『地獄の話』無関心の罪って何?【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「地獄の話」についてのお話。

ひとりさんは基本的に明るい話しかしませんし、人の心が明るくなる、人の心に灯を灯すことしかしません。

でも、この「地獄」の存在を理解しておかないと、知識に偏りが出てしまいます。

一応、知っておくことで、自分がこれからどんなことに気を付けて生きていけばいいのか、一つの目安になると思うので、ぜひ、参考にしてみてください。

そもそも「地獄」とは、どんなところだと思いますか?

ひとりさんいわく地獄とは、寒くて暗くて臭いところ。周りには誰もいないそうです

じゃあ、なぜそういった地獄へ行かなければならないのか?どんな人が地獄へ行くのでしょうか?

その答えは「無関心の罪」を犯してしまった人。これがあの世では許されないんです。

主に地獄へ行く人とは、例えば、煽り運転や飲酒運転など、相手や相手の家族のことを全く考えない自分勝手な人。想像力の無い言動で法を犯す人。

実は、それ以外にも、日常の些細なことに無関心の罪が潜んでいることがあるんです

例えば、家の近所に障害者施設が建つとなった時に「反対」をする。これは、自分の家には障害者がいないから、他人には無関心ということですよね。

他にも、例えば、自分が癌の病気になったとする。そこで、人から勧められた本を参考にして、治療をしてみたら癌が治ったとします。

しかし、あなたは「癌が治ってよかった!ありがとう♪」と言って終わり。その本を他の癌患者に広めようとしなかったとする。これも無関心ということになるんです。

ただ、ひとりさんがおっしゃっているのは、「何にでも関心を持ちなさい!」ということではありませんよ。

せめて、自分の身近で起きた出来事や、自分が経験して感動したことに対して、もう少し関心を持って、無償の愛を注がないとダメだよ!ということ

上記のような事例に心当たりのある方は、今からでも少しずつ考え方を改良していきましょう。

また、「やってみたけどダメだった!」という方は、もうちょっとだけやり方を工夫してみませんか?

例えば、せっかく良かれと思って本をプレゼントしたのに、その人は読書が苦手で、あまり本を読む習慣がない人だったとしますよね。

普通だったらそこであきらめることでしょう。もちろん、本を進めただけでも素晴らしいことですよ

でも、だったら、「CDがあるから音声で聴いてみて♪」とか、「本の目次と最後だけでも読んでみて!」とか、「本の内容を私が簡単に説明するね」と、一工夫できることはあるはず。

もちろん、あまりしつこいのもよくないので、ほどほどにで構いません。

このように、どうやったらこの人が救われるだろう、どのようにこの人を助けられるだろう、これを一生懸命考えてあげることが「無償の愛」です。

幸せ

エネルギー療法士としてのボランティア活動【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は、「エネルギー療法士」についてのお話。

今回も、ちょっと難しい話だなと感じる方が多いかもしれませんが、今週の音声は、エネルギー療法に関する内容がメインなので、その点はご了承ください。

これはあくまでもボランティアとして、相手に「やってほしい!」とお願いされた時に、「大丈夫波動」のエネルギーを送るというものです。

ひとりさんの教えはいつもシンプルでわかりやすいもの。ただし、今回の話はちょっとわかりづらい面もあるかもしれません。

でも、やること自体は、本当に簡単なものなので、あまり身構えず、気軽に考えて頂きたいと思います。

まず、この世でやるべきこととは、「この人生を楽しむ」。そして、「人に親切にする」。この2つだけです。

単純に、この2つをきっちりこなすことが、エネルギー療法士としての基礎になります

どちらかが欠けていてもダメです。必ずどちらも必要ですからね。

そこで、大事なポイントとなるのが、まずはちゃんと栄養を摂ること。ここがスタート地点

たまに、神的な精神修行に興味のある人は、自分を犠牲にして、他人を助けようとします。

はっきり言うとその考え方は間違いです。神は犠牲を嫌います。あなた自身にパワーが無いのに、他人を助けたい!といっても不可能

つまり、あなた自身が、元気に明るく楽しく生きるということ自体が、ボランティア活動の第一歩!として、すでに歩みを進めていることになるんです。

1、毎日ちゃんと栄養を摂り、天国言葉を言う。いつも上機嫌で、心の針を上に向け続ける。
2、無償の愛で、エネルギー療法のボランティアが楽しいと感じる方のみ、実践に移す。

このことを理解した上で、「大丈夫、大丈夫、大丈夫。。」という大丈夫波動を、相手の人に送ってみてください。

人の幸せを祈る言葉「この人に全ての良きことが雪崩のごとく起きます」。この言葉も素晴らしい言霊ですので、どんどん活用していきましょう。

ちなみに、途中でボランティアが嫌になる人の特徴は、栄養不足か、地獄言葉を言うようになったり、心の針が下に向く時間が増えてきたか、そもそも無償の愛が楽しいと感じていないかです。

大宇宙エネルギー療法について【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「大宇宙エネルギー療法」についてのお話。

今回の内容は、昨日のエネルギー療法のお話をさらに掘り下げたものになっています。

なので、本当に専門的にこの療法を学びたいという方だけ、何度も聞いて参考にしてみてください。

今回、ひとりさんが提供しているお話は無料で、1円もお金はかかりません

ただ、「自分は他の有料の情報を信じたいんだ!」という方は、そちらを楽しく実践されたらいいと思います。

困っている時に、無償の愛で助けてもらっても、その助けてくれた人を「怪しい!」と思うのであれば、ひとりさんとは縁の無い人ですからね。

あくまで、ひとりさんのお話に興味を持った方だけが、銀座まるかんの方とつながりを持って、実践していくようにしましょう。

おそらく、神様や宇宙の仕組みが全く理解できていない方、地球も人間も偶然できたものと考えている方は、今回の話が宗教のようなものだと勘違いしてしまいます

神様、守護霊様、指導霊様、ご先祖様、こういった存在に感謝できないということは、全てが、自分という人間の力のみで「幸せ」か「不幸」かが決まると考えているわけですよね?

こういう「我の強い人」ほど、普段から、人に対しても、物に対しても、起きた出来事に対しても、「おかげ様で!」という感謝の心がありません。

エネルギー療法とは、人にエネルギーを送るものなので、まずは「今日一日、人に親切にしよう!」という感謝の心を大切にしてみてください。