ネットで人を叩く人が抱える心の闇とは【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「ネットで人を叩く人が抱える心の闇」について、お話したいと思います。

ひとりさんいわく、人間は不幸な時に人をいじめたくなる!という特徴を持っているとのこと。

これは何となくわかりますよね。今を幸せに生きている人であれば、わざわざ他人の粗探しをしようとは思いませんから

おそらく、ネットで誹謗中傷することで、自分の人生がうまくいかない現実を紛らわそうとしているのでしょう。

しかし、そういった「文字媒体での地獄言葉」というのも、宇宙の法則では『悪因』になってしまうので、現状の苦しみが緩和するどころか、どんどん不幸を加速させることになります。

また、これは個人的な意見ではありますが、汚い言葉を使う人に対しては、一切妥協せずに、厳しく対処すべきと感じています。

やはり、斎藤一人さんもおっしゃっているように、暗い人が明るい人に合わせる世の中になる必要がある

というのも、明るく楽しく生きている人達が、何か問題が起きる度に、暗い人達に「波動」を下げられてしまうと、全体が停滞してしまうんですね。

だから、悪質な行為に対しては、常に毅然とした態度をとり、場合によっては法的に処分しなければなりません。
.
.
こういう話は、すでにいろんなところで聞いているのかもしれませんが、それでも特に日本人は、優しくて親切な方も多いので、「悩んでいる人がいたら助けてあげたい!」と、そう思ってしまいますよね。

ただ、『悩み』って、たいてい自分のことだけを考えている時に出てくるもので、「あの人がこうで・・」という悩みであっても、元をたどれば自分自身を一番に考えているわけです

なので、自分が地獄言葉を吐くたびに、相手の「明るい心の灯が消えてしまうかも・・」という、ちょっとした想像力を持てる人は、そんな頻繁に「悩み相談」をすることはないはず。

もちろん、「この人の意見を参考にしたい!」という前向きな動機で、自分のことを話して、相手の意見を聞き入れるといったケースであれば、相手にとっても「頼られてうれしい♪」と感じる側面はあると思いますよ。

その代わり、『愚痴・不平不満・泣き言・文句・悪口』のオンパレードだとしたら、相手にとってはメリットどころか、暗い気持ちになるだけで、さらに地獄言葉が別の人にも拡散されていくことにもなりかねない。

中には、「ストレス発散の場は大切である!」と主張する人もいますが、ストレスの発散を理由に、人に迷惑をかけたり、傷つけたり、心を暗くしたりしていいわけがありません

どんな理由があってもダメなものはダメ!そもそも、あなたが不幸に生きていることと、他人が幸せに生きることは全く無関係ですからね。
.
.
ネットで人を叩く人が抱える心の闇とは、「何で自分だけがこんなに不幸なんだ・・」という強い劣等感。

これは、ネットで書き込みをしていない人であっても、心の中にコンプレックスを持っている人は多いのではないでしょうか

普段から、「何であの人が出世するんだ。許せない・・。」と感じたり、「あの人がいるとイライラする」「早くいなくなればいいのに」と思ってしまうなど。

これは、他人との比較や競争社会を生み出した、日本の『学校教育』や『文化・風潮』が影響している側面もあるのかもしれません。

ただ、何が原因であれ、どんな理由であれ、神の視点から見ると、「その中で幸せになりなさい」ということになります

斎藤一人さんいわく、神様は、直接幸せを与えるというよりも、『幸せになる材料』を山ほど与えてくれているんだそうです

だから、自分に備わった外見や性格、能力など、それらをフルに活用すれば、人生をトータルで見た時に元がとれるようになっている。

要は、苦労が多い人であれば、その分、「幸せを感じる機会」もちゃんと用意されているんですね。

例えば、過去の人生を振り返った時に、自分をいじめた憎い人のことを思い出すことがあるとします。

でも、過去に出会った人の中には、「優しく声をかけてくれた近所のおじさん」がいたり、「たわいもない会話に付き合ってくれた友人」がいたり、「困っている時に助けてくれた家族」がいたりしたはず。

そして、幸せのハードルを下げてみると、無条件に寝泊まりできる「住む家」があり、当たり前のように毎日「食事」が目の前に出てきて、気付いたら「着る服」が洗濯されてきれいになっている。

さらに深掘りすると、世の中には、膨大な借金を抱える人、貧困で飢えている人、難病や障害で苦しんでいる人、暴力から逃れられない人などがいるけれど、自分は五体満足で、それなりに豊かな生活を送ることができている。

