『神の創造物』あなたの性格は直せない【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの一日一語を参考に、『「神の創造物」あなたの性格は直せない』というお話をしたいと思います。

あなたは、自分の性格を直したいと思ったことはありますか?

私は過去に、性格や考え方、外見など、自分自身の全てを変えたい!と思って、日々、もがいていた時期があります。

ただ、斎藤一人さんの教えや宇宙の法則を学んだ結果、どうあがいても、自分が持っている素材を変えることはできない。このことにはっきりと気付きました。

なぜなら、この宇宙の創造主は「人間」ではないからです

『人智を超える存在(神様)』が、この宇宙を創造し、人間の魂や肉体を創ったといわれています。

この仕組みを理解すると、幸せに条件をつけるよりも、神様から頂いた「幸せになる材料(自分自身の素材)」をどう生かすかを考えなければなりません。

下記は、斎藤一人さんの一日一語ですが、とても心に響く内容になっています。
.
.
ーーー
自分の性格を直そうと試みても、ほとんどの人は直せないんじゃないかな。それは、意思が弱いからでも、環境のせいでもないんです。

なぜ直せないかというと、あなたの性格は神様がつけたものだから、直せないようになっているんです。

なたは、「自分はダメだ」「自分のことが嫌いだ」と思っているかもしれないけれど、その性格をつけてくれたのは神様なんです。

神様が創ってくれた性格だから、あなたはあなたのままで完璧なの。欠点なんてないんです。

さいとうひとり
ーーー
.
.
この一日一語からもわかるように、神様が創ってくれた自分自身の素材には、好きな部分もあれば、嫌いな部分もあります。

ただ、それらを全てひっくるめて、何も変えず、『そのままのあなたで幸せになれるんだよ♪』と、神様はそう言っているわけなんですね。

だから、自分を嫌ったり、否定したり、無理に厳しくしたりするのは、神様が与えてくれた幸せの材料を軽視して、粗末に扱っているようなものですから、神様が味方につくことはありません

それでも、この世の中は「ハングリー精神」で、苦しい努力を強いられる場面もあります。

受験や出世など、常に他人と比較され、競いながら、生き残るために向き合い続けなければならない。これって、とても苦しい生き方ですよね。

苦労の先に幸せが待っている。この言葉を信じて疑わない人もいますが、実際は、苦労の先に苦労を重ねたまま、この世を去った人も多くいます。

とはいえ、今こうやって令和時代を生きている人は、とても運がいいと感じます。

ちょうど今が、その暗闇から一歩抜け出す時期。コロナ騒動をきっかけに、「働き方」「お金の概念」も、大きな変化を迎えるタイミングなんです
.
.
過去に、権力の時代や学歴の時代があり、そして、競争の時代もありました。でも、ようやく令和時代に入って、「魂の時代」に移り変わるといわれているんですね。

魂の時代とは、集団・組織の中で、立場の強い人や権力で威張るような人が淘汰され、個人の魅力にスポットライトが当たり、人間一人一人が輝くことのできる時代。

斎藤一人さんいわく、近い将来、昔の貴族のように遊んで暮らせる時代が来る。要は、『お金の分配(ベーシックインカム)』の流れが加速する!とのこと

もちろん、このことに関しては、賛否両論あると思いますが、個人的には、今回のコロナの件を通じて、そうならざるを得ないのかな・・と思っています。

AIの発展で自動化が進み、働き方も「在宅ワーク」がメインとなるわけですから、週休2日制が、週休3日制、4日制、5日制となり、いずれは、働きたい人だけが働くようになる可能性が高い。

そうなると、例えば、自分の性格を無理に変えて、社会に合わせていた人も、思う存分、「自分の素材を生かす」ことができるようになる。

また、「大人になったら遊んではいけない!」とか、「苦労や我慢と向き合うのが絶対正しい!」という、昔ながらの古い固定概念も薄れていくでしょう

人間が生み出した世の中というのは、意外と単純なもので、コロナ騒動の前と後では、すでに社会の常識が覆っていますからね。

いずれにしろ、斎藤一人もおっしゃっているように、「大正→昭和→平成→令和」と、戦争・災害・感染などがあっても、時代は着実によくなっています。

この宇宙の創造主は神様ですから、人間がどういう解釈をしようが、この宇宙全体が、いい方向に向かっていることに間違いはありません。