将来の老後に役立つ魅力的な投資先【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「将来の老後に役立つ魅力的な投資先について」というお話をしていきたいと思います。

よく、老後の生活が不安!ということで、必死に、魅力的な投資先を探している方がいますよね。

もちろん、その発想は間違いではありませんが、その前の段階として、お金を増やすために心得ておくべきことが3つあります。

その3つを基盤とした上で、最後の段階で「投資」による資産形成を実現することが可能です。
.
.
①まず、一つ目は、お金を増やすことよりも、『減らさないこと』に意識を向けること。

誰だって、「お金を増やしたい!」と思って投資を考えるわけですが、それによってお金が減ってしまうリスクがあることも、頭に入れておく必要があるんですね。

だから、どれだけ信頼のおける、実績を持った会社にお金を預けるにしても、「1円すら戻ってこない可能性もある」ということだけは覚悟しておくようにしましょう。

これは、人にお金を貸す時もそうです。ひとりさんも、「貸したお金は返ってこないつもりでいるんだよ」と、そうおっしゃっています。

その理由は、単純に、お金を貸した時点で、返ってこないリスクが発生しているからです

このように、基本的には、お金は「銀行」に預金されている状況が一番安全。

そこから、どこか手の届かない所へ移動した時点で、多少なりともリスクは生まれます。

また、「投資ファンド」や「投資会社」に投資をする時は、お金を出した後に、投資額の一部が返ってきたとしても、元本を回収するまでは油断をしてはいけません

例えば、詐欺師の特徴の一つとして、投資家から集めたお金を何の運用もせずに、何度かきっちりと分配し、こちらを信用させた上で、さらに出資を募るといったケースがあります。

なので、「追加投資」などを考える前に、必ず『元本回収』を待つようにしましょう

魅力的な投資先を探していると、ついつい、お金を増やすことにバイアスがかかりやすくなるので、こうした「お金を減らさないこと」に、しっかりと意識を置いておくことが大事。
.
.
②次に、意識しなければならないことは『自己投資』

投資は投資でも、あなた自身が魅力的な投資先となることが、老後の生活を支える上で、一番の基盤となります。

例え、勤務先の会社を離れても、「あなたから商品を買いたい」「あなたと一緒に仕事がしたい」と、そう思ってもらえるように、人間としての魅力度を高めていく必要があるんですね。

だから、本を1冊読んでみるとか、テスト的に商品を1つだけ売ってみるとか、顔につやを出して服装を明るくするとか、何か一つずつでもいいので、自分自身に魅力をつけていくことが大事。

また、独立したいと考えているのであれば、「会社に行くのが嫌だから会社を作ります」ではなく、「すでに自分を必要としてくれている人がいるから独立します!」という動機でなければ、なかなかうまくはいかないでしょう。

これは、お客さんの立場をイメージするとわかるように、「事業の知識が浅い、格好は地味、商売の経験もない、さらには、勉強さえしていない人」から、何か商品を買いたいとは思わないはずです。

もちろん、株取引などで資産運用を行う場合も、「知識、考え方、スキル」などの基礎を1から勉強しなければ、素人のままで通用する世界ではありません。

全ては自己責任です。人任せでお金を出す前に、まずは、あなた自身の魅力度を高めるために、今できる「小さな努力」を始めるようにしましょう

このように、将来の老後のことを考えるなら、まずは、『お金を減らさないこと』と『自己投資を大切にすること』。この2つを常に、将来設計の基盤として意識してみてください。
.
.
③ここからは、いよいよ『魅力的な投資先』を考える段階。

