起きた出来事を許して楽しい解釈に変える【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「嫌なことを面白いことに変える」というお話。

ひとりさんは嫌な出来事があっても、それを楽しいこと面白いことに変えることができます。

「歯医者に行って帰ってくる」という日常生活で、ひとりさんのように、そこで起きた出来事を「笑い話」にできる人ってなかなかいないです。

この話は、ひとりさんが通っていた歯医者の先生が、自信なさそうに治療している時に、ひとりさんが「そんなんじゃ誰も来なくなっちゃうよ」と言っていたら、患者が減るどころか、歯医者自体が無くなってしまったというもの(笑)

それで、別の歯医者に行ったら自信満々の先生なんだけど、治療の仕方が荒かったんだそうです。いろんなパターンがあって面白いですよね。

でも、こうした出来事をひとりさんは笑い話にできますが、ほとんどの人は愚痴や泣き言として人に話すのではないでしょうか

「あそこの先生、腕が悪くて。。」とか「通ってた歯医者が無くなるなんてツイてない」とか、そういうとらえ方をする人がほとんどだと思います。

だから、斎藤一人さんがなぜ、この出来事を講演で話されたかというと、おそらく、毎日生きていればいろんなことがあるけど、こうやって嫌なことも楽しいことに変えられるし、笑い話にすることもできるんだよ!ということを伝えたかったのでしょう。

これを実践するのはすごく簡単なことで、普段から「楽しいこと」に目を向けているか、「つまらないこと」に目を向けているかの違いです。

つまり、斎藤一人さんの天国言葉に「楽しい」や「許します」という言葉があるように、起きた出来事を変えることはできないけど、広い心で許して受け入れること。

さらに、それだけでなく、マイナスとも思えるようなことも楽しい解釈に変えて、人に笑って話せるような状態に持っていくこと

例えば、この話を応用して考えると、電車が遅れたり止まったり、予定通りにスケジュールをこなすことができない状況になったりした時も、同じような考え方ができるのではないでしょうか。

「もう本当に嫌になっちゃうよ!!」と言うこともできますが、「おかげで偶然あの人に会うことができたよ♪」とか、「今日は特別に美味しいものを食べよう」とか、「ふと新しいアイディアが頭に浮かんできてツイてる」といったように、前向きな思考にシフトすることもできると思います。

そうやって明るく生きていると、次は嬉しい出来事が待っていたり、自分でも驚くような奇跡が起きたりするもの。ぜひ、あなたも毎日のちょっとした考え方を大事にしていきましょう。

幸せ

楽しくて新しいものを脳に入れる「活性化」の話【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「活性化」のお話。

活性化というのは、脳に新しいものを入れるとか、楽しいものを入れるという意味です。

例えば、この活性化を意識していないと、いつも体調が悪かったり景気が悪かったり、とにかく覇気の無い状態になってしまいます。

じゃあ、具体的に何をしたらいいんですか?というと、何か本を買って読んでみるとか、人の話をじっくり聞いて参考にしてみようとか、小さなことでも意欲的に吸収しようという心がけ。

ひとりさんが同級生と会った時は、そういった吸収の意識が全く見られず、何を話したらいいのかわからなかったそうです。

これはもちろん、栄養の面でも同じ考えなので、ちゃんとお肉を食べて、野菜も食べて、必要なサプリを飲んで健康を維持するようにしましょう。

そして、年を重ねても、「少しでも若く見られたい!」という欲を忘れないこと。

ひとりさんは、男女問わず「顔につや」を出すことが大事だよ♪とおっしゃっていて、顔につやを出すことは、本当に、人生の幸せには欠かせない!!というぐらい大切なものなんです。

ただ、中には、「外見じゃなくて中身だろ?」とか、「若く見られたって年齢は変わらない!」とか、そういう言い訳ばかりしている人もいますが、幸せとはそういうものではありません。

不幸とは何もしなくてもやってくるもの。幸せとは、自分で見つけ、自分で作っていくものなんですね。

また、自分が不幸だからといって、人の足を引っ張って、幸せの邪魔をしてはいけないんです。

そもそも、この「脳」を活性化させるのに、何一つ、難しい努力は必要ありません。

例えば、栄養を摂る、散歩する、本を読む、天国言葉を言う、顔につやを出す、人の話に聞く耳を持つ等、小さな楽しみを取り入れるだけ。

テレビが好きなら好きなテレビ番組、映画や漫画が好きならそれも一つの楽しみになりますよね。

子供の頃にやっていた遊びを習慣にしてもいいでしょうし、ゴルフでも旅行でも何でもいいと思います。

年齢に関係なく、ワクワクできる小さな楽しみを大切にすると、脳が活性化して、他の些細なことにも感謝できるようになってきます

幸せな人とは、そういう細かくて、小さくて、ちょっとしたありがたみに気付くことができる人のことです。

健康

勇気を出して楽しいことに一歩踏み込む【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「楽しいことに一歩足を出す」というお話です。

すごく簡単な内容ですが、実は奥が深いというか、今の日本に必要な考え方なのではないかと感じました。

例えば、家でテレビを見ている時に暗いニュースが流れると、当然のように暗い気持ちになりますよね。

また、その暗い話題を人に話すと、その話を聞いた人も暗い気持ちになってしまいます。

確かに、世の中の現状を素直に受け止めることは正しいことですが、人間が生まれてきた目的は一人一人が楽しいことに目を向けて幸せになること。

中には、「人の不幸は蜜の味」という言葉を鵜呑みにして、ネットで悪口を書き込んだり、人の足を引っ張ったりする人もいるようですが、これはひとりさんの教えとは真逆の人生(不幸の道)を歩む人だと思います。

世の中には今日一日の中で、当然、明るいニュースもありますし、空いた時間で映画を観るなどの趣味を楽むこともできるはずです。

他にも、将来のことで悩む時間を5分減らして、読書の時間を5分作ることもできるでしょうし、地味な自分に卑屈になっているのであれば、一歩でもオシャレな自分に近づく行動を考えることは可能ですよね。

だから、一番よくないのは考えないこと。不安、恐怖、心配ごとは考えなくても毎日のように襲ってくるものですから、それをどうやって楽しい人生に転換できるかというゲーム♪

「どうやったら毎日が楽しくなるんだろう。。」と複雑に考えるのではなく、自分にはちょっと不真面目さが足りないのかも!と考えて、気軽に遊び心を持つことが大事☆

私もそうですが、たいてい深い悩みに入ってしまう時って、疲れてる時とか真面目に正しいことばかり考えてる時ですからね(笑)

何があっても大げさに考えず、オセロの黒を白に変えるように、仮に今日嫌なことがあったとしても、できる限り楽しい方に舵を切っていくようにしましょう。

幸せ