいて大丈夫です。
.
.
書き方としては、心の抵抗が少なくて、自分なりにしっくりくる表現を選ぶのがコツ。

というのも、「さすがにそれは無理だろ!」と思うような内容にしてしまうと、あなたの脳が「実現が難しい」ことを強く意識してしまうので、そこだけは注意しましょう。

また、「こうなりたい」や「~したい」という表現ではなく、「こうなりました、ありがとうございます」などの完了形か、「~する」「~になる」といった決意形で書くこと

ここまでの簡単な作業だけでも、引き寄せの力は強くなるので、ぜひ、実践してみてください。

さらに、引き寄せの効果を強めるためには、『どんなふうに叶うか』まで書くという方法もあって、これも特別、難しい作業ではありません。

下記の事例の「」内のように、『形容詞』や『副詞』で装飾を加えるのがポイント!

例1:「素敵な」パートナーと結婚し、「心が満たされた」生活を送っています。

例2:今抱えている〇〇の問題を「円満に」解決することができました。

例3:「周囲が驚くくらい」、若々しい外見になりました。

例4:「簡単かつ効率的に」月収100万円の利益を達成しました。

例5:「必要なサポートを受けながら」、〇〇の仕事をこなせるようになりました。

他にも、「安心して」「余裕で」「楽々」「容易に」「楽しく」「きれいな」「理想の」など、こういったフレーズを自由に取り入れてみましょう。

あまり堅苦しい文章で書くよりも、ワクワクしながら書くことができるので、それだけで『波動エネルギー』が強くなります。
.
.
その代わり、「具体的にどんな形で願いが実現するの?」という疑問は、引き寄せの法則を実践する上では、全く考えなくて問題ありません。

むしろ、そこに「強い願いや想い」で執着してしまうと、叶うものも叶わなくなってしまうので、『あとは神様におまかせ!!』ぐらいの気持ちで、放置することが大事。

人によって、夢が叶うまでにタイムラグがあるので、その間は、ワクワクしながら楽しいことに目を向けて、「いい波動」を出し続けるようにしましょう

中には、「そうはいっても、具体的な行動って必要でしょ?」という人もいますけどね。

ただ、紙に書いた時点で、「自分はこうなる!」「自分はこうする!」と決めているわけですから、それが本気の決意であれば、ゴールからの逆算で、今の自分に何ができるのか、行動したくなってくるはずです

なので、何かやりたいのであれば、「自身の素材」を洗い出してみること。そうすれば、現段階でとるべき行動が見えてきますよ。

自身の素材というのは、「得意とすること」「好きなこと」で、あなたの強みを活用できるもの。

例えば、普段から楽しいと感じる「趣味」や「特技」でもいいですし、ついつい時間を忘れて夢中になってしまうようなことを一覧にしてみてください。
.
.
逆に、「不得意なこと」や「嫌いなこと」は、夢を叶えるためであっても、苦しんでしまったら「いい結果」は引き寄せられないので、おススメしません

つまり、「これをやったら稼げそう」とか、「念のためやっておこうかな」という動機では、スタートを切らない方がいい!ということです。

あくまで、最初に「紙」に書いた内容に近づくために、自分が今持っている「どの素材を使うか」なので、ワクワクすることがなければ、無理に見つけ出す必要はありません

日々、紙に書いた願いに向かって、『引き寄せの力』は働いているわけですから、毎日を「いい気分」で過ごしているうちに、何らかのヒントはやってきます。

それは、ふと、「目にとまった本」を読んだ時に、書かれているかもしれませんし、「他人から言われた言葉」や、自分でひらめいた「アイディア」から生まれることもあるでしょう。

あなたにとって、絶妙なタイミングで、ベストな出来事が起こったと感じたら、その時は迷わず、その流れに沿って行動してみてください。

幸せ

問題の解決策よりも「いい気分」を重視する【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「問題の解決策よりもいい気分を重視する」というお話をしたいと思います。

今、あなたは、毎日の生活が、豊かで幸せなものだと感じることができていますか?

現状がよくない時ほど、他人の幸せや豊かさに目がいってしまうものですよね。

ただ、他人の幸せな姿を客観視できるということは、自分自身の幸せな姿も、本来は客観視できるはず。

例えば、「今の自分はとてもいい気分だ」「今は少しだけイライラしてる」など、今の状況を、意識的に俯瞰(ふかん)してみる

これができるようになるだけでも、だいぶ気が軽くなり、穏やかな心になります。

つまり、『今の自分の気持ち』を確認しながら、毎日を過ごすということ。
.
.
なぜ、こういった「気持ちの確認作業」が必要なのか。

実は、怒り・悲しみ・苦しみなどと同調し、それらと一体化した状態になってしまうと、その感情と同じような現象(出来事)が起きてしまうんですね

これは目には見えない引き寄せの原理によるもので、あなたが発している「波動」によって、引き寄せるものが変わるといわれています。

斎藤一人さんいわく、例えば、イライラしている人がお店で注文をすると、なぜか自分のところにだけ頼んだものが届かず、「再びイライラする!」といった現象が起きるんだとか

