「病」と「気」を一緒にしちゃダメだよ【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

斎藤一人さんの一日一語を要約した、一日一伝をお送りいたします。

本日の一日一伝は、『「病」と「気」を、一緒にしちゃダメだよ』
.
.
病気のときはね、気を離して、病だけにしちゃえば、たいがい治るんだよ。

病気というのは、体がなるものであって、心までは病気にならなくていいんだよ。

病気だから暗くなっちゃうとか、ふさぎこんじゃう必要はないんです。

心は病気じゃないんだから。

本当は体だけが悪いんだから、心は元気でいたほうがいい。

心が元気な人は、治りが早いんだよ。

さいとうひとり
.
.
ここからは、斎藤一人さんの、「病気」に関する名言集をお届けいたします
.
.
私は、お医者さんがいらないと言っているのではありません。薬がいらないと 言っているのでもありません。だけど、食事に気をつけて、運動もして、考え方も直して、それではじめて、薬も効くのです。自分の考え方の間違いとか、食事、生活の間違いで病気になったのに、自分の間違いを直さない。

さいとうひとり
.
.
.
脳はストレスがあると、体のどこかに痛みを出す。たとえば、胃痛とか、腰痛とか。昔よく、病は気から!って言ってたよね。気って何ですかって、脳なんだよ。脳は、ストレスが出てくると、それをまぎらわすために、どこかに痛みをだすんだよ。

さいとうひとり
.
.
.
同じようなものを食ってて、同じような生活してて、病気になる人とならない人がいる。おかしい!って自分の脳に言ってごらん。それ、脳がやってるんだよ!ってわかって、毎日、脳に言うようになったら、どんどん良くなっていく。本当に良くなるんだよ。

さいとうひとり
.
.
.
体は絶対、絶対に間違えません。体は神が創ったものです。あなたの体に、神がいるのです。だから、食べたものとか、吐いたときは、どうしたんだろう。なんか、悪い病気かな……って、必要以上に不安がらない。吐くときは吐けばいいのです。

さいとうひとり
.
.
.
病気で入院している人でも、幸せだなあ。まだ、生きているんだから。と思える人は、ずっと幸せ。

さいとうひとり
.
.
.
お医者さんにだけ、治してください!というのは、お医者さんがかわいそうです。それは無茶ですよ。あなたが病気をつくったんですよ。車なら、修理屋に持っていって、ガチャガチャ修理してもらえば直ります。だけど、神が創った体は、車みたいに、ガチャガチャやっても治せないのです。

さいとうひとり
.
.
.
松下幸之助さんはね、自分を出世させたのは、三つのことしか考えられない!って言うんだよ。三つとは、「家が貧乏」「学校へ行ってないこと」「病気だったこと」。松下さんは、家が貧しかったから、金持ちになろうとした。学校へ行ってないから、本を読んで勉強した。体が弱いから、他の人を育てた。

さいとうひとり
.
.
.
どんな伝染病が流行っても、死なない人は必ずいるんです。健康な人はかからないのです。ましてや、生活習慣病、慢性病みたいなものは、菌性ではありません。100%自分の責任で、病気になるのです。みなさんは、そのことを知らないだけなんですね。

さいとうひとり
.
.
.
私は元気ですよ。こんなもんで十分です!とか言ってる。そんな強気な病人って、珍しいんだよ。そういう人って、たいてい治っちゃう。病気っていうのは、気が患うんです。弱気になると、病気になりやすくなる。病院に行くなというんじゃない。病院に行きながら、強気で生きていけばいい。

さいとうひとり