新型コロナウイルスの件で一人さんの見解【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、『新型コロナウイルス』に関する斎藤一人さんの見解をお伝えしたいと思います。

このお話は、ひとりさんの「お弟子さん」や「特約店」の方の情報を参考にしたものです。どう解釈するかは個々の判断となります。

というのも、この世の中に絶対的な答えがあるわけではありません

なので、「ひとりさんは何とおっしゃっていますか?」と、聞き回りたくなる気持ちもわかりますが、これからは、ひとりさんから学んできたことの一つ一つを、大切に育んでいくことが大事ですからね。

まず、今回のコロナの件を一言でいうと、『今はわからなくても、後からわかる』とのこと。

この言葉の意味としては、神様は人間に天罰を与えているわけではなく、魂の時代において、「新たな時代」へ移行するために、起こるべくして起きている問題!ととらえることができます。

なぜ、私がそう解釈したのか。その理由は、ここ数年前から、ひとりさんの「一日一語」や宮本真由美さんの『斎藤一人 AI時代が来ても「絶対必要な人」になる方法』という本にも書かれていたように、ベーシックインカムの未来を示唆するような内容が記されているんですね。
.
.
ベーシックインカムとは、「国民が無条件に国や会社から一定のお金を分配してもらう」制度で、これによって働きたい人だけが働く環境になるというもの。

これによって、極論、昔の貴族のように遊んで暮らせる時代が到来し、個人の魅力に焦点が当たるようになる!!といわれているんですね。これが「魂の時代」。

だから、これまでのような、学歴の時代でもなければ、競争の時代でもない。さらに、性格が悪くても立場が強ければ勝てる!といったような時代でもない。21世紀は魂の時代なんです。

その魂の時代に移り変わるきっかけとなっているのが、今回のコロナ騒動なのでは?と、個人的にはそうとらえています。

なぜなら、斎藤一人さんのお話の中で「夜明け前が一番暗い」という言葉があるように、大きな転換期を迎える時期が、一番大変な時なんですね

実際に、過去の歴史を振り返るとわかるように、長期的に見ると、大正→昭和→平成と、「戦争」「災害」を経験しながらも、時代はよくなってきました。

だから、この令和時代も、みんなが想像している以上にすばらしい時代がやってくるはず。これは信じたい人だけが信じてみてください。
.
.
最後に、新型コロナウイルスについて、斎藤一人さんがおっしゃっているポイントを5つほどお伝えいたします。

1、「必要な恐れ」は持ち、必要のない恐れは持たないこと。

2、心の抗体を作るため、私たちはいろんな試練を乗り越えることで、「心」も「免疫力」もつき、強くなっていく。

3、これからは、魂の成長をする人としない人が二極化していく。

4、コロナを通じて、私たちは真剣に、自分の体、健康と向き合い、経済(お金)のことも学ぶべき時。

5、今、しっかり自分作りをして、天命を信じて人事を尽くしている人は、神に守られ、あなたのところに日が当たる。
.
.
今回のお話は、斎藤一人さんのお弟子さんや特約店の方のお話を参考にしたものです。

もしかしたら「何も参考にならなかった」と感じる人もいるかもしれませんが、あなたが幸せに生きるか不幸に生きるかは、あなた自身で選択することができます

あなたの現状は、今、とても苦しい状況にあるのかもしれません。

世の中がこんなに暗い状況で、どうやったら幸せになれるんだよ!!」と、叫びたい気持ちで、毎日を生き抜くことに精一杯かもしれない。

でも、今は、「こうなったら幸せになれるのに・・・」と、幸せに条件をつけるのではなく、『何があっても笑顔で幸せな人生にするぞ!』と、覚悟を決める時です。

例え、政治家や会社が、自分の思うように支援をしてくれないとしても、仮に生活が困窮してしまうとしても、この現状の中で打てる一手を見つけること。

私は、斎藤一人さんを師匠として生きているので、「今はわからなくても、後からわかる」という、ひとりさんの言葉を前向きに解釈しています

今日も一日、明るく、人に親切にしながら生きていきましょう。

1000年周期で変わる新しい波動の到来【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は、「21世紀はバランスと愛の時代」というお話。

