困っている人の人生が不幸とは限らない【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「あなたは困らないと学ぶ気にならない」というお話について、解説いたします。

世の中には、お金に困っている人や人間関係で困っている人など、ありとあらゆる悩みや不安を抱えながら生きている人がほとんどだと思います。

もちろん、ひとりさんにだって、嫌なことや苦手なことで面食らうこともあるので、現実的な視点で考えると誰にでも困ったことは起きます。

ただ、神的な視点で見ると、実は、困っているのではなく「学んでいる」という見方ができるのです

例えば、競馬やパチンコなどのギャンブルにハマってしまい、借金を抱えてしまった人は、困っているようで「お金のありがたみ」を学んでいるのかもしれません。

また、階段で足を踏み外し、片足を骨折してしまった人は、「不自由な人の気持ち」を知ることで、人に親切にすることの大切さを学んでいるのかもしれませんよね。

中には、毎日家に引きこもって、一生働かずに楽をしたい!という人もいますが、そういう人は「このまま何もしないとどうなるのか」を学ぶことになるでしょう。

このように、必ずしも「困っている人=不幸」とは限らないのです。

確かに、その当人や周囲の人にとっては、毎日、困っていて苦しんでいると感じるかもしれません。

ただ、そこで安易に手助けをしてしまうことで、「その人の学ぶ機会が失われる」こともあるので注意が必要。

じゃあ困るだけ困って、学んでいることに気付けない人はどうしたらいいの?と思うかもしれませんが、人は、「本当に困った状態にならないと学ぶ気になれない」という特徴があります。

だから、行き着くところまで行き着いて、「本当に何とかしたい!何でもやります!」という状態になった時、ようやく行動を変えられるようになるのです

例えば、仕事をしなくても親にお金をもらえる環境にいる子供は、支援してくれる親とつながりを持っている限り、なかなか行動を変えることは難しいでしょう。

その代わり、いずれ親が病気をしたり亡くなったりした時、お金の尊さを知り、親のありがたみを知り、仕事の価値に気付くなど、そういった一つ一つのことを学ぶことになります。

こういう話を聞くと、「最初から素直に聞く耳を持っていればよかったのに!」という人もいますが、人間が学びを始めるのは、困ってからでも遅くはありません。

むしろ、困ってからでないと、人は決意を持って学ぶ気にはなれないのです

「私は子供の頃からこんなに苦労してきたのよ」と、いくら子供に苦労話を聞かせても、その子供は困っていませんからね。

それよりも、あなた自身が幸せそうな顔をして、明るく、笑顔で、楽しいことに目を向けることが大事

そういう人の姿を見ていると、暗闇の中にいる人も、必ず光の方へ向かいたくなってくるもの。

学校へ登校できなくなった子供も、会社に通勤できなくなった大人も同じです。「あなたのためを思って言っているのよ!」という、あなたの言葉に愛を感じることはありません。

これは本当に大切なことなので、何度も言いますが、そういう言葉を使う前に、まずは、あなた自身が毎日、「明るくて、笑顔で、幸せそうな姿」を見せること

そして、いつもあなたの「ありがとう」や「感謝」などの、天国言葉を耳にしているうちに、少しずつ心を開き、愛と光を感じるようになるでしょう。

幸せ

ツイてる人が日常で意識している行動事例【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「ひとりさんの考え方」についてのお話。

ひとりさん自身の音声は、少し雑音が入っていて、あまり聞きとれないかもしれませんが、その点はご了承ください。

今回は、ひとりさんと大衆の多くの人との違いが、一体どこにあるのか、という部分をお話していきます。

斎藤一人さんは、とても魅力的な方ですが、実は、ひとりさんにも嫌なことは起きますし、時に苦手なことをやることもあります

ただ、人と同じような出来事が起きても、ひとりさんはツイてる人なので、すぐに明るい考え方にコロッと変えることができるんですね。

では、その「ツイてる人」とは、一体どんな生き方をしているの?というと、本当に数えきれないくらいの事例があるので、ここでは5つだけご紹介したいと思います。

1、例えば、旅先で会社から電話がかかってきたとします。そこで悪い報告があっても、不機嫌な態度をとらず、周囲の人に笑顔で「ツイてる♪」と言います。

2、車を運転していて渋滞にハマってしまった時、予定がズレてしまったり、疲労が溜まったりしても、愚痴や泣き言を言わずに「幸せだなぁ☆」と言います。

3、意見の食い違う人や、自分の話を一方的に否定する人が現れたら、「そうだよね、わかるよ」と言って、まずは相手を肯定します。怒る時は、言い方を変えるだけで喧嘩はしません。

