斎藤一人さんをメンターにしてよかったと感じること

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「斎藤一人さんをメンターにしてよかったと感じること」というお話をしたいと思います。

ひとりさんのファンになって10年くらいになりますが、改めて、自分の師匠はひとりさんしかいないと感じます

もちろん、他にもいろんな人の話を聞いたり、本もたくさん読んだりしてきましたが、学びの入り口となる土台になっているのは、間違いなく斎藤一人さんの「考え方」です

魅力的な人って考え方が違います。本当に小さな微差を大切にします。

例えば、「夢は小さく、努力は大きく」という言葉がありますが、何をやってもうまくいく人は、一足飛びに大きなものをつかもうとはしません。

それどころか、常に、下から上へと歩みを進めるので、他人と自分を比較して苦しむことも、強い劣等感で全てをダメにする!といったこともない。むしろ、下の人をとても大切にします

また、『歩』という漢字は、「止まるが少ない」と書くように、成功者は、立ち止まって悩み抜いた上で行動するというよりも、いつも何かかしら行動しながら考えているんですね。

だから、実際はたくさん失敗していても、行動量が多いので、周りの人から見ると「あの人は次々と成功していてすごいな」という見え方になる。

当人としても、失敗する度にそれを否定するのではなく、「このやり方では失敗することがわかった」という意味で『成功』と解釈します
.
.
世の中には、「宇宙の法則」や「引き寄せの法則」を教えている人や本がいくつもあって、私もそういった分野には興味・関心があります。

最近、不思議なことに、ひとりさんの教えを学ぶ前は、全く理解できず捨ててしまった本が、再度、買って読んでみると、今ではスムーズに理解することができるんですね。

過去の自分と今の自分で、一番大きく変わったのは、おそらく『自我の強弱』かなと感じます

以前は、自我の強さ、要は自分自身の「努力」と「ハングリー精神」で必死に頑張れば、その先に幸せが待っているはず!という考え方でした。

しかし、強い自我で「苦労」や「我慢」を乗り越えても、なかなか幸せになることができない。それどころか、いつも同じようなパターンで挫折することが多かったです

家族も仕事も、出会う人も、自分と同じように劣等感を抱えた人ばかりでしたし、正直、これ以上は無理・・という状態まで追い込まれてしまいました。

今では、自我を弱めるというか、自分にできることをやったら、「結果は神様が出すんだから、あとはお任せしよう♪」と、そういう感覚を持てるようになったんですね。

これは、斎藤一人さんの教えに加えて、小林正観さんの本と出合ったのも大きかったと思います
.
.
神様を信じていない人ほど、自分の力だけで人生を何とかしようとジタバタしてしまう。

よく、「神様」と聞くと、外神様をイメージする人がほとんどですが、『分け御霊』といって、人間一人一人の中には「内神様」が入っているといわれています

なので、自分を大切にしなかったり、他人を攻撃したりする行いは、神様が生み出した創造物を否定しているのと同じですから、そういった人を神が味方することはありません。

もし、あなたが、「自分はちょっと自我が強いかも・・」と感じるのであれば、毎朝、下記の『白光の誓い』を10回ずつ唱えてみてください。

自分を愛して、他人を愛します。
優しさと笑顔を絶やさず、人の悪口は決して言いません。
長所を褒めるように努めます。

おそらく、文章の意味自体は、誰でも簡単に理解できると思います。

ただ、大事なことは、これを言葉にすることです。

こうした言霊の力は、いい現象を引き寄せる効果があるのはもちろんのこと、自分が口にした言葉を「自分の脳」も聞いているわけですから、潜在意識の改善にも役立てることが可能

自分に厳しい人は、他人に対しても厳しくなってしまいます。

また、一生懸命がんばっても、自分にご褒美をあげないと、自分が自分にそっぽを向いてしまいます。

だから、たまには好きなものを食べて「いい気分」でいる時間を作るとか、少しでも「我慢の時間帯」を減らすとか、そうやって自分を大切にすることが、『自分を愛する』ということにつながる

神様は犠牲を嫌いますからね。あなたがいつも笑顔でニコニコし、明るく上機嫌でいることが、自他に対する愛であり、これこそが世の中で一番のボランティアです。

こうした一つ一つの学びを、私自身もずっと大切にしていきたいと思います。

『白光の誓い』神様と共に歩む成功の道【柴村恵美子】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの一番弟子、柴村恵美子さんの『「白光の誓い」神様と共に歩む成功の道』というお話を要約し、解説いたします。

人間は、自分の夢を叶えたい望み通りの人生を引き寄せたい幸せな成功者になりたい人に愛されてより豊かに暮らしたいなど、日々、様々な思いを持ちながら生活しています。

しかし、現代では、こうした「自分の思いを実現する方法」「成功法則」がたくさんありすぎて、どれが正しいのか、何を信じていいのか、迷ってしまうこともありますよね。

柴村恵美子さんは、皆が、これから楽しく「成功の道」を歩いていけるように、全力で応援する活動を行っています。

ただ、ひとりさんも、恵美子さんも、自分たちが信じていることが正しくて、他は間違いだと言っているわけではありません。

「あなたの考え方も正しい」。でも、人の心を暗くするようなやり方で成功しても、人から嫌われてしまったら、幸せな人生とは言えませんよね。

例えば、仕事で成功したいと思っている人の中には、「仕事で成功するためには何をやってもいいんだ!」というような人もいる。

それで、人を蹴落とすようなことをしながら、その人が仕事で成功したとしますよね。しかし、その人には気を許せる友人がいなかったり、周りの人からも嫌われていたりするとします