逆に、『いい気分』でいる時間帯を増やすようにすると、次に起きる現象も、いい気分になるような出来事が多くなるそうです。

だから、基本的には、明るくて楽しいことに目を向けること。

それができない時は、無理をせず、「今は、ちょっと嫌な気分になっている」と、気持ちの確認作業を行うようにしましょう。

決して、あなた自身の「今の気持ち」を、疎か(おろそか)にしてはいけません

なぜなら、人間は、何も意識しないで生活していると、自然と「不安」や「心配事」に目が行くようになっているからです。
.
.
仮に、何か問題が起きてしまったとしても、問題の解決策よりも「いい気分」を優先できるかどうかが、幸せの鍵を握ることになります。

その理由は、先ほども説明したように、あなたの思考が現実になる!というのが、この宇宙の仕組みだからです。

この、目には見えない「引き寄せの法則」を、信じるかどうかはあなたの自由

ただ、不思議なことに、問題に焦点をあて、問題の解決に焦りや不安を感じると、その悪い波動が因果となり、新たな問題を引き寄せることになります。

人間の視点としては、「問題が起きているのだから、問題と向き合うのは当たり前のことだろ!」と、そう考えてしまいますよね。

正直、この仕組みを理解して、ちゃんと実践できる人は、ほとんどいないかもしれません。

おそらく、いつも真面目で正義感の強い人ほど、「負の連鎖」を起こしやすいでしょう

そういう方は、一度、騙されたと思って、問題を横へ置き、美味しいものを食べたり、好きなドラマを見たり、趣味に没頭したりしてみてください。

その後に、ふと、問題に目を向けると、全く違った見え方ができるはずです。

例えば、新しいアイディアが出てきたり、全く別の選択肢が見えてきたり、自分本来の意思に気が付いたり、妥協点を発見するなど

このように、「現実的な行動」や「考える時間」を実らせるためにも、必ず『いい気分でいる時間帯』を、常に意識するようにしましょう。
.
.
最後に、どうしても手に負えない問題が発生した時の考え方について。

もし、いつまで経っても「苦しい、困った、どうにもならない。。」と感じるようであれば、それ以上は、自我の力に依存してはいけません。

悪い気分でいる時間帯が多くなれば多くなるほど、さらなる問題が起こりやすくなります。

なので、そういった時は『神様におまかせ』すること

我の強さで、悪い波動を出し続けるくらいなら、「なんとかなる」「大丈夫」と、大げさに考えず、天に委ねる気持ちでいた方が、解決に向かう展開になっていきます。

例えば、『お金の悩み』を無理に解決しようとすればするほど、人間関係が悪化したり、健康面でも心を病んだりと、マイナスがマイナスを呼び寄せてしまうわけです

だから、苦しい時、悲しい時、イライラする時など、人生が自分の思うようにいかない時こそ、「自我の強さ」を緩めてあげる必要があるんですね。

自分の心は、意識的に抑制しようと思えば、意外とすんなりコントロールできるもの。

要は、人から文句や悪口を言われても、平気と思えば平気なんです

お金の悩みも、人間関係の問題も、大げさに考えようと思えば、いくらでも悲劇のヒロインになることは可能ですよね。

でも、何とかなる!と思えば、「何とかなる展開」だけに焦点を当てることができます

それに、時に「逃げること」や「自分を甘やかすこと」も大事。

ぜひ、一日の中で、一分一秒でも長く『いい気分でいる時間帯』を大切にしながら、毎日を過ごしてみてください。

幸せ

「思い通りにならない」の発言は現実になる【小林正観】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬する、小林正観さんから学んだ『「思い通りにならない」の発言は現実になる』というお話をしたいと思います。

あなたは、今置かれている状況や環境に対して、どんな思いを抱いていますか?