まず、お金を増やすためには、貯めたお金を別の場所に預けて、働かせる必要があります。

そこで最も重視すべきポイントは、「リスク管理」を徹底すること。

中には、退職金を全部一ヶ所につぎ込み、「全財産を失った!」という方もいるようですが、決してそういうミスをしないように、慎重に進めていきましょう。

基本的な考え方としては、最悪、1円も戻って来なくても、生活に支障が出ない程度の「余剰資金」で、「分散投資」することをおススメします

その時に、最初は、国や銀行、証券会社、上場会社が絡んでいる「低金利で低リスク」のところから、順に手をつけていくこと。

例えば、定期預金、iDeCo(イデコ)、つみたてNISA、投資信託、ロボアドバイザーなど

確かに、定期預金をしても金利はわずかですが、何もせずにお金を増やすことができて、着実に返ってくる!というのは、それだけで魅力的なものです。

最近では、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」という制度が、注目されていますよね。

これは、確定拠出年金法に基づいて実施されている「私的年金」の制度で、公的年金にプラスして給付を受けることができます。

次に、ある程度、リスクが伴う投資先、例えば、株式投資、FX、ゴールド、仮想通貨など、こういったところにリスクをかけて、リターンを狙っていきます。

ただし、これらは先ほどよりも「ハイリスク」になるので、親や知人、友人などに相談をしても、反対されるケースが多く、適切なアドバイスをもらうことはできないでしょう。

なので、本を読んで「先人の知恵」から学ぶか、「独学」で一つ一つ検証記録をとりながらテストしていくか、「その道のプロ」から直接話を伺うか、こういった行動が必要になってきます。

ここで一つ注意点としては、3つ目の「その道のプロ」というのは、怪しい詐欺師がたくさんいるので、経営コンサルタント・高額塾の講師・セミナー講師などに依存をして、次々とお金を支払わないように、十分注意すること

というのも、こういった人達は、全員が全員ではありませんが、情報販売がメインの収入源で、実際は、株やFXで毎月利益を上げているわけではない!ということも多々あるんですね。

だから、基本的には、一般的に売られている『本』を参考にしながら、独自で検証を繰り返し、成果が出る感覚をつかんでいくことが大事。

そこで、「この人をメンター(師匠)にしたい!」と思う人を見つけ、日頃から、その人のSNSやメルマガなどで情報収集するようにしましょう。

自分がどんな人と相性がいいかは、いろんな人の考え方を学んでみないとわからないものです。

もちろん、その本の著者自身が、実際に、その分野で結果を出していることが絶対条件ですけどね

このような流れで、そこまで初期投資にお金をかけなくても、お金を増やすための「知識」と「経験」、そして「結果」を積み重ねていくことができます。

お金

体が弱かったから自分で青汁酢を作った【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「銀座まるかんを創業した経緯」というお話について、解説いたします。

ひとりさんは、子供の頃から体が弱く、本当に起きられないくらい体が重くてだるかったんだそうです。それで、しょっちゅうお医者さんが来て注射を打たれていました。

他の子ども達は元気に走っているのに、自分は立ち上がる動作だけでも精一杯の状態

当然、親御さんがひとりさんのことを心配して、西洋医や漢方などいろんなことを試しましたが、それでも治りませんでした。

そんな中で、本を読むのが好きだったひとりさんは、毎日1~2冊の本を読んでいたんだそうです。お風呂でもトイレでも本を読み、寝て起きたらまた本を読むという生活。

こういった生活だけを見ると、世の中には同じような人がいるかもしれませんが、ひとりさんの場合は、ちょっと変わった側面を持っていたのです。

なんと、本屋さんに行くと「自分に必要な本」が、なぜか出っ張って見えるんです。そして、本を読んでいると必要な言葉が浮き出て見えるんだそうです

しかも、そこで見た言葉は何年でも忘れないだけでなく、後々に、必ず使うことになるんだとか。

これは、普通に考えたらあり得ない話ですが、ひとりさんの場合はちょっと変わった人ですから、不思議な体験をすることが多くありました。

また、いろんな本を読みながら、自分の体がどうやったら健康になるのかを勉強しているうちに、ひとりさんは、人間の体が簡単な仕組みでできていることに気付きます

その簡単な仕組みとは、人間の体は「肉体」「魂」の2つでできているということ。

肉体は食事でできているので『食事のバランス』をとればいい。食事のバランスが摂れてくるときれいな血液ができてきれいな細胞ができます。また、魂というものは、『考え方』でどうにでもなることがわかりました。

つまり、不健康の原因は、食べ物が悪いか考え方が悪いという結論に達したのです

ただ、当時は健康食品が無かったので、自分で作った「青汁酢」を飲んでいたんだそうです。

そんな時、具合いの悪いお姉さんに飲ませてあげたら、そのお姉さんが元気になり、隣のおばあさんも元気になり、そのうちに、いろんな人がタッパを持って訪ねてくるようになりました。

