ひとりさんの教えを受け継ぐ条件とは・・【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「名代」に関するお話について、解説いたします。

斎藤一人さんの本や講演会は、どれも魅力的な話で本当に役に立つ内容になっています。

その、ひとりさんの名前を受け継いで、一人でも多くの人に教えを広めていく役目を担っているのは、当然、お弟子さん達ですよね。

これまで聞いたことのある肩書きとしては、柴村恵美子さんが「斎藤一人さんの一番弟子」という名前を頂いています。

そして今回、舛岡はなゑ社長が「名代」という肩書き頂くことになったわけですが、舛岡さんの心の広さによって、周りで使いたいと言っている人にも「使っていいよ!」ということになったんだそうです。

この「名代」というのは、講演などで「ひとりさんの代わりに話す」という意味のこと

ただし、名代を使う時は、ひとりさんの話を95%にしなければならないんだそうです。名代を使って自分の話ばかりするのはダメなんだとか。

また、みんなが盛り上がるような話をするのはOKですが、「あの人は過去にこんな失敗をしたんだよ」といったような相手が傷つくことは絶対にしてはいけません。

というのも、その場では笑いが起きて楽しい雰囲気になるかもしれませんが、それによって相手のイメージが悪くなってしまうこともあります。

あとは、「活気のある話」をする必要あるとのこと。活気というのは「気」という、例えば「雰囲気」や「オーラ」などの目には見えないエネルギーのこと。

要は、お店でも何でも人が集まる場所には活気があって、成功する人からは成功の波動が出ているんですね。だから多くの人がそこに行きたがるわけです。

活気が活気を呼び、商売が繁盛する。魅力的な人を求めて人はやってきます

そこで、活気のある話をするためには、ただ楽しいだけではなく楽しくて面白い。つまり、微笑む程度の楽しさに加えて、笑いでドッと歓声が沸くような面白い内容にする必要があるのです

泣いたり、笑ったり、感動したり、まるでライブのように、みんなで一緒に熱狂するような「参加型の講演」にしなければなりません。

やはり、斎藤一人さんと同じようなことを言っている人はたくさんいますが、なぜか、ひとりさんの話し方や伝え方というのは、一瞬で引き込まれるような魅力を感じますよね。

だから、最初から人前でうまく話ができる人はいないと思いますが、世のため人のために役立つ話をするわけですから、少しでも心にスッ!と入っていくような言い回しで、楽しい講演にすることが求められます。

いつもひとりさんの話を聞いていると、たわいもない冗談を言ってみんなの心を軽くしたところで、本当に伝えたい大事な話をビシッと入れてくる。そういった特徴があると感じます。

これからも、斎藤一人さん、そしてお弟子さんや銀座まるかんの方々の活躍が楽しみですね。

『弟子の過去』私は斎藤一人さんに救われた【芦川政夫】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は、斎藤一人さんのお弟子さんである、芦川政夫社長による「無敵の人生」というお話です。

芦川社長の過去は壮絶な人生でした。静岡県の伊豆の旅館の息子として生まれ、3歳の時に父と死別

次の日から、その旅館で母と兄、弟は、一銭のお金ももらわずに、巷に放り出され、母は明日の糧として住み込みでお勤め、兄は親戚、芦川さんと弟は別の親戚に預けられました。

しかし、芦川さんと弟は、その親戚にいじめられ、近所の親戚にもいじめられたんだそうです。本当は母の近くで泣きたい年頃ですが、我慢するしかありません。

やがて、小学校6年生になった時に、東京のお店に預けられましたが、そこでは主人からいじめられ、同僚からもいじめられ、どうすることもできず、毎日、夜に布団をかぶって寝るのが精いっぱい。

でも、何とか家を建てなきゃいけないということで努力し、ようやく小さな家を建てることができました。

ところが、その矢先、弟の火の不始末で家が全焼。病院にかけつけた時、弟は大やけどだったそうです。「兄ちゃんごめん」とただそれだけを叫ぶ弟に対し、芦川さんはじっと手を握って一から出直そうと言いました。

