【気にしないスタンス】この問題は時間が解決してくれる

自分の身に起きる問題は、なぜか「気にしない」ことで解決に向かう。

一つの物事に執着しやすい人は、好きなことでうまくいくこともあるけど、マイナスな出来事に対してどつぼにハマることもある。

真面目な人ほど、問題をうまくかわしたり、受け流したりすることが苦手なものだ。

ただ、宇宙の仕組みとしては、解決したいことを気にすれば気にするほど、その状況が悪化した展開を引き寄せてしまう。
.
.
例えば、「あの人が苦手だ。嫌だな。。」と思い続けていると、その気持ちがもっと強くなるような未来を創ることになる。

だから、何とかしたい問題は、あえて気にしない。

どうしても解決したい問題だからこそ、毅然とした態度で、淡々とできることをやり、必要以上に怖がったりしないこと。

実現したい願いも、実現してほしくない願いも、「なんとかなってほしい」「どうやったらうまくいくんだろ」と、現状の不足感の波動を出せば出すほど、結局、その不足感を再び自分で味わうことになる。

この法則に気づく人は、もう同じような考え方を持つことはしない。
.
.
でも、気づかない人は、何度でも、不足感の努力で壁に立ち向かってしまうんだ。

外に目を向けるより、心の内側に目を向けた方がいい。

それだけでも、損をする機会が減り、得をする機会が増える。

この「気にしない」を習慣づけるには、『まぁいいか』を口癖にするといいよ。
.
.
たまには不真面目でもいいし、問題が起きても100%完璧に解決しなくてもいい。

気持ちに余裕がない時こそ「まぁいいか♪」と口にしてみよう。

あとは、例えどんなに大きな問題を抱えていても、日々の「小さな幸せ」に焦点を向ける心がけを忘れないこと。

楽しく過ごしても、苦しく過ごしても、いずれ寿命は来る。いつだって時間は有限だ。

自分が今、自分の命を使うに値する時間を過ごしているか、常に確認した方がいい。
.
.
もし、好きなことややりたいことがあるのに、何だか気持ちが乗らないな・・と感じる時は、この言霊がおススメだよ。

『これは私の本当の考えではない。自分自身のエゴである。』

この言霊を口にしてみて。

あなたは今まで我が強かった。我が強くなければ、幸せに生きられないと思い込んでいたのかもしれない。

だけど、本当のあなたは、縦横無尽にこの人生を楽しみたいと思っている。もうそろそろ、自分に素直になろう。
.
.
アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。

誰も信じないお金と相思相愛になる3つの方法【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「お金を支払う時のありがとう」というお話。

斎藤一人さんのお弟子さんは10人いますが、もともとは不思議な話が好きで集まったお弟子さん。仕事で、銀座まるかんを創設するために集めた人達ではありません

だから、ちょっと不思議で神的な話は、斎藤一人さんの商売に興味がある人からすると、好きな人と嫌いな人に大きく分かれます。

中には、納税日本一のひとりさんを尊敬しているから、ひとりさんの言うことなら信じてもいいかな♪という人もいます。ただ、半信半疑で半分疑っている人は、聞かなくても大丈夫とのこと

そこで今回のお話は「お金」についてですが、「私はお金が好き!」と口に出して言える人は、お金の悪口を言っている人よりは、いい波動が出ています。

また、お金が入ってくるたびに「ありがとう」と感謝を口にする人は、さらに大きなお金を引き寄せられる可能性が高くなるんですね。

しかし、継続的にお金を引き寄せられる人は、一方的な片思いではなく、お金からも好かれているという特徴があります。あなたがお金を好きかどうかではなく、お金があなたを好きかどうか。

ひとりさんいわく、お金に好かれるコツは3つ。

1、お金の向きをちゃんと揃えて財布に入れる。
2、会計の時に「ありがとう」と言ってお金を出す。
3、トイレをきれいにして蓋を閉めておく。

まず、お金は1円玉でも5円玉でも大切にするのはもちろんのこと、お札に関しては「向き」を揃えて財布に入れておくことが大事です。

中には、お札をぐしゃぐしゃにしてポケットに入れているような人もいますが、果たしてそういう人が、お金から好かれるでしょうか。おそらく、いくらお金を好んでいても離れていくことでしょう。