今まで、一生懸命努力してきたことが実っているのであれば、それは自分の実力で勝ち取ったものであり、家族や友人のおかげ!と感謝の気持ちも持っているでしょう。

ところが、世の中には、人の2倍も3倍も努力しているにも関わらず、なぜか物事がうまくいかない人もいます

その原因は、一般的な視点でいうと、「やり方が間違っていたんじゃないか」とか「単純に実力不足やセンスの問題」として、片付けることが多いのかもしれません。

もちろん、身近に「タイミング次第でそのうちいいことあるよ♪」と励ましてくれる人がいれば、時間の経過を待って、立ち直ることも可能だと思います。

ただ、人一倍汗水たらしながら、誰よりもがんばってきた人が報われないというのは、明らかにおかしいですよね。

個人的には、どんな人の努力も報われてほしいですし、報われるべき!と、そう感じます。

このことに関して、小林正観さんは、『神様や宇宙を敵に回す言葉を使っていることが原因である』と、そうおっしゃっています。

これが一体、どのような言葉のことを指しているのか、おわかりですか?
.
.
おそらく、このことを知っても、神様の存在に確信を持てる人は、ほとんどいないでしょう。

神様は、普段の生活の中で、目に見える形で現れるわけではありませんから、怪しいと感じる人が多いのも仕方ありません。

とはいえ、それでも、もし本当に神様がいるのであれば、誰だって「自分の味方につけたい♪」と思いますよね。

この宇宙を神様が創造したと仮定すると、当然、人間の「肉体」や「魂」を創ったのも神様ということになるわけですから。

極論をいうと、神様の好む生き方をしなければ、人間が幸せな人生を送ることは不可能ということになります

そこで、神様が好む生き方を実践する上で、欠かせない教えが一つあります。
.
.
それは、斎藤一人さんと小林正観さんから教わった、神様や宇宙を味方につける手法。

地獄言葉(不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句)を口にせず、天国言葉(祝福神)を口にする。この『はじめに言葉ありき』を大切にすること。

【斎藤一人さんの8つの天国言葉】
愛してます、ツイてる、うれしい、楽しい、感謝してます、幸せ、ありがとう、ゆるします

【小林正観さんの7つの祝福神】
うれしい、楽しい、幸せ、愛している、大好き、ありがとう、ツイてる
.
.
なぜ、地獄言葉を口にせず、天国言葉(祝福神)を口にする必要があるのか。

その理由は、宇宙の法則では、自分が発した言葉によって「その通りの現実を引き寄せる!」仕組みになっているからです。

だから、日頃から「ツイてる!ツイてる!ツイてる!」と口にしていると、実際にツイてる現象が起きるようになります。

また、嫌な出来事があった時も「この程度で済んでツイてる」と口にすると、今度は『想像以上にツイてる出来事』を引き寄せるようになるんですね。

一方で、いつも「ツイてない、嫌になっちゃう、何とかしたい。。」など、こういった言葉を口にしていると、現実にもその通りの現象が起きてしまいます。

そして、そういう人に嫌な出来事があると、「何でいつもこうなんだ。運が悪いな。」と地獄言葉を吐き、今度は、『想像を絶するような負の連鎖』を引き寄せてしまうのです。

この現象は、波動(振動数)によるもので、目には見えないエネルギー(波動)が宇宙に届き、因果となって、自分自身の人生に還ってくるという不思議な構図になっています。

ちなみに、『不思議』という漢字は、「思っても議論してもいけない」と書きますよね

なので、不思議な話に対しては、「そういうものなのかな。。」と、それくらいの感覚で、あまり深くのめり込まないように注意しましょう。
.
.
では、天国言葉(祝福神)を口癖にしても、いい現象を引き寄せられない時はどうしたらいいのか。

もしかしたら、すでに多くの方が、言霊の力を使って毎日を過ごしているのかもしれません。

中には、「全然、自分の思い通りの現実にならない。。」と、「怒り」や「あきらめ」の気持ちを持ってしまっている方もいるでしょう。

実は、その原因になっているのが、「なかなか思い通りにならない!!」という発言。

これはどういうことかというと、すでに引き寄せている「小さな幸せ」に気付くことができず、大きな夢や理想ばかりを追いかけてしまうケース。

例えば、毎日あなたは、自分自身の意思で「ご飯」を食べ、「電車」に乗り、「会話」をし、「お風呂」に入り、「睡眠」をとっていますよね。

そういったことに対して、あなたは『感謝の気持ち』を持つことができていますか?

もし、普段から、「思い通りになっていること」に気付いているのであれば、「なかなか思い通りにならない」という地獄言葉は出てこないはずです。
.
.
つまり、引き寄せの法則を実践する時は、最初の段階から「すでに私は幸せで豊かな生活を送っています」という前提で、そこを意識しながら行う必要があるということ。

×「過去も今も不満だけど、未来に期待!」
○「過去と今に満足。未来は神様におまかせ!!」

世間一般的には、過去は変えられないけど未来は変えられる!ですよね。

でも、斎藤一人さんや小林正観さんの教えは、『過去に対する解釈を都合よく変え、今、目の前のことを大切にし、未来のことは神様におまかせ!』

これを実践する上でのポイントは、我の強さを解放させ、自我の力に固執しないことです

まずは、何があっても地獄言葉を言わない!!という段階からスタートしましょう。そして、少しずつでいいので、明るく優しい言葉で、周囲の人を元気づけること。

それだけでも、神様を味方につけることができます。

ぜひ、あなた自身の発する言葉で、幸せな人生を形成してみてください。