4、毎日、「顔につや」を出し、何か一つでも光るものを身に着けて、いつも微笑みながら、自分と周囲の人の心が明るくなるような話をします。そうやって、常にいい波動を出し続けています。

5、悩み事があってじっくり考えこむことはありません。 悩む前に「行動し、失敗をしたら改良し、すぐに次の行動」をとる。このスピードが圧倒的に速いです。

このように、多くの方との違いは、ノウハウやテクニックというよりも「考え方」を大切にしていることです。成功する人は、こうした小さな例外思考をいくつも持っています。

つまり、起きる出来事は同じ。ただ、その出来事に対する「解釈」と「言葉」に明らかな違いがあるのです。

しかし、いくら成功法則の知識を得ても、多くの人は「自我」といって、自分独自の考え方や、周囲の人と同じ考え方を最優先して生活する傾向にあります

なので、地獄言葉を吐くたびに、自分が損をしていることに気付く人は少ないですし、外見も地味な服が無難で、行動もじっくり考えてから。。と、成功者とは真逆の生き方をしてしまうのです

ただ、人の魂には段階があるので、天命といって、今あなたがどんな人生を送っていても、日々学んでいることはあります。

例えば、「何も行動しない人」は、何も行動しないで時間の経過だけを待つと、その先の人生がどうなるのかを学んでいます。おそらく、「覚悟」や「決意」の大切さに気付くタイミングがどこかで来るはずです。

また、「聞く耳を持たない人」は、自分の考えに固執して生きていると、何で失敗し、何で成功するのか、そういったことを学びます。

そして、「人の悪口、愚痴、泣き言、不平不満」をまき散らしている人は、自分が出した悪い波動によって、いずれ病気をするなどの経験をし、小さなことから少しずつ感謝できるようになるのです。

冒頭でもお話したように、斎藤一人さんにだって嫌なことは起きますし、苦手なこともたくさんあります。この世の中に、何も学んでいない人、修行をしていない人は、誰一人としていません

ただ、何か問題が起きた時に、それに対する「解釈」「言葉」、これの積み重ねによって大きな差がついているというだけのことです。

このことを忘れずに、ぜひ、今日から何か一つでも実践に移すようにしましょう。

夢に向かって幸せの道に進む方法【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「夢を持つ人」の質問に対して、ひとりさんが回答する形式になっています。

本気で夢を実現させたいと思った時に、どうやったら自分の思うような展開になっていくのか、このひとりさんの回答を知っているかどうかで、だいぶ違ってくるのではないでしょうか。

一生懸命努力していてもなぜかうまくいかない時、みんなに応援されているけど苦しくて我慢だけが続く時、もしかしたら、今向かっている道が、幸せの道ではないのかもしれません。

幸せの道に向かっている時は、楽しくて夢中になって仕方ない時です

ひとりさんはよく、苦労の先には苦労が待っているといいます。

一般的な常識としては、苦労を乗り越えれば幸せになれるとか、我慢に我慢を重ねて強くなるとか、そういった間違った教育がほとんどだと思います。

しかし、そういった人が実際、幸せで生き生きと輝かしい人生を送っているかというと、真逆の窮屈な人生に追い込まれているケースが多いのではないでしょうか。

それでも、過去の苦労話を美化したがるのが日本人ならではの文化なのかもしれません。

ただ、本来の目的は、あなた自身が幸せになることです。親の考えとは違う進路に向かうことが正しいとしても、自分が不幸になってしまったら、後悔してしまったら、意味がありませんよね。

自分の人生は自分で決めること。そのためには「覚悟」を持って決意することが大事になってきます。

また、夢が無くて何をやったらいいのかわからない方は、興味のあることを片っ端からやってみてください。

何を始めてもうまくいかない場合は、前世でも今世でも、まだまだ経験値が浅いということですから、失敗を恐れずにチャレンジしてみましょう。

幸せ