この世の中は陰と陽のバランスでできていて、波動というものが1,000年周期で変わるんだそうです。

陰と陽のバランスがとれた状態とは、男性と女性が同じくらいの力を持つ。つまり男女同権のことです。

20世紀まではずっと、女性の地位が圧倒的に抑えられてきていて、「陽」にバランスが偏っていたんですね。

陽の波動が強いと、争いや戦争を引き起こすことが多く、とにかくトラブルが絶えません

これが21世紀では、女性の地位が向上してきて、今の日本は特に、男性と女性が同じぐらいのバランスになってきていますよね。

ひとりさんいわく、この陰と陽のバランスがとれた時、平和が来て、それで「愛の時代」になってくるとのこと。

だから、21世紀の現代は、箱根駅伝でも野球でも、負けるな!絶対に勝て!といったような、監督の厳しいスパルタのところはなぜか勝てなくなってきています。

また、暴力事件やパワハラなどの問題も、テレビやネットなどで露呈するようになりましたよね。

その理由は、冒頭でもお話したように「波動」が変わったからです。

陰と陽のバランスがとれると、この波動で戦争が起きることはありません。平和になる本当にいい時代。

そして、競争よりも協力を意識して、仕事でも売り上げさえよければ!ではなく、お客さんとお互いに、心と心が通じ合うことを大切にした方が、なぜかうまくいくようになります。

また、例えば、この町から不幸な人をなくすんだ!という強い使命感を持って、劣等感で悩んでる人に天国言葉を教えるでも何でも構いません。

みんなが幸せに生きられるように、助け合っていくことが求められる時代です

だから、今までのように、よそのあいつには負けたくない!とか、そういう人は必ず消えていくことになります。

学校でも会社でもスパルタで競争ばかりをしている人が、以前のように勝ち残っていくことは難しいでしょう。

その理由は、何度もいうように、1,000年周期で変わる波動が、ようやく21世紀から変わったためです。

そこで、斎藤一人さんが教える「平和を祈るのにいい言葉」。少しでも平和で、住みよい地球にするために、平和を祈るいい言葉があります。

その言葉とは「平和だなぁ♪」。これだけです。それだけ?と思うかもしれませんが、これを毎日100回ずつ唱えられる人がほとんどいないのです。

多くの人は、評論家でも何でも、世界の不幸を探し出してきて難しいことを語ります。

はっきり言って、それでは永久に幸せになることはできません。

ぜひ、今日から、「平和だなぁ」または、「幸せだなぁ」を一日100回ずつ言うようにしましょう

『人が一番楽しい時』あなたのおかげで助かった【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「楽しく仕事をする魂の時代」というお話。

日本の教育では、とにかく勤勉に真面目に働くことが正しい!と言われることが多いと思います。

その中で「楽しく仕事をしましょう!」といえば、「楽しむ暇があるならもっと努力しなさい!!」とか、「遊び心を持つ人は怠け者だ!!」という概念がどこかにありますよね。

でも、実は、21世紀の時代というのは、「一人一人が楽しく仕事をする魂の時代」なんです

だから、競争に勝てばいい時代でもなければ、権力者の時代でもなく、個人が楽しく生きる時代。

斎藤一人さんが教える「楽しい」の意味というのは、「あなたがいてくれてよかった!」と言われるような生き方をすることです。

一般的に楽しいことといえば、パチンコやギャンブルなどをイメージするかもしれませんが、決してそういう意味ではありません

「あなたがいてくれてよかった」「あなたのおかげで助かった」と思われるような楽しい人生を送る時代が、現代人に求められる生き方なんですね。

ひとりさんいわく、これを魂の時代といって、人間が喜びを感じ、楽しみを感じ、生きがいを感じる生き方をする必要があるということ

なぜなら、アメリカ式で「効率」ばかりを追求し続けるやり方では、人間が壊れてしまうからです。

もっと気軽に、心の余裕を持ちながら仕事をしないと、自分のことだけで精一杯になってしまい、なかなか人に喜んでもらうような生き方をするって難しいですよね。

ただ、どうしても日本の教育では、「上を目指せ!」という教えが根本にあって、学歴でも何でも目標を高い所に置いて、トップを目指すのが正しい!!と言われがち。

しかし、よくよく考えてみればわかるように、上には上がいるもので、一番になれる人なんて、一部のごくごく僅かな人だけです。

だから、そこを目指すよりも、これから幸せな人生を送るためには「楽しさ」を優先していかなければならないんです

その「楽しい人生」というのは、何もしなくていい!ということではありませんよ。

毎日淡々と仕事をこなす中でも、「あの楽しみがあるから今日もがんばろう!」「明るく笑顔で周りの人を安心させよう!」「絶対にあの人の役に立ちたい!」。

こういった喜び、楽しみ、生きがいを大事にした生き方をすることです。

健康