次は、お菓子屋を作ることになります。その菓子屋も血をはうような努力と辛抱で、伊豆一番のお菓子屋を作り、これでやっと幸せな人生になる。

しかし、今度は、芦川さんの大事な娘が大病を患ってしまいます。神も仏もいるんだろうか。そう思いながらも、娘の病気のことで、一生懸命何とか頑張って立ち直ってほしい。そんな思いで娘に元気を与えていました。

そんな時、共同経営でやってたお菓子屋が、友達に裏切られてお金をとられてしまったんだそうです。人情って何にもないな。もう嫌だ、こんな人間の世界。

そして、芦川さんはなけなしのお金で東京へ。そこで、東京の下町に小さい喫茶店を作ることになります。この喫茶店で「奇跡」が起こりました。

それは斎藤一人さんとの出会いです。ひとりさんがお茶を飲みに、この喫茶店を訪ねてきたのです。

そこで、過去のお話をしたところ、ひとりさんは「まさちゃん苦労したね。もうその苦労やめな?」と言って、幸せになる方法を教えてくれたんだそうです。

まず、まさちゃん2つ約束しな。まず一つは、「顔につや」を出しな。まさちゃんね、成功してる人は全員が顔につやがあるよ。福相なんだよ。

その次に、言葉だよ。言霊といってね、「天国言葉」を話しな

「ついてる、幸せ、うれしい、楽しい。。」これは今までなかったこと。よし、やってみよう!と、芦川さんは言われた通りに行動しました。その結果、ようやく幸せをつかむことができたのです

ひとりさんが芦川政夫社長にかけた言葉は他にもあります。

まさちゃん、俺は未熟者、まさちゃんも未熟者、みんな、生きてるということは修行だよ。無敵の人生を目指す修行だよ。

まさちゃん、いつも笑顔でいるんだよ、なんでもいい、光るものをみにつけて、いつも笑顔でいようよ。人は太陽なんだよ。光るものをみにつけて、いつもそのことを忘れずにいようよ。

太陽のようにいつも、愛のある言葉を言おう。会う人、会う人が味方になってくれるよ。敵が一人もいなければ、この世は天国だよね。無敵の人生を歩こうよ。

幸せ

お弟子さん(千葉純一社長)の「千里眼」のお話【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は、ひとりさんのお弟子さんである千葉純一社長の講演で、タイトルは「千里眼」です。

ひとりさんのことを最もよく知っている身近な人といえば、やはり9人のお弟子さんですよね。

その中の一人が千葉純一社長ですが、ひとりさんのお弟子さんということもあって、話し方も話す内容も、とても魅力的です。

当たり前ではありますが、皆、ひとりさんのことが大好きで、仕事が大好きで、そういう人が集まっているからこそ、ひとりさんの教えを素直に実践できて、結果も残せるのだと思います。

また、ひとりさんいわく、これからの時代は、魂の時代といって、立場的に強い人や正しいことを主張する人ではなく、『楽しさ』を優先する人がうまくいくとのこと。

これって、まさにひとりさん自身、そしてお弟子さんやまるかんの人達の生き方そのもの☆

今回の千葉純一社長のお話は、ひとりさんとの過去のやりとりに関する内容で、とても面白いお話になっています。

タイトルは「千里眼」。ひとりさんの場合、単なる観察力や洞察力とはちょっと違った、神的な眼力の部分がすごいですよね。

基本的に、ひとりさんの教えはシンプルで、顔につやも言霊の力も、その通りにやれば誰でもできることしかありません。

あまりに簡単すぎて、多くの人が行動に移すのをためらってしまうくらい簡単!(笑)

ただ、たまに、現実離れしたお話もあって「え?」とびっくりすることもあります。

それは『光の玉』のお話。私はひとりさんのように、アメノミナカヌシ様と直接お話したことがないので、これはおそらく、ひとりさんにしかできないことだと思っています。

とはいえ、人間一人一人には、分け御霊といって誰にでも「内神様」が入っているので、それだけで安心ですよね。

また、普段、守護霊様や指導霊様から、ふとした瞬間に感じたことや気付きの中に、様々なメッセージを頂けているのは本当にありがたいことです。

神様を信じる信じないは個人の自由ですが、「心」と同じように、「神様」や「波動」など、目には見えなくても存在しているものがある。これは決しておかしなことではないですよ。