目には見えない気づきがピンチをチャンスに変える

何か困ったことがあると、人はすぐに現実を否定してしまう。

このままではダメだ。何とかしないと。もっと悪い状況になるかもしれない。

でも、実は、人間に困ったことは起こらない。

困っているのではなく、学んでいるんだ。

自分の心と向き合わないと、気づくことができない学びがあるんだよ。

それでも、「そんなことはない。本当に困っているんだ」と、ただただ苦しみ続ける人もいる。
.
.
きっとその人は、困った時だけ、神を信じ、祈りを捧げるのだろう。

そして、問題が解決した途端に、神を信じる心を忘れ、自分にしか関心がなくなるのだ。

困っている人が学べること。それは、幸せの道からそれた部分を軌道修正すること。

よく、「あの出来事があったから今がある」と過去を振り返る人がいるけど、この言葉こそが学んだことを意味している。

だから、困ったことが起きたとしても、大丈夫。なんとかなるから。

例えば、お金に困っている人をすぐに助けてあげれば、その人は一時的に救われたような気持ちになるだろう。
.
.
ところが、何も学ばずに形だけ解決をしても、神はその人が学びと向き合うまで、同じ問題を出し続けるんだ。

「考え方を変えなさい」「やり方が間違っているよ」「その方向に進んだら危ないよ」と、常にメッセージを与えてくれている。

あなたは、今、何か困っていることがあるだろうか。ピンチはチャンスという言葉があるように、本当にピンチはチャンスにつながっている。

ただ、人によって学ぶべきことは異なるので、他人と比較する必要はない。

自分から素直に人の力をかりる勇気が必要な人もいれば、心から叶えたい夢に向かって行動する覚悟が必要な人もいる。
.
.
学ぶことが何にせよ、あなたが、今困っていることは、必ず学びに変わる。いや、すでに変わっているから大丈夫。

「苦しいなぁ」とか「寂しいなぁ」「大変だなぁ」って感じること自体が、すでに学びだから、何の問題もないよ。

あなたの魂はスムーズに成長している。きっと、その経験によって、あなたの心は愛に満ち、もっともっと人に優しくなれるから。

一日一歩。昨日の自分よりも、ちょっとだけましになればいい。

転んだらまた立ち上がるだけ。生き抜いているだけで立派だよ。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です