願い事をうまく引き寄せられない時の対処法【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「願い事をうまく引き寄せられない時の対処法」について、お話したいと思います。

私自身、物事がスムーズにいかない時は、「答えは一つではない」ということを意識するようにしています。

というのも、一日中悩んで答えを一つに決めたところで、その答えが合っているかどうかは、一度、行動してみなければわかりませんよね

だから、考えてから行動するのではなく、明確な答えが定まっていないとしても、まずは行動してみる。

人間って、行動しながらでもちゃんと考えているもので、他のことをやっているうちに頭の中が整理されたり、時間の経過と共に違うアイディアが出てきたりします。

斎藤一人さんも、「グレーゾーンがあってもいいんだよ」とおっしゃっていて、出てきた問題の全てに対して、白黒はっきりさせる必要はないんです。

一旦、保留にしておくものがあってもいいし、現時点で一つ結論を出して、また後から考え直してもいい。

これは仕事においても、白黒はっきりさせるクセが染みついている人ほどイライラしがちで、何かとストレスを抱えるケースが多いんだとか。
.
.
こうしたことから、「願い事を叶える方法」に関しても、最終地点に辿り着くためのルートは複数あっていいんだ!という考え方を持つことが大事。

例えば、私だったら、下記の5つのように『複数の考え方』を入口としてゴールへ向かいます

1、引き寄せの法則を働かせるためには「今」をいい気分で過ごすことが大事。ワクワクを最優先で行動する。

2、人間は生まれる前に「人生のシナリオ」を決めているので、ジタバタしなくていい。どうせうまくいく。

3、あの世は想念の世界だけど、この世は「行動の星」。だから、悩みがあっても、とにかく行動と改良を繰り返す。

4、夢が叶ったらうれしいけど、叶っても叶わなくても幸せな人生を送る。執着しない。「どちらにしても幸せ」

5、過去に失敗してきたやり方とは、「違うやり方」でもう一度チャレンジする。一つの方法に依存しない。柔軟に。

もちろん、この5つの思考パターンだけが正解!!というわけではありませんよ。

その時々に応じて変わってきます。ただ、ひとりさんもおっしゃっているように、この世の中は、ノウハウやテクニック論だけで成功するようにはできていません

自分自身の知恵や行動が、自他共に「心を明るくする考え方」かどうか、また、その考え方に「愛があるかどうか」、そういったところに視点を置く必要があります。
.
.
大半の人は、徹底的にその分野のノウハウを勉強し、戦略的な集客、マーケティング、販売の手法を学ぶことになるでしょう。

それによって基礎を構築することはできると思います。

ただ、一つ一つのハードルを乗り越え、行動を継続していくためには、人間としての「魅力的な考え方」がどうしても欠かせないんですね。

そこを軽視してしまうと、下記のような状態になってしまうこともあります。

●悩むだけ悩んであきらめる。または、行動してもすぐにあきらめてしまい、作業を続けることができない。

●お客さんが求める商品ではなく、理論的に売れるであろう商品ばかりを作る。結果として全く売れない。

●夢が叶わなければ、自分は不幸な人間だ!不幸な人生だ!と、夢に依存・執着し、苦しみもがいてしまう。
.
.
このように、仕事でも何でも願い事を叶えるためには、具体的な方法論よりも「魅力的な考え方」に重きを置かなければ、うまくいくものもうまくいかなくなってしまいます。

また、この宇宙には、目には見えない波動というものもあるので、例えば、イライラしながら作った商品には、そのイライラの波動が入るため、なぜか他社と同じようなものでも売れない!!といった現象が起きてしまうんですね。

だから、斎藤一人さんも、ワクワクしている最高の気分の時に、一瞬でひらめいたアイディアで、健康食品などを開発しているんだそうです。

決して、「迷い」や「悩み」、「苦しみ」「我慢」「焦り」など、そういったネガィテブな波動を入れてはいけません。

こうした宇宙の原理は、信じたい人だけが信じてみてください。

おそらく、あなた自身も、自分の過去を振り返った時に、「あの頃は奇跡的にうまくいったな♪」と感じる時代では、必ずといっていいほど、一心不乱だったり無償の愛だったり、そういった『いい波動』の状態で過ごしていたはずです。

