無気力感の改善に成功した3つの方法【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだことを参考に、「無気力感の改善に成功した3つの方法」というお話をしたいと思います。

私自身、普段からひとりさんの教えを学んでいても、なかなか気力が湧いてこない日もあります。

それは、現状に何か問題があるというよりも、ふとした瞬間に出てくる「過去の記憶」や「劣等感」といった潜在意識によるもの

ただ、そのことが頭ではわかっていても、人間は不完璧な存在ということもあって、どうしてもクリアにできないこともあるんですね。

だから、それを否定するのではなく、天国言葉を口にしつつ、その都度、『軌道修正』することが大事なのだと感じています。

無気力感が出てきて、モチベーションが上がらなくなってしまった時は、下記の3つを意識すると、状態が上向きになってくるので、ぜひ、参考にしてみてください。

「え?そんなこと?」と思うかもしれませんが、人生感覚の良し悪しは、どちらに傾く時もシンプルで小さなところから始まるものです。
.
.
1、『姿勢』を正す。姿勢が悪いと気が高まらない。

現代人はスマホをいじる機会が多いわけですが、スマホの操作自体が無気力感を生むわけではなく、日頃から「猫背」になる時間帯が増えてしまうことで、それが無気力の原因になるといわれているんですね。

なので、私は、気持ちが少し落ち込んできた時は、意識的に姿勢を正すことを心がけています。これだけで、自然と気力が戻ってくるのでおススメです

もちろん、リラックスすることも大切なことですが、悪い姿勢でいるだけで、益々ネガティブな考え方に陥ってしまうこともあるので、十分に注意しましょう。
.
.
2、『有酸素運動』を行う。精神不安な時は呼吸が浅い。

健康に欠かすことのできない運動の中でも、少し息が荒くなる程度の「有酸素運動」が大事です。

例えば、家の中でできる簡単なエクササイズでもいいですし、少し早歩きで家の近くを散歩するのでも構いません。

私の場合は、柔軟体操、軽めのシャドーボクシング、朝の散歩を毎日の習慣にしています。

誰でも経験があるかと思いますが、考え事をしている時間が長くなると、呼吸が浅くなって息苦しさを感じるようになりますよね

それで、ため息をつくわけですが、そういう時は、運動時の呼吸によって、酸素を「脳」に送り込んであげる必要があります。

もし、運動の時間が確保できない場合は、毎日1分間、「深呼吸」を繰り返すだけでも気力UPにつながるので、ぜひ実践してみてください。
.
.
3、『明暗』の焦点バランスを見直す。対策・準備は「暗」の領域である。

斎藤一人さんの教えを学ぶと、ものすごく気持ちが明るくなります。その理由は、自分自身の意思によって「明るい領域」に焦点を当てることができているからです。

一方で、無気力でモチベーションを失ってしまう時は、「暗い領域」に焦点が当たっているんですね。

例えば、将来のことで、一つ不安を感じるようになったとします。その時に、不安を感じながら対策や準備を始めますよね

これって、一見、正しい行動のように思いますが、これは「暗」に焦点があたっている状態なんです。

もちろん、間違った行動ではないかもしれませんが、「万が一のことが起きたら・・」という、『ツイてない人の発想』を入口としているわけですから、ツイてない現実を引き寄せやすくなります。

また、一つ、二つと、不安解消の行動をとっているうちに、明暗の焦点バランスが8:2から5:5になり、気付いたら2:8になるなど、いつの間にか、真逆の思考に変化してしまうこともあるので要注意!!

こうしたことから、「こんな悪いことが起きたらどうしよう」と考えた後は、必ず、「こんないいことが起きたらどうしよう♪」と、こういった形で、焦点のバランスを整えるようにしましょう。

『愛の解釈』が間違ってると捨てられる?【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「男の女の性質」についてのお話。

このお話は、あくまでひとりさんの観点でお伝えしているものです。

なので、どの意見が正しいか、「正しさ」を基準に生きている方からすると納得のいかない内容かもしれません。

ただ、世の中には様々な固定概念があり、その中の一つが男女関係ということ。

ドラマでも映画でも「男とは女を愛すべき存在」「女とは男に愛されるべき存在」と、そういう前提で展開するようになっていますよね。

だから、現実世界でも男が女を追いかけ、女は男に守ってもらうのが当たり前!という概念が染み付いています。

中には、ストーカーをするような人もいますが、とにかくそういった固定概念があるんですね。

しかし、ひとりさんは、そういった概念が、実は真逆であるということをおっしゃっています

「男は女に愛されたい生き物」であり、「女は男を愛したい生き物」であるということです。

これを信じるかどうかは自由ですが、言われてみればそうかもしれない!と心当たりのある人も多いのではないでしょうか。

例えば、男性であれば、「女性からモテたい」という感情があると思います。

また、女性であれば、「男性のために尽くしたい」とか、そういう母性本能のような感情が生まれることもあるでしょう。

このように、これまで当然だと思っていた男女の性質が、実は誤解で、本当は真逆の性質を持っていたのかもしれませんよね。

確かに、結婚した後も、女性は子供が生まれれば子供に愛情を注ぐわけですが、男性は、子供を愛しつつも、どこか女性から「愛されたい」という心が残っているような印象があります。

もちろん、一概に全てのケースで当てはまるわけではないでしょう。

しかし、浮気や不倫なども男性側に多いとなると、やはり男女の性質に対する大衆の考え方には、大きな誤解があるということになります

つまり、「男は女を愛するもの」「女は男に愛されるもの」、こういった固定概念を一度見直して、もしかしたら真逆の性質を持っているのではないか?という視点で見方を変えると、男女関係の改善につながる可能性があるということですね。