悩みの9割は「過去」か「未来」への執着心である。

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、『悩みの9割は「過去」か「未来」への執着心である』というお話をしたいと思います。

最近、自分自身が幸せかどうかを左右する、とても大事なポイントに気付きました。

それは、『今の自分は悩んでいない』ということ

つまり、悩みの9割は、過去と未来に対することだったんです。

苦しい、辛い、悔しい、焦り、憤り、何とかしたい、怖い、不安、心配、悲しい、情けない、プレッシャーなど、こういった、ふと心に入り込んでくるネガティブな感情は、全て「過去」「未来」に対する概念。

一方で、「今の自分」だけを客観視すると、実は、悩んでいない。

何も悩んでいなくて、毎日幸せで豊かで、愛と感謝の気持ちで満ち溢れているわけです。
.
.
これって、不思議だと思いませんか?

でも、実際、このことに気付いてから、私は、日々の人生感覚がガラッと変わり、どんな状態でも無駄に落ち込むことがなくなりました。

また、それでも悩みが出てきた時は、より「今に近い未来」、そして、より「今に近い過去」に焦点を当てるようにすると、それだけで気持ちが楽になるんですね

この現象は、おそらく神様が、『過去や未来に執着しすぎている。もっと、「今」を大切に生きれば、幸せに生きられるんだよ!』と、教えてくれたのだと思います。

だから、世の中には、自信が持てない、生活費が心配、健康に不安がある、人間関係でのトラウマなど、ありとあらゆる悩みを抱えている人がいますが、もしかしたら、それは『答えは、今、目の前にしかないよ!!』というメッセージなのかもしれません。

例えば、芸能人やスポーツ選手の「全盛期」「後退期」のコメントを比較した時に、ある一つのポイントに気付くことがあります。

それは、全盛期では、「今日の出来事や感覚」に目を輝かせながら生き生きと語り、後退期では、「過去の後悔や未来への理想」を渋い表情で語る姿。
.
.
もちろん、誰だって人間ですから、年齢を重ねると共に、物事の見方や考え方が変化していくのは、当然のことでしょう。

しかし、人生は、過去や未来を生きているわけではないので、結局は「今」しかありません

過去の挫折を挽回するための「今」でも、いつか幸せになる未来のための「今」でもなく、『今を幸せに生きるための「今」』なんですね。

つまり、私が今回、一番お伝えしたいことは、過去と未来に焦点を当てることで、「現在(今)」のパフォーマンスが大きく低下してしまうのは、非常にもったいないということです。

例えば、受験でも甲子園でもトップアスリートでも、「敵なし」と言われながら、実力通りの力を出せない、結果が出ない、番狂わせが起きて負けてしまうなど、そういったケースがあります。

でも、おそらく努力の仕方や、努力の方法などに、大きな間違いはなく、むしろ、10回中9回は勝てるくらいの「力」を持っていたのでしょう。

そうなると、『目には見えないプレッシャー』という表現が使われるように、「こんなにがんばってきたのに、周囲の期待に応えられなかったらどうしよう」という、「過去」と「未来」に焦点があたっていたことが、一つの要因!と考えられるわけです。

もしかしたら、誰かが一言、「今の自分にできることをやろう」と、そういった声をかけてくれる人がいたら、そのちょっとした『意識の変化』で、違う結果が出ていたかもしれない。

このように、あなたも何か「悩み」が出てきた時は、それが本当に「今現在の悩み」なのか、また、「過去と未来への執着心」に支配されていないか、その辺りに目を向け、状態を改善させるヒントにしてみてください。

「今の気分」が未来の命運を決める理由【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ『「今の気分」が未来の命運を決める理由』というお話をしたいと思います。

下記は、今回のお話で参考にさせて頂く、ひとりさんの一日一語です。

将棋が好きな人だったら、将棋のことを考えてれば楽しいよね。楽しくなるなら、「仕事が終わったら、一杯、飲みに行こう」とか、「お給料が出たら、欲しかったあの洋服を買うんだ」とかでもいいの。なんでもいいから、今、ここで、楽しくなっちゃうことを考えよう。そして、今、ここでしあわせになる。
.
.
これは、「今を大切に生きなさい」というシンプルな教えですが、実は、解釈の仕方次第で、この教えを生かせる人もいれば、全く生かせない人もいます