不幸の後に待っているのは不幸、幸せの後に待っているのが幸せ

「今」を無条件で幸せに生きることができれば、「未来」も無条件で幸せに生きることができます。

「宇宙の法則」を全く知らない人でも成功できる理由

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの学びを参考に、『「宇宙の法則」を全く知らない人でも成功できる理由』というお話をしたいと思います。

まず、宇宙の法則とは、簡単に言うと、波動(振動数)と呼ばれるエネルギーによって、この世の中の因果関係が成り立っているという考え方のことです。

例えば、人間の観点では、「今が苦しくても我慢をすれば、未来に幸せが待っている」と考えますが、宇宙の原理では、『今を不幸の波動で生きれば、未来で不幸が返ってくる』と考えます。

つまり、こうした因果関係というのは、目には見えないものなので、興味を持って理解したからといって、必ず成功できるわけではありませんし、逆に、全く無関心な人でも、うまく活用できているケースもあります。

たいてい、知識がなくても成功する人は、仕事でも何でも、ワクワクして夢中になれることを日々楽しみながら行動している人

だから、世の中には、宇宙の法則を全く知らない人もいますし、全く信じない人もいますが、それでも成功する人はたくさんいます。

この現象は、現世で過去にどんな波動で生きてきたかだけでなく、「生まれ変わりの回数」や「前世」でどんな行いをしてきたかにもよるといわれているんですね。

ただ、一ついえることは、今の人生に幸せを感じている人は、そのままの生き方が正解といえますが、もし、「今の人生に不幸を感じている」のであれば、宇宙の法則を学んでおいて損はないということ

なぜなら、何十年も本当の成功法則を知らないまま、必死の努力をして、「我慢」「苦労」の先に幸せが待っている!と信じたまま、死んでいった方がたくさんいるからです。
.
.
人間は何度も生まれ変わるとはいえ、現世での人生はたったの一度きり。どうせ生きるなら、誰だって幸せな人生を送りたいと思いますよね。

では、なぜ、宇宙の法則を一生懸命勉強しているにも関わらず、豊かで幸せな人生を送れない人がいるのか。

その理由は、一言でいうと『我の強さ』が関係しています

もっといい現象を引き寄せたい!でも、何も起こらない・・。なんで?何がダメなの?と悩んでしまうわけですが、こういう人は、現実とスピリチュアルの割合が、2:8くらいでスピリチュアルに偏ってしまっているんですね

本来、この地球は「行動の星」なので、あの世の想念の世界とは違って、現実8割:スピリチュアル2割くらいで、『行動』に重きを置かないといけません

だから、せっかく「今をいい気分で生きることが大事」という知識が頭の中に入っているのに、その知識を忘れて、我の強さで、今を悩んでしまうわけです。

極端な話、スピリチュアルを学んで、今を悩みながら生活するくらいなら、一切学ばずに、今をワクワクして楽しく生きた方が、よっぽど成功する確率は高くなります

例えば、近所を散歩して気分がいいな♪とか、お風呂に入って気持ちいいな^^、ご飯が美味しくて幸せだなぁって、そういう天国言葉を口にしながら暮らした方が、いい現象は起きやすくなります。
.
.
そもそも、宇宙の法則というのは、幸せになるための手段として、知っておいた方が有利に展開できますよ!というものですからね。

だから、本来の目的である『幸せ』を度外視して、知識と自我をいくら磨いたところで、「ないものねだり」は不平不満の波動ですから、未来の現実も不平不満の現象しか起きません。

一番大切にすることは、あなた自身が、今この瞬間を明るく生きること。そして、人に親切にすること

また、宇宙に自分が望むオーダーを出しても、それが宇宙に届いて、自分に返ってくるまでに『タイムラグ(時間差)』があるので、そんなにすぐには思い通りにいかないんですね

なので、短期的に見ると、目先の出来事だけにとらわれて、落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、長期的に見ると、「今はこの段階で学ぶのがちょうどいい」となるわけです。