もちろん、「自分はそういった人生でもいいんだ!」「仕事で成功さえすればそれで幸せなんだ!」という人にとっては、その方法は正解なのかもしれません。

でも、ひとりさんや恵美子さんにとって、その方法は正解ではないのです

なぜなら、「自分が幸せだと思えることが成功なんだよ」というのが、ひとりさん流の教えであり、恵美子さん自身もそういった考え方で幸せになれたから。

そもそも、周りの人から嫌われているのに、「自分は幸せなんだ♪」とは思えませんからね。

柴村恵美子さんにとって、仕事で成功したとしても、自分が幸せだと思えない方法は「不正解」なのです

成功の道というものは、人それぞれ、一人一人、微妙に異なるもの。

柴村恵美子さんは、斎藤一人さんという師匠と縁があったことで、柴村恵美子さんにしか歩むことができない、「成功の道」を歩いてきました。

だから、あなたにとっての成功の道は、過去に誰かが歩いた道ではありません

あなたが「自分に必要だ!」と思う知識を取り入れ、自分が正しいと思ったことを行い、その経験から学び、さらに改良する。そうやってできてくるのが「あなたが歩む成功の道」なのです。

そこで、その成功の道を歩む上で欠かせない、とても大切な言霊があります。

それは『白光の誓い』というもの。

白光の誓いとは、
ーーーーーー
自分を愛して、他人を愛します。
優しさと笑顔を絶やさず、人の悪口は決して言いません。
長所を褒めるように努めます。
ーーーーーー

これが「白光の誓い」です。

これを毎日10回唱えることで、神様と共に歩むことができるようになります。

ただ、いきなり全てのことができるようになるわけではないので、最初は、笑顔を絶やさないだけでも素晴らしいことです

また、今まで人の悪口ばかり言ってきたのであれば、まずは、人の悪口をやめること。

その際に、頭の中で、どうやったら自分は変われるのだろうかと、気を揉んではいけません。

白光の誓いを毎日、口にできるようになっただけで、すでにあなたの心はいい方向に変化しているのです。

しかし、我の強い人ほど、「具体的な方法論」を自分で見つけ出そうとする傾向にあります。

そういった我の強さの発端は、自分を許せない、他人を許せないという気持ちから生まれるものなんですね

だから、あなたが自分のことも、他人のことも愛せないのであれば、あなた自身が、たくさんの許せないことを抱えている可能性が高いのです。

では、一体、どのような方法で、『許せない』という感情と向き合っていったらいいのでしょうか。

実は、具体的なテクニックというものは、存在しません。ただ、一つだけ解決の糸口があります。

その、唯一の解決策とは「言霊の力」を使うこと。

頑固で我の強い人は、毎日、「そのままで大丈夫!」、または、「許します」この言葉を1日100回唱えるようにしましょう

白光の誓いを唱えるのは、それからでも構いません。

穏やかで気軽な気持ちになってきたところで、今度は、白光の誓いを1日10回ずつ口にすること。

自我の強さで生きていた時は、苦しかった心が、「自分を愛して、他人を愛する」ことで、幸せな心になっていきます。ぜひ、行動に移してみてください。

最後に、自分に厳しい人とは、他人にも厳しい人です

言霊の力を使うといっても、これを、苦しい努力にしてはいけません。自分に優しく、他人にも優しい人間になる。そのために、楽しく気軽に、笑顔で実践するものですからね

優しさと笑顔を絶やさず人の悪口は決して言いません【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は『例外思考』についてのお話。

この「例外思考」というのは、斎藤一人さんの本のタイトルにもなっていて、それに関してひとりさんが質問に答える形となっています。

もちろん「例外」といっても、気が狂っているような悪い意味での例外ではありませんよ。あくまで、いい意味で、人とは違う考え方や行動をとること。

この話の中に出てくる白光の誓いは、私も毎朝10回唱えるようにしています。

【白光の誓い】

自分を愛して、他人を愛します。
優しさと笑顔を絶やさず、人の悪口は決して言いません。
長所を褒めるように努めます。

実は、こういった言霊の力を信じて、毎日、口にできる人というのは本当にごく僅かです。

9割の人は、人と違うことはしたくないという考え方なので、何かかしらの理由を考えて実践しません。

だからこそ、ちゃんと行動に移せたあなたは例外思考の持ち主

例外思考を持っている人というのは、例えば下記のような行動をとれる人のこと。

1、職場でいつも人一倍大きな声で挨拶をする。
2、自分の仕事が早く終わったら、周りに気を配って手伝ってあげる。
3、トイレ掃除をしているおばさんに「いつもありがとうございます」と声をかける。

このように、人の心が明るくなったり、人の気持ちが軽くなったりする行動をとることが例外思考。

他にも、例えば、出世をしても威張ることなく、今まで以上に明るく親切にしたり、部下が失敗をしても大勢の前では怒らず個別に注意するなど、そういうちょっとしたことも含まれます。

ただ、この例外的な行動をとるということは、当然、人とは異なるわけですから、とても勇気がいることですよね。

なので、まずはハードルを低くした上で、今の自分にできることから実践するようにしましょう。

途中で挫折してしまったり、嫌になってしまったりしないように、冒頭でご紹介した「白光の誓い」を毎日唱えることが継続のコツ。

最初は大変だなと感じることが多いと思いますが、その代わり、神様・自分・他人の3方良しの行いをしているわけですから、あなた自身に起こる現象は、どんどんいい方向に変わってきます。

もちろん、それがどのような形で返ってくるかは人によりますが、例えば、心に余裕ができていい気分で過ごせるようになったり、日々、引き寄せる出来事がこれまでとは違う展開になっていくでしょう。

ぜひ、勇気を出して、周囲とちょっとだけ違う例外思考、例えば、毎日元気よく挨拶をすることでもいいので、ぜひ、一日一回、実践に移してみてください。

幸せ