というのも、例えば、「未来に楽しみがあるから今を幸せに生きられる!」と解釈する人と、「未来がこうなれば今を幸せに生きられるのに。。」と、解釈する人。

この2つの解釈の違いって、本当に「小さな差」ですよね。まさに『微差』といっても過言ではありません。

ひとりさんが伝えたい真意は、もちろん前者です。

今を幸せに生きるための一つの手段として、「未来に何らかの楽しみを作っておく」という考え方なんですね。

だから、趣味、買い物、食事、映画など、何か心がワクワクするものを持っておくことは、とても大事なこと。

その代わり、「もっと給料が高ければ海外旅行に行けるのに!!」とか、「もっと魅力的な人と出会えれば結婚できるのに。。」など、そういった思考では、徐々に苦しくなってしまいます。

つまり、私が言いたいことは、ひとりさんから同じ言葉を見たり聞いたりしても、ちょっとした『解釈の微差』によって、「幸せ」になるか「不幸」になるかが、分かれてしまうということです
.
.
この「解釈の微差」を、もう少しわかりやすく解説したいと思います。

世の中の多くの人は、他人を見た時に、「あの人はいい人」「あの人は悪い人」と、どこかで必ず線引きをする傾向にあります。

例えば、ニュースで詐欺や犯罪を行った人のことは「悪い人」ですよね。

一方、当たり前のように、自分のことは「いい人」と、無意識に判別しているわけです。

しかし、あなた自身も、もしかしたらこの先の人生で、何らかの『法律違反』を犯してしまう可能性は0ではありません

何十年間も、世のため人のために尽くしてきた人も、つい何日か前まで、困っている人に優しい言葉をかけていた人も、ある日突然、突発的な行動によって「悪人」になることもあります

要は、人間として生きている以上、『紙一重』としか思えない現象が、実は、たくさんあって、それを決して軽視してはいけないということ。
.
.
だから、冒頭でご紹介した、斎藤一人さんの一日一語に書かれている、「今ここで、しあわせになる」という言葉も、解釈の仕方次第で、「幸せの道」にも「不幸の道」にも進める。

それを選択するのは、あなた自身ということになります

なぜなら、あなたは日々の生活の中で、「幸せを感じる時間帯」と、「不幸を感じる時間帯」のどちらの感覚も知っているからです。

例えば、ドラマや映画のことを考えるとワクワクし、苦手な上司や過去のトラウマのことを考えると苦しくなるとしますよね。

その時に、『今、この瞬間の意識!!』をワクワクで埋めるか、それとも、苦しみで埋めるかは、あなた自身の選択で決めることができるはずです。
.
.
この話に対して、「人間はネガティブに強い意識が偏る生き物!!」と、主張する人もいますが、私は、ネガティブな感情や、不幸を感じる時間帯を、『否定しましょう』と言っているわけではありませんよ

むしろ、不幸に意識が偏ってる時こそ、「そうだよね、わかるよ♪」と肯定する必要があります。

肯定した上で、「幸せ」に目を向けるようにするんです

中には、嫌な記憶を完全に消したくて、お酒を飲んで「忘れよう、紛らわそう」と考える人もいますが、ネガティブな感情と人生は「セット」のようなもので、悩み一つない人なんて存在しないんですね。

だから、不幸な時間帯を「そうだよね、わかるよ。その気持ちわかるよ」と、何度も何度も肯定し、一分一秒でも「幸せな時間帯」に意識を向け、今をいい気分で生きる

これが、『未来の命運』を左右することになります。

「幸せ」と「不幸」は、紙一重であり、解釈の微差によって決まるものです。

幸せ

幸せで豊かな生活を送るための3要素【ツイてる坊主】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「幸せで豊かな生活を送るための3要素」というお話をしたいと思います。