そうやって一つ一つの幸せをかみ砕いてとらえた時、人生全般で見ると、自分の人生が悪くないどころか、この時代の日本に生まれただけで『運がいい』ともいえるわけです。

確かに、上には上があるけど、下には下があって、どれがいい悪いじゃない。その中で、どうやって自分自身が幸せを見つけ、幸せを感じ、生きていくか

そう考えた時、トータルで見れば幸せ!そう明るい解釈ができるようになるはずです。

幸せ

夢が叶った前提で動くとなぜかうまくいく【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「夢が叶った前提で動くとなぜかうまくいく」というお話です。

私自身もそうでしたが、たいてい子どもの頃に、親や先生から「目標を持つことの大切さ」を教わるものですよね。

もちろん、夢や目標を掲げて、そこに向かって行動すること自体は間違いではありません。

ただ、ひとりさんのような成功者の感覚としては、成功したから魅力的な人になったというよりも、成功する前の段階から、すでに魅力的であるといった特徴を持っています

例えば、お金持ちになったから心が豊かになって、人に親切にできるようになる!ではなく、『お金持ちになる前から心が豊かで、人にも明るく声をかける』など、いつも親切にしている状態。

つまり、私が斎藤一人さんから学んだことは、夢は追いかけるものではなく、すでに夢が叶った前提で行動しなければならない!ということなんです。

「え?人生って波乱万丈で、どんなに苦しくても、その辛い荒波を乗り越えてこそ、最高のゴールが待っているんじゃないの?」と思うかもしれません。

でも、そういう話って、自分で考えた答えではなく、実は、子どもの頃に身近な人から、何度も何度も聞かされた話ではありませんか?
.
.
正直、私も若い頃は、社会にうまく適合するための努力ばかりをしていましたし、現状の自分や人生そのものを変えたくて、本当に限界まで必死に頑張っていました。

ところが、その結果として、自分が変われたのか、幸せな人生を手に出来たのかというと、前進どころか後退ばかりで、次から次へと、嫌な人や嫌な出来事との縁が続いていたんですね

おそらく、世の中にはハングリー精神で、周りの人には負けたくない!!といった強い気持ちを支えに、毎日の生活を送っている方々が、たくさんいらっしゃると思います。

きっとそこには、様々な思いがあり、事情があり、経緯があるのでしょう。だから、私がその人達の考え方に対して、口を出してはいけないのかもしれません。

ただ、私自身の経験から、過去の自分に言えることとしては、「もっと自分を愛してよかったんだよ♪」の一言に尽きますね

そんなに自分を追い詰めなくても、幸せはもっと近くにある。どこか遠くの存在だと勘違いしていただけで、幸せは、本当に少し手を伸ばせば、すぐ近くにたくさんあったと感じます。

もしかしたら、学生時代に斎藤一人の本や音声と出会っていたら、もっと違う人生になっていたのかもしれませんが、こればかりは人生のシナリオですから、挫折も栄光も全てのタイミングは、予め決まっていたことなのでしょう。
.
.
改めて、夢が叶った前提で動くという意味を解説すると、要は、宇宙の法則では、「今の自分」が発した波動が、「未来の自分」を創る仕組みになっているということです

例えば、車を運転していたら渋滞にハマってしまった。そこでイライラして前の車を煽ったり、鬼の形相で隣の人を怒鳴りつけたとします。

すると、数日後か数年後か、どこかのタイミングで、今度は、「お店で注文した商品がなぜか自分のところにだけ来ない!」などの現象が起き、イライラして店員を睨んで怒る!!といった状態を生み出してしまうわけです。

この『負の連鎖』を止めるためには、その都度、「あ、過去の悪因が返ってきたんだな・・」と気付いて、もう同じことを繰り返すのはやめよう♪と、イライラしてしまう自分をゆるすこと。

ここは特に大事なポイント。誰だって人間なので「感情的になること自体」を避けられるわけではありません

その代わり、ネガティブな感情を否定せずに、「そうだよね、わかるよ。その気持ちわかる」と肯定し、一旦ゆるしてあげることはできますよね。

つまり、一番よくないパターンは、イライラしてしまった後に、罪悪感や自己卑下、自分は何をやってもダメ、不運な人間なんだと、その感情自体を否定してしまうことなんです。
.
.
なので、そういった否定がいくつも積み重なる前に、「今日は、ちょっとだけ人に優しくできた」「今日は、怒鳴らず冷静に話ができた」など、そういう肯定のクセを身につけるようにしましょう。

また、この宇宙理論をプラスに働かせたい時は、将来の理想的な生活を具体的に書き記して、それが今、現実になった前提で、妄想やワクワクしながら毎日を過ごしてみてください。

これを実践することで、本当に絶妙なタイミングで、その「イメージ」や「感情」が未来の自分に反映されることとなります

よく、学生の頃に、「受験する学校の下見に行った方がいいよ♪」といわれるものですが、それによって、進学後のイメージが鮮明になりワクワクするのであれば、それも夢を叶える上で、実際に効果のある一つの方法です。

