お弟子さんがなぜひとりさんを師匠に選んだのか【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日のお話は「お師匠さん(マスター)」というお話。

これは自分が会社などで上の立場になった時、またはお店などを経営する時など、下の人間を教育する際に必要な考え方となります。

斎藤一人さんが教えるお師匠さん(マスター)とは、人に対して愛情で注意してくれる人のこと

ひとりさんが話す言葉には愛があります。だから、斎藤一人さんのお弟子さんは、「ひとりさんの言うことなら何でも聞こう!」と素直に思えたんですね。

例えば、「この人のこういう所はよくないよな」と思っ時に、「もう少し様子を見よう」という人もいれば、その場で「すぐに注意してあげよう!」という人もいますよね。

なぜ、「様子を見る」がダメなのかというと、ずっと様子を見ていて気付いたことなのだから、「様子を見よう」というのは自分自身の怠け心なんです

というのも、その人を放置して、時間の経過を待ったからといって、何十年間も当たり前と思っていた行動パターンが、急に変わることはありません。

だから、周りの人が親切に教えてあげる必要があるのです。それがお師匠さん(マスター)の役目。

ただ、世の中には「魂の修行をしている人」「凡人」の2パターンに分けられます。

魂の修行をしている人は、注意を受けると「ありがとうございます」と、気付きを得られたことに感謝します。

一方、凡人は、注意を受けると、不機嫌になったり怒ったりするんですね。

従って、お師匠さん(マスター)に求められる力というのは、「この人の言うことなら聞いてもいいかな」と思ってもらえるような存在になること。

そのためには、普段からコミュニケーションをとって信頼関係を築くことが大事ですし、注意する時も本当にその人のためを想って伝えなければなりません。

だから、例えば、学校の先生が一人の生徒を注意する時に、心の中で「おまえは不真面目だから邪魔なんだよ!!」と思いながら注意をすると、それは必ず相手に伝わるもの。

それが、生徒のことを本気で考えている先生であれば、「少しでも力になりたいな!」という気持ちで、例えば、冗談交じりで話を聞いてあげたり、心が軽くなるようなアドバイスをしたりすると、必ずそこから「愛情」が見えるものなんですね。

このように、指導する側には「愛情で注意してくれる人」、そして、指導される側には「素直に聞く耳を持てる人」が、これから一人でも多く、増えていかなければなりません。

斎藤一人さんいわく、指導する側の優秀な人を育てる本はたくさんあるけど、指導される側の力を持つ人があまり育っていないとのこと

つまり、人から注意を受けた時に、いつもブスっとしたり反発したりするのではなく、「私はちょっと忘れっぽいところがあるので、少し仕事を覚えるまで時間がかかるかもしれませんが、またいつでも注意してください!」と、そう言えば、教える側としても見方が変わってくるかもしれません

こういったことから、師匠と弟子の関係のように、指導者も指導される側も、互いに向上心を持って力をつけていきましょう。

お金持ちを目指す人が知っておきたい話【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は『お金持ちを目指す人』に向けたお話になります。

世の中には「お金持ちになりたい!」という方がたくさんいますよね。

今回は、神的な話ではなく、より現実的な内容になっているので、理解度という面では、ほとんどの方にとって何らかの参考になったのではないでしょうか。

例えば、お金持ちになるために、自分が魅力的な人間になってお金持ちの人と結婚する。これも一つの方法論としては正しい答えとなります。

また、自分の名前をブランディングして知名度を上げ、あなたから商品を買いたい!と思ってくれるファン層を拡大していく考え方もあるでしょう。

中には、親が資産家で、大きな家を建ててもらったり、多額の財産を受け継ぐようなケースだってあるかもしれません。

このように、お金持ちになるパターンというのは、人によって様々なんです

そこで、一つ注意しなければならない点として、なかなかお金持ちになれない人には「人に対する偏見がある」という特徴を持っていること。

例えば、「学歴も能力も無いのに、あいつは親に家を建ててもらった!」とか、「たまたま名前が売れただけで商品がいいわけじゃない!」とか。

そういう、人の偏見を持つ人はお金に好かれませんし、そんな波動を出しながら成功することは不可能です

だから、本当にひとりさんをお師匠さんとするのであれば、素直に聞く耳を持つのが当然ですし、そうでなければ、他のメンターを探すべきだと思います。

ひとりさんの教えでは、「運がいい」とか「ツイてる」というのは、それだけで本当に素晴らしいことで、決して否定するものではありません。

また、中にはひとりさんの名前を使って、勝手に商売をやったり宗教の集客に使う人もいるようですが、最終的には、お金をむしりとられる可能性が高いので十分に注意しましょう

入り口だけひとりさんと似たようなことを言っている人って、意外とたくさんいます。

でも、結局は、お金をとらないと運営していけない現実があるんです。

ひとりさんは事業収益が基盤にあるので、わざわざ講演会で商品を売りつけたり、新商品の発表をしたりすることも一切ありませんからね。

その辺の違いをちゃんと見極めた上で、ひとりさんをお師匠さんとして信じたい方は、これからもひとりさんの教えを学び、楽しく実践していきましょう。

お金