空の財布を持っていると貧しい波動が出る【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「空の財布を持っていると貧しい波動が出る」というお話をしていきたいと思います。

ひとりさんいわく、空の財布を持っているのが、波動的には一番よくないとのこと

波動というのは、人の「心」や「雰囲気」と同じように、目には見えないけど存在しているもので、「いい波動」もあれば「悪い波動」もあります。

例えば、笑顔で天国言葉を口にして人を褒めている時と、真顔で地獄言葉を吐きながら不機嫌でいる時とでは、出ている波動が異なるので、起きる現象も変わってくるんですね。

これを「お金」という観点で見ると、お金には『あるところに集まる』という習性があるので、なるべく財布の中身を肥えさせていた方が、豊かな波動が出るといわれています

また、財布の中に十分なお金を入れておくことで、その「豊かな波動」と同じ波動を持つものを引き寄せることが可能。

逆に、いつも空の財布を持っていると、「お金を持っていない」という意識から、精神的な余裕や心のゆとり、金銭的な安心感を持つことができません。

それによって、貧しい波動が出てしまうことになるのです

ここで一つ疑問となるのが、「銀行口座に残すのはダメなんですか?」というもの。

もちろん、それでも問題はありませんが、やはり豊かな波動で、豊かな現象を引き寄せたいと思うのであれば、まずは「財布」を膨らませておくことが大事。

また、普段からお金に対する「器量」や「忍耐力」を養っておくことで、入ってきたお金に対して「お金持ちの状態」を持続させやすくなります

例えば、ひとりさんは、給料が月20万円の人に対して、最低でも収入の1割(月2万円)を貯金することをおススメしていますが、これをすぐに浪費してしまう人には「忍耐」が足りません。

確かに、一般的には「財布に大金を入れると、ある分だけ使っちゃう、落としてしまう、盗られないか心配!」と言う人が多いわけですが、そこで、器量や忍耐が試されるわけです。

というのも、人は器量以上のお金を持つことができないんですね。そのため、宝くじなどの臨時収入で億万長者になったとしても、そういったお金は身につきません。

だから、まずは「忍耐力」を養いながら、大金を持てるだけの「器量」を育てていく必要があるのです。

そして、次に、意識すべきことが『知恵』

器量と忍耐で貯めたお金を減らさずに、どうやって保持し、増やしていったらいいのか、必ず「知恵」を使わなければなりません。

例えば、お金を持つと、「高金利で安心安全の投資先がありますよ♪」といったような「儲け話」に、自然と目がいくようになります。

また、テレビの報道でもネットでも、老後の不安を煽るようなニュースがたくさん出ているので、感情に流されて、非現実的な判断をしないように注意が必要!

仮に、「銀行」や「証券会社」が推奨している投資案件だとしても、相手は売買による手数料で利益をあげていますので、こちらにどれだけのメリットがあるのか、ちゃんと自分で勉強をして「知恵」を身につけておかなければなりません

意外と多くの人が、「将来的にこの会社は伸びますか?この銘柄はどうなると思いますか?」と、たくさん人に質問をしているようですが、大損をする前に「自己責任」の考え方に気付くこと。

中には、「全く勉強をせず、投資ファンドや投資会社にお金の運用を全て任せたい!!」という方もいますが、斎藤一人さんは、そういった手法をおススメしていません。

なぜなら、自分で学んで、自分で判断しないと「知恵」が身につかないから

では、例えば、株取引をする場合、具体的にどんな知恵を養うことができるのでしょうか。

事例1、値上がりを期待して買うのではなく、値下がりしそうにない株を買った方がいいな。
事例2、株価が安い会社は業績が悪いんだな。でも、好きな会社だし応援したいから買おう。
事例3、月に2万円は株に投資をして、利益に関係なく実践を通じて経験を積むようにしよう。

このように、株式投資だけで見ても、ありとあらゆる「考え方」があり、目的や動機に応じた「知恵」を用いることができるのです

個人的には、興味のある分野の本を何冊か読んだ上で、最初は自分の好きな銘柄を選び、少額で取引してみるのがいいと思います。

実際に取引してみると、どういった形での「資産運用」が自分の性格に合っているのか、向き不向きもわかってくるので、最適な方法が徐々に見えてきます

そして、こうした経験を何年か積み重ねた結果、「どうしても自分ではお金を取り扱うことが難しい。でも、どうにかしてお金を増やしたい!」と思うのであれば、信頼できる実績のある会社に運用を任せるのもいいでしょう。

ただ、ひとりさんの教えとしては、どちらかというと、お金は「増やす」よりも「減らさない」ことの方が大事。つまり、現時点では『銀行』が一番安全ということです

それをわかった上で、投資をする時は、慎重に、余剰資金かつ無理のない範囲内で、リスク管理を徹底すること。

お金

投資詐欺には十分注意するんだよ【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「詐欺師」についてのお話になります。