今回は、私自身が斎藤一人さんなどの学びを通じて、この3つだけは絶対に欠いてはならない要素である!と、率直に感じたことを解説していきます。

どれもシンプルな考え方で、毎日、常に意識することができますし、いつでもすぐに、頭に思い浮かべることができるものです。
.
.
1、『今』を一番大切に生きる。

自分の人生を振り返った時に、何か特別な問題が起きていたわけではないにも関わらず、なぜか、精神的に苦しんでしまうことが多かったんですね。

その要因となっていたのは、「過去」「未来」に対する思考です

自分としては、今を一生懸命生きているつもりでしたが、頭の中では、いつも過去の記憶に苦しみ、未来に不安を抱いてしまう。

このように、「今」を生きていなかったことに気付いたんです。

過去の記憶に苦しむというのは、失敗や後悔、嫌な出来事、嫌な人、恥をかいたことなど

これらは、忘れることも、受け入れることも、受け流すこともなかなか難しいので、おそらく、潜在意識の中に、相当強いバイアスがかかっているのでしょう。

また、未来に関しても、不安や恐怖、心配事、焦りなどがあり、頻繁に計画や目標、対策、企画を立てるなど、何かと深く考えすぎてしまうことが多い。

だから、いくら心身を休めてリフレッシュしたつもりでも、常に「脳」が休まっていないからか、なかなか、「明るく楽しく生きる!」ということが難しくなっていたんですね。

こういった状態は、ここ8年ほど、斎藤一人さんや小林正観さんの教え、そして、引き寄せの法則を学んできたことで、少しずつ解消されてきました。

そして、最近、はっきりと気付いたのは、過去と未来に右往左往せず、「今」に焦点をあて、「今」に集中し、「今」を一番大切にできている時間帯は、自分の人生の中で最も『幸せだな♪』と、感じることができているということ。

とてもシンプルで当たり前のことかもしれませんが、自分にとっては、とても大きな進歩だと感じています。
.
.
2、『いい気分』を最優先する。

これは、「引き寄せの法則」の本を読み始めてから、意識的に始めたことです。

以前は、ビジネスでも何でも「具体的な方法論」さえ知ってしまえば、成功することは可能なはずだ!と、ノウハウやテクニック論を徹底的に勉強していました。

でも、一般的に推奨されている努力では、なかなか、思うような結果を出すことができなかったんですね。

もちろん、成功者の多くが、「マインドセット8割、ノウハウ2割だよ」と、おっしゃっていることは知っていましたが、マインドセット(考え方)よりも、さらに根底部分に位置しているのが、『いい気分』の波動で、毎日を過ごすことだったんです

要は、何をやるかよりも、どんな動機でやるかが大事ということ。

例えば、お金持ちになりたい!と思った時に、「生活費が不足しているから何とかしたい」とか、「成功者と同じ手順で行動すればうまくいくだろ」、「このやり方なら自分にもできそうだな」といった動機では、まずうまくいきません。

なぜなら、「今」に不平不満を感じていたり、「与えること」より得ることに意識が向いていたり、「やりたい」ではなく「できること」を選択したりと、間違った考え方を持っているからです。

引き寄せの法則では、今に「感謝・満足」し、愛を持って得るより先に「与える」ことを考え、できることよりも「やりたいこと」を、楽しくワクワクの気持ちで行動しなければ、いい結果を生み出すことはできないんですね。

この仕組みは、少し説明が難しい部分でもあるのですが、『今、自分が発した言葉・心・行動』が、未来の自分に、そのまま返ってくるようになっているので、例えば、不機嫌でイライラしながら、言葉を軽視し、心を軽視し、得る方法だけを追いかけても、まずうまくいくことはありません

つまり、「何か稼ぐ方法ないかな」「生活が苦しいな」と、悩むくらいなら、映画やコントでも観て、日々、笑顔で楽しく過ごしている方が、回りまわって、いい展開・いい現象を引き寄せ、幸せな未来を創ることができるということです
.
.
3、『自分の素材(強み)』を生かす。

これは、何か新しく「スタートを切る時」や「行動の改良」が必要な時に、『無いものねだりをせず、既存のものを使って勝負する』というもの。

例えば、自分が得意なこと、好きなこと、興味を持っていること、楽しいと感じること、現状の環境、性格など、今の自分が持っている「素材(強み)」を全て一覧にした上で、何をどう生かすのかを考えていきます

ちなみに、「他人と自分を比較」してしまう時や、将来に「漠然とした不安」を抱えてしまう時、「自信を失ってしまった時」にも、有効な手法です。

現世の時間は有限なので、限りある余生の中で幸せに暮らすためには、なるべく、『自分の素材(強み)』を活用して、「幸せを感じる瞬間」を増やしていく必要がありますからね。

もちろん、いろんなことにチャレンジできる人は、それはそれで、素晴らしい姿勢だと思いますが、私の場合は、全部の分野を極めることはできなくとも、「これだけは負けないぞ!」という部分を絞り込んで、幸せに生きていく方法を考えるようにしています。
.
.
このように、『今を一番大切に生きる、いい気分を最優先する、自分の素材(強み)を生かす』の3要素は、今の自分にとって、最強の「武器」にも「防御」にもなっているんです。

ただ、人間一人一人が、どのタイミングで、どんな「気付き」「学び」を得て、どう進歩・成長していくかは、各々異なるもの

私は、その3要素を意識するようになってから、「幸せで豊かに暮らせているな♪」という感覚を持てるようになりました。

ぜひ、参考になる部分がありましたら、実践して頂けたら幸いです。