斎藤一人さんの教えにも「神様の時間調整」というお話があるように、結果に関しては、自分にとってベストなタイミングで返ってくるようになっています

あなたが、日々、人が喜ぶことや人の役に立つことをして、自分に対しても他人に対しても、「愛」を持って大切に接しているのであれば、いずれ、神様はご褒美をくれるので、その間にジタバタする必要はありません。

悪い行いをした人はカルマの解消で悪い種を刈り取ることになりますが、いい行いをした人は『達磨』といって、必ずいい種を刈り取ることができるので、安心して大丈夫です。

何があっても絶対に幸せになる愛の覚悟☆【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「人の心と体を健康にするひとりさんの愛」というお話について、解説いたします。

一人さんの趣味はドライブですが、いつもドライブをしている時に、誰も知らないような野の花や、誰もが見落とすような小さな風景に目を向けているんだそうです。

だから、「有名な観光地だけが楽しい」というわけではなく、どんな物やどんな風景、どんな人にもそれだけが持つ魅力というものがあって、そういった魅力をひとりさんはいつも愛しています。

また、ひとりさんの夢は日本中の人の「心」「体」を健康にすること!!

幼少期の頃からずっと体が弱かったひとりさんは、毎日たくさんの本を読んで、心と体の勉強をしてきました。

体には『栄養』が必須ということで、銀座まるかんという会社で青汁酢などのサプリメントを開発。

そして、心には『考え方』が必要ということで、本を出版したり、講演会を開いたり、ついてる神社を作ったりするなど、こうした活動を続けてきました。

多くの人にとって「考え方」とは、「脳に知識」が入っている状態のことをいいますが、ひとりさんがおっしゃっている考え方とは、「心(ハート)に徳」といって、人の役に立つことや人が喜ぶことをする上での思考を指しています

だから、数多く出回っているビジネスや人生哲学のノウハウやテクニック論だけを学んでも、人に何かを与えようという気持ちのない人が、幸せをつかみ成功を手にすることは難しいのです。

徳を積むとは、人に何かを与えること。「人に何かを与える」の考え方としては、例えば、お世話になった人に恩返しをしよう、仕事では結果を出すより先に人を笑顔にしよう、周りの人といつも上機嫌で接するようにしよう。こういった思考のこと。

よく、ひとりさんがおっしゃっているのは、この世の中で一番のボランティアは「自分自身が明るく上機嫌で生きる」ということ。これって簡単なようで難しいことですよね。

例えば、あなたは、身近な人がみんな地獄言葉を言っている中、自分だけでも笑顔で明るい天国言葉を使うことができますか?地獄言葉を口にする集団から離れることができますか?

また、いつも不安や恐怖を抱えて悩んでいる人の機嫌をとってしまい、自分のエネルギーが奪われていると感じたり、心が暗くなったりしてしまうことはありませんか?また、人に自分の機嫌をとってもらっていませんか?

心に徳とは、まずは自分で自分の機嫌をとること。そして、いつでも自分の心に灯をともし、他人の心にも灯をともすことです

これを実践するためには、「何があっても絶対に幸せでいるんだ!」というブレない強い覚悟がなければ続けることはできません。

私が斎藤一人さんの話の中で、最も厳しい口調で、最も難しい内容だと感じたのが「覚悟の話」

決して、弱い覚悟ではダメです。強い覚悟を持った人だけが、その後の人生を優しく愛を持って生きることができます。

覚悟とは「自我の強さ」のことではなく、明るく生きて人に親切に生きること。そして、周りに嫌な人が現れたり、トラブルや悪い出来事があったりしても、地獄言葉を言わず「幸せに焦点をあて続ける」ということです

なぜなら、人の『言葉』と『思考』は本当に現実になるからです。これは、宇宙の原理を学び続けている人にしか理解してもらえないかもしれませんが、目には見えなくとも「因果の法則」や「正負の法則」は存在しています。

実際に、天国言葉を言い顔につやを出し明るい服装をし、心の針が上を向いた状態を保って仕事をしてきたひとりさんのお弟子さん達は、皆、億万長者となり幸せで豊かな人生を送っています。

その根底部分の土台となっているのが、「何があっても絶対に幸せになるんだ!」という強い覚悟なのです。