今も昔も詐欺というのは一つの社会問題になっていて、よくテレビでもやっているので知識がある人は多いと思います。

ただ、これからの詐欺は、高金利の都合の良い投資話のケースもありますし、その方法も巧妙になっているということで、十分に注意が必要ですね。

将来、年金がもらえるかどうか不安な方、今のまま貯蓄をしていて老後の生活が維持できるか心配している方など、詐欺師はそういった弱みにつけこんでくるので、普段からしっかりと警戒しておきましょう。

確かに今の時代は、銀行にお金を預けていてもほとんど金利はつきませんから、何らかの運用でお金を増やしたいと考える気持ちもわかります。

しかし、投資に関しては「高金利=高リスク」であることは間違いありません。

株取引やFXであれば少額で手軽に始めることができますが、やるのであれば資金管理の方法をちゃんと勉強した上で、地道に検証を繰り返していく必要があります。

また、国が推奨しているNISA(ニーサ「少額投資非課税制度」)やiDeCo(イデコ「個人型確定拠出年金」)でさえも、低リスクとはリスクが無いわけではありません。

ひとりさんいわく、投資詐欺の典型例としては、金利が高いというだけでなく、最初は安心させるためにちゃんと配当金などを支払うんだそうです。

そこで信頼させた上で追加投資をさせるという手口もあるようなので、その辺も油断しないように気をつけましょう。

せっかくコツコツと貯めてきたお金を騙されて失うわけにはいきません。

個人的には、投資話の内容というよりも、そんなおいしい話を自分のとこへ持ち込んでくる人間が表れること自体が不自然だと感じますね。

もちろん、長い間いつも仲良くしている人であっても、全財産を投じるなんてことは絶対にしてはいけないですよ。

また、ひとりさんの別の音声で、我が強い人や劣等感の強いほど「確実に儲かる話」を信じやすい傾向にある!というお話を聞いたことがあります。

一度失敗して、それが勉強代になったとか、良い経験になったという程度で済めば、それを教訓に立ち直ることもできると思いますが、一か八かのギャンブルみたいなやり方はダメです。

仮に、そのような形であぶく銭が入ってきても、この世の中は『バランスの法則』といって、自分が何も与えずに一方的にお金が入ってくる状態を作ることは危険!

何が危険かというと、例えば、強盗に入られて持っていかれたり、命を奪われるようなこともあるようなので、お金に対する考え方をしっかり勉強して、気を引き締めて人生と向き合っていきましょう。

お金

老後の不安に備えて今からできること☆【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今回の動画は「賢く生きましょう」というお話。

賢く生きるといっても、人を騙したり詐欺をしたりするような賢さではありません。

また、学校の勉強ができて成績が良かったという賢さでもない。

いかに社会に出てから現実的に役に立つ思考を持てるかどうかという意味での賢さのことをいっています。

だから、例えばサラリーマンの方が副業をして副収入を得るためには、ちゃんと勉強をして知識を身につけなければなりませんよね。

株取引やFXなどの投資をやるにしても、人よりも少し賢くなる必要があるので本を読んで学ぶといった努力が必要。

これは商売にも同じことがいえるとひとりさんはおっしゃっています。

なぜなら、学校時代は人のノートに書いてある答えを見てはいけません。しかし、社会に出ると繁盛店のお店を見て研究することができます。

要はいろんな勉強会でも講演会でも、とにかく儲かっている人の特徴は、何かを研究していたり成功している人に会いに行ったり、何かかしら行動しているんですね。

そこで良いアイディアが出てきたりする。それが、家でじーっとしていて何の行動もせず、悩んでばかりいるのは賢いとはいえません。

これは別に仕事面だけでなく、普段使っている言葉も同じ。斎藤一人さんの天国言葉を知っても、実際にその言葉を口にする努力をしていないとか、そういう人は賢くありません。

教わってもやらない、知識を得てもやらない、不幸なのに幸せになるための行動をとらない。。

つまり、賢い人というのは、暗記の勉強が得意な人のことではなく、明るい言葉を使ったり笑顔でいたり親切にしたり、本を読んでみたり、そうやって今の自分から一歩一歩と前に進んでいる人のことをいうんです。

そして、何か1個新しい知識を得たら、それを惜しみなくまだ知らない人に教えてあげる。何か一つ経験したら、その経験を人に伝えてあげる。こうしたことを実践してみてください。

商売でも物が売れなかったら、同業者で流行ってる他社を研究しに行くとか、そういうことをやって本当の意味で頭が良い(賢い)人生を送るようにしましょう。

大事なことは今の自分にできる小さなことを一つ一つこなすこと。暇な時間が多いなら心を揉むのではなく、整理整頓をしたり掃除をしたり、何か工夫して改良できるところはないかと考えてみること。

斎藤一人さんの教えに「微差の追求」という言葉がありますが、これの楽しさを覚えると本当に細かい小さな努力が毎日楽しくて仕方なくなってきますよ。

お金