そして、ものすごい数の人が「原料代を渡しますから」と言って来るようになり、仕入れにいかなければ量が揃わなくなってしまったんです。

そういった経緯で、斎藤一人さんは営業や仕事を全くしないまま、「日本漢方研究所(銀座まるかん)」の会社を創業することになったのです。

さらに、精神的な話を聞きたい人も増えて、ブラジルから来る人もいればテープレコーダーを持って聞きに来る人もいました。

しかし、当時、国自体が健康食品を認めてなかったため、その青汁酢は「食前の方が吸収がいいよ!」とか、「何粒飲むといいよ!」と言っただけで逮捕される時代。

しかも、そのことが「薬事法第何条に違反しました」という形で、犯罪者のように新聞に載る時代だったので、その活動を続けること自体がリスクでした

ただ、ひとりさんに助けられた人達は、強い恩を感じているので、大学病院に行ってひとりさんの話をして人を連れてくるなど、「先生のことは命がけで守るからこの運動を続けてください」と、そう言っていたんだそうです。

ひとりさんは、「自分の周りについてきた人が逮捕されるようなことはできない!」ということで、しばらくの間は、あまり規制が厳しくなかったダイエットの商品を取り扱うことにしました。

その時みんなに、「いつか必ず、この青汁という元の原点に戻るから!」と約束。この約束は、銀座まるかんによって見事に果たすことができました。

そして今でも、昔のように10人20人で膝をつき合わせて、仲間と語り合うのがひとりさんの楽しみとなっています。

優しさと笑顔を絶やさず人の悪口は決して言いません【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は『例外思考』についてのお話。

この「例外思考」というのは、斎藤一人さんの本のタイトルにもなっていて、それに関してひとりさんが質問に答える形となっています。

もちろん「例外」といっても、気が狂っているような悪い意味での例外ではありませんよ。あくまで、いい意味で、人とは違う考え方や行動をとること。

この話の中に出てくる白光の誓いは、私も毎朝10回唱えるようにしています。

【白光の誓い】

自分を愛して、他人を愛します。
優しさと笑顔を絶やさず、人の悪口は決して言いません。
長所を褒めるように努めます。

実は、こういった言霊の力を信じて、毎日、口にできる人というのは本当にごく僅かです。

9割の人は、人と違うことはしたくないという考え方なので、何かかしらの理由を考えて実践しません。

だからこそ、ちゃんと行動に移せたあなたは例外思考の持ち主

例外思考を持っている人というのは、例えば下記のような行動をとれる人のこと。

1、職場でいつも人一倍大きな声で挨拶をする。
2、自分の仕事が早く終わったら、周りに気を配って手伝ってあげる。
3、トイレ掃除をしているおばさんに「いつもありがとうございます」と声をかける。

このように、人の心が明るくなったり、人の気持ちが軽くなったりする行動をとることが例外思考。

他にも、例えば、出世をしても威張ることなく、今まで以上に明るく親切にしたり、部下が失敗をしても大勢の前では怒らず個別に注意するなど、そういうちょっとしたことも含まれます。

ただ、この例外的な行動をとるということは、当然、人とは異なるわけですから、とても勇気がいることですよね。

なので、まずはハードルを低くした上で、今の自分にできることから実践するようにしましょう。

途中で挫折してしまったり、嫌になってしまったりしないように、冒頭でご紹介した「白光の誓い」を毎日唱えることが継続のコツ。

最初は大変だなと感じることが多いと思いますが、その代わり、神様・自分・他人の3方良しの行いをしているわけですから、あなた自身に起こる現象は、どんどんいい方向に変わってきます。

もちろん、それがどのような形で返ってくるかは人によりますが、例えば、心に余裕ができていい気分で過ごせるようになったり、日々、引き寄せる出来事がこれまでとは違う展開になっていくでしょう。

ぜひ、勇気を出して、周囲とちょっとだけ違う例外思考、例えば、毎日元気よく挨拶をすることでもいいので、ぜひ、一日一回、実践に移してみてください。

幸せ