苦手なことは任せて得意なことで貢献しなさい【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

斎藤一人さんの一日一語を要約した、一日一伝をお送りいたします。

本日の一日一伝は、『苦手なことは任せて得意なことで貢献しなさい』
.
.
できないことは無理にやらないでいい。

やってくれる人が必ずいるから。

苦手なことって、誰にでもある。

できないからって、落ち込むことも、卑下することもないよ。

自分に向いていないと思ったら、誰かに任せればいいんだよ。

絵をかくのが苦手でも、パソコンが苦手でも、文章を書くのが苦手でもいいんだ。

近くに、得意な人はいるはずだし、いなければ探せばいいだけ。

得意な人にまかせた方が、自分でやるより正確で、早くできるからね。

その分、あなたの得意なことを やってあげればいいの。

得意なことをやった方がうまくいく。本当だよ。

さいとうひとり
.
.
ここからは、斎藤一人さんの、「苦手」なことに関する名言集をお届けいたします
.
.
人はそれぞれ、得意なことを 一生懸命やればいいの。それで、苦手なことは、必ず誰かが助けてくれるから。人はそうやって 助け合い、補い合って、生きていくものなんだよね。

さいとうひとり
.
.
.
人間はもともと、修行をするために生まれる。修行とは、嫌なこととか、苦手なことと決まっています。どんな修行も、時間が経てば終わる。ですから、修行を笑顔で乗り越えて、神様にごほうびをもらいましょう。

さいとうひとり
.
.
.
人間っていうのは、どんな時代が来ようが、何しようが、自分の不得手なことをやって、うまくいくことはないんです。なぜかっていうと、苦手だから。苦手なことをやっても、うまくはいかない。だから、自分ができることを考えればいいんです。

さいとうひとり
.
.
.
「出来の悪い子をほめるには どうしたらいいんでしょう」、なんて言うけど、そのことに触れること自体、ダメなんだよ。成績の悪い子に、成績の話をしても、傷つくだけなんだよ。成績の悪い子には、成績以外の話をする。その子が苦手なことにはふれない。

さいとうひとり
.
.
.
人間誰でも、苦手なことってあるんです。私も、苦手なことってたくさんあります。それもみな、神様が与えてくれたものなんです。苦手なことがあると、自分の未熟を知って、人にやさしくなれるんです。

さいとうひとり
.
.
.
人間って、神様じゃないから、できないこととか、苦手なことがあって当然なんです。私は平気で、「私はこれができないんだよ」「ここが弱いんだよ」ということを言うんです。そうやって表明しておけば、必ず周りから、助けてくれる人が 出てくるからです。

さいとうひとり
.
.
.
私は漢字が苦手です。ほんとうに、がんばって努力しても、漢字が書けないのです。そういうとき、ふつうの人は、オレってダメだな。漢字もろくに書けないんだから、と考えるでしょ?でも一人さんは違う。漢字が書けないという、そのことに、神様の愛を感じます。

さいとうひとり