日々、世の中のニュースを見ていると、どうしてもマイナス思考に陥ってしまうこともありますが、『幸せに焦点を当てるか、不幸に焦点を当てるか』は自分次第。

どうしても気になってしまう情報に対しては、「~のせいで」ではなく「~のおかげで」と、少しでも気持ちが明るくなる解釈に目を向けるようにしましょう。

『いい気分』でいるのに嫌なことが起きた時の対処法

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだことを参考に、『「いい気分」でいるのに嫌なことが起きた時の対処法』というお話をしたいと思います。

あなたはこれまでに、いい気分で過ごしているにも関わらず、嫌なことが起きてしまい、その「いい気分」をやめてしまった経験はありますか?

実は、どれだけ引き寄せの法則を理解している人であっても、いい気分が一瞬で「悪い気分」になってしまうことってあるんです

例えば、非常識な人と出会ってしまったり、人間関係がうまくいかなくなったり、なぜか、ふと将来に対して、漠然とした不安を抱いてしまったりすることもあります。

でも、それは必ずしも、あなた自身が過去に作った「悪因」とは限らないんですね

いつもワクワクしていて「いい波動」を発している人も、そういった過程を踏みながら、最終的に「いろいろあったけど、よかったね♪」と言えるような人生を送っているのです。

だから、ネガティブな感情が出てきた時は、冷静に、「神様からのお試しが来たな♪」と、解釈するようにしましょう。

あなた自身に『幸せになる覚悟』があるのか、いい現象を与える前に、天の神様がテストしている。

そのテストを一つ一つクリアすることで、次に待っているのは「うれしい出来事」です

そのうれしい出来事は、過去に出会った「嫌な人」や「嫌な出来事」がなければ、心の底から『うれしい!!』と感じることができなかったのかもしれません。

だから、こうした正負や裏表が存在することで、あなたは、どんな人生が幸せで、どんな人生が不幸なのかを判別できるようになっているんです。
.
.
では、逆に、いい現象だけが起きて、悪い現象が全く起きなかったとしたら、人間はどんな人生を送ることになるのか。

もちろん、自ら好んで、嫌な人や嫌な出来事を引き寄せたい!と思う人はいないでしょう。

できることなら、全ての物事が、自分の理想通りの展開になってほしいものですよね。

しかし、人間は「何か困ったことが起きないと学ばない」という習性を持っているので、失敗の経験がなければ、知恵も出てこないので、新たな成功を築くことができません。

そうなると、人類の進化がそこでストップしてしまうわけですから、もし、この世が幸せだけの世界だとしたら、『現代の豊かな暮らし』とは程遠い、過去の時代が、ずっと続いていたかもしれない。

そう考えると、例えば、自分勝手で冷たい人との出会いがあればこそ、思いやりがあって優しい人との出会いに感謝ができますし、そこに幸せや喜びを感じることができます

また、仕事のミスやトラブルがあるからこそ、反省点・改善点がわかり、効率化の大切さを学び、柔軟な対応力を養うことができますよね。

このように、自分に起きた問題は、起こるべくして起きている。何も起きなかったら成長もないし、成功もない、幸せもない。だから大丈夫!と、とらえるようにしましょう。
.
.
日々、いい波動で気分よく過ごしている人は、何だかんだで最後はうまくいくようになっています。

後から振り返った時に、「あの出来事があったから今の自分がいる」と、そう思える結果になるんですね。

このことを知っていると、病気や事故などの不運とも思えるような出来事に対しても、これは神様からの愛だから、きっと何か意味がある。感謝の気持ちを大切にしよう!と思うことができます。

その代わり、普段から愚痴や悪口ばかり言っている人は、自ら蒔いた悪因を自ら刈り取っている状態なので、まずは、その悪因を断ち切るところからのスタート。

生まれ変わりの回数が少ない人は、まだ魂が未熟なので、そういう人にとっては「地獄言葉」をやめるだけでも、一歩前進です。

また、いいこともなければ、悪いこともない・・。そう感じる人は、もう少し積極的に、「人の喜ぶこと」「人の役に立つこと」に目を向けることが大事

例えば、人に優しくしてもらいたいのであれば、まずは、自分が人に優しくすること。与えた分だけ、自分も得ることができるので、そういった、『目には見えない因果関係』を意識してみてください。

仕事であれば、何かサービスを提供して、その結果、本当にお客さんが喜んで満足したのであれば、その分の利益が必ず残るはずです。

逆に、人を喜ばせずして得たお金は、悪因を残して消えていくので、金銭トラブルや強盗などの被害に遭う可能性が出てきてしまいます。その点は十分注意しましょう。