次に、お金が入ってくる時だけではなく、お金が出ていく時も「ありがとう」と声に出して支払うようにすること。これによって、お金と相思相愛の状態になります

最後に、「トイレ」は、霊界とつながっている所なので、暇乞い(いとまごい)と言って、人が亡くなる時、男性はトイレから、女性は台所から別れを告げにくると言われています。

「ガタガタッ!」と音がしたら、もしかしたら、あの人があの世へ旅立つお知らせがきたのかなと、気付くことができるんですね。

そういった霊界とつながる場所は、いつもきれいに掃除をしておかなければなりません

また、トイレは金隠しといって、お金が隠れている場所なので、常にきれいにして、必ず蓋を閉めておくこと。これは自分の家以外のトイレでも同じです。

ひとりさん自身も、トイレがきれいな人しか弟子にしていないというほど、トイレ掃除というのは本当に大切なものなんです。

この3つのうち、一番難しいのは、お店に行った時の会計でお金を出す時に、「ありがとうございます」と声に出して言うことですよね。おそらく、9割ぐらいの人は恥ずかしくて言えないのではないでしょうか。

最初は。心で思うところから始めてもいいと思います。それから少しずつ、小さな声でもいいので、出ていくお金に対して「ありがとう」を言うこと

家計簿と睨めっこしながら、出ていくお金に不快な気持ちを持っている人とは違って、あなたからは「魅力的な波動」が出るようになります。そして、必ずそういう人に奇跡が起きるものです。

お金

いつもイライラしている人に起こる悲劇!!【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「イライラが引き寄せるもの」についてのお話。

いつもイライラしている人っていますよね。もしかしたら、あなた自身にも当てはまるかもしれません。

もちろん、人間なので喜怒哀楽の感情は誰にでもあるものですが、それを露骨に「顔」や「態度」や「言葉」に表すような人もいます。

そういう人が引き寄せるものとは、そのイライラを再現するような出来事が何度でも繰り返されるということ

例えば、ラーメン屋に入って注文をしたにも関わらず、なぜか自分の分だけ忘れられてしまうとか、いつもタイミングが悪くてスムーズに物事が進まないとか、そういった現象が起こるんですね。

なぜなら、人間が持っている「波動」という目には見えないエネルギーがあり、それが因果として自分に返ってくるからです。

だから、逆に、いつも人に親切にしている人は、自分も他人から親切にされる機会が多いもの。

人があの世に返った時に聞かれることは2つだけといわれています。

「あなたはこの人生を楽しみましたか?」「人に親切にしましたか?」

この2つしか聞かれないんだそうです。シンプルなこの2つを阻む問題をクリアできるかどうかの修行。

普段から、旦那の悪口を言っている奥さんは、旦那の行いにイライラしているように見えて、実は、最初から自分自身がイライラしているんです。

旦那や起きた問題のせいで自分はこんなに不幸なんだ!という、要は「幸せになる意思」を持っていないんですね。

だから、もう少し幸せのレベルを下げて、「ご飯が食べれて幸せ」とか「お風呂に入れて幸せ」という小さな幸せに目を向けて、まずは謙虚さを持つことが大事。

また、その上で、一日の中で何か一つでも楽しみを見つけて、例えば「この音楽を聴いてるといい気分で楽しいな♪」とか、そういうワクワクする時間帯を増やすようにしましょう。

そういう考え方にシフトしていくと、自分が不幸を感じていた原因が旦那ではなく、自分自身の「時間の使い方」にあったのでは?と感じるようになります。

このように、楽しくないことを考えている時間帯を減らし、楽しいことを考える時間帯を増やす

毎日イライラしてしまう方は、早速、今日から実践してみてください。

幸せ