生まれる前に決めた課題を必然的にこなす【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「あなたが生まれてきた理由を探る方法」というお話について、解説いたします。

この話は、100回聞いても信じられる人がいないかもわかりません。それくらい「魂」という目には見えない存在を理解して頂くのは難しいことなので、本当に信じたい人だけが参考にしてみてください。

人は誰でも、「自分が最も幸せになれる」と思う親のもとへ生まれます。これは生まれる前に、あの世で自分が決めていることです。

では、そもそも人はなぜ、生まれてくる必要があるのでしょうか。神様が人間を作ったとして、なぜ人間の魂と肉体を作ったのか。残念ながら、最終的な目的が何なのかは誰にもわかりません。

ただ、現時点で斎藤一人さんは「魂を成長させるため」に、人は何度も生まれ変わっているとおっしゃっています

というのも、「人は一度は叩かれる」と書いて「命」という漢字になるように、この人生の中で、必ず一度は大きな試練と向き合うことになります。

例えば、リストラだったり、病気だったり、受験の失敗だったり、借金だったり、要は、本来であれば誰もが避けて通りたい出来事が、必ず一つはあるんですね。

実は、その試練と向き合うことも、生まれる前に自分が決めてきたプログラム。だから、どの仕事に就くかも自分で選んでいるようでそうではないんです。

さすがにこの話は、不思議を通り越して、怪しい話と感じる方がほとんどだと思います(笑)

もう少しわかりやすい例でいうと、「宿命」「運命」という2つの言葉がありますよね。宿命というのは、自分の努力ではどうすることもできないこと。運命とは自分次第で何とでもなることです。

例えば、生まれる国(場所)・性別・顔・家族・人との縁・起きる出来事・仕事など、こういったものは『宿命』であり、絶対的な定めとなっています。

一方、考え方・生き方・解釈の仕方・使う言葉・行動・服装・表情・知識・知恵・心など、こういったものは『運命』であり、日々の習慣や経験で変化・進歩が可能。

だから、よく仕事で「この仕事が気に入らない」とか「この人とは合わないから嫌い」と言う人や、「私の天職が何なのかわからない」という人もいますが、本当は生まれる前に、自分が最も成長するであろう職業をすでに決めているんですね。

この話は何度聞いても、摩訶不思議な話だなと感じるかもしれません。でも、よくよく周りの人を観察していると、ふとしたことに気付くことがあります。

例えば、意地悪で性格の悪い人の周りには、同じような考え方を持った同じような雰囲気の人が、いつも同じような行動をとっていたり、感情的な人にはなぜか感情的な人と巡り会ってケンカに発展したりします

逆にいい事例としては、例えば、臆病でせっかちだけど熱心な社長の側近に、知的でマイペースだけど冷静沈着な人が付くケース。この場合は、お互いに異なる要素を持つ人と関わることで、バランスを保ちながら成長することが学びなのかもしれません

このように、人間だけの視点で見ると、家族関係でも職場の人間関係でも、愚痴や不平不満、悪口、泣き言のオンパレードかもしれませんが、「神的な視点」で見ると、そういった中でこそ、生前に決めた人生のカリキュラムを順調にこなすことができるのです

じゃあ具体的に、今何を学んでいるのか気付く方法はあるんですか?というと、普段から内観を大切にしている人であれば、自分の現状に対してすぐに答えが出てくるもの。

例えば、「仕事をしたくないから引きこもっている人」は、このまま仕事をせずに引きこもったままでいると、この先の人生がどうなるのかを学ぶことになります。

また、「金銭面で浪費癖のある人」は、お金を大切にせず使ってばかりいると、いずれどうなるのかを学びます。これは健康面でも同じです。

このように、あなたが今どんな仕事に就いて、どんな人生を送っているにしろ、日々の生活の中には、たくさんの気付きや学びがつまっているのです。

つまり、もし身近で困っている人がいたら、それは学んでいるだけ。人は本当に困った状態にならなければ、心から学ぶ気持ちになれないのです。

だから、醜い財産争いをしているような人は、そういった「未熟な魂の人同士」が、互いにぶつかり合う中で、順調に魂を成長させているということになります。

そういったことから、あなた自身も過去の人生を振り返ってみると、前世療法などをせずとも、自分が現世で学んでいることが何なのか、少しずつ見えてくるのではないでしょうか。

「私はよく人から怒鳴られる」ということであれば、前世で「自分がよく人に怒鳴っていた」から、その因果の相殺をしていると解釈することができます。そこで愚痴や悪口を言ってしまうと、何度でも同じ現象が起きてしまうので注意しましょう

一方で、明るく生きて人に親切にしていると、そのいい種は必ず実り、いずれ自分にとってベストなタイミングで幸せな現象が起きるようになります。

前世で自分が作った因果を現世で刈り取る【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「9割の人は信じられない生まれ変わりと因果」というお話について、解説いたします。

実は、因果というのは、原因があって結果がある。ただこれだけのことです。ここまでは誰でも理解ができること。

しかし、「前世に作った因果が現世に出る」という話になると、9割以上の人にとっては信じがたい話なんですね

だから本当にこの話は、信じたい人、または信じられる人だけが聞くようにしてください。宗教でも何でもなく、ひとりさんの観点でお伝えしているものですから。

まず、よく人間には前世があるといわれますが、その前世というのは一回だけではありません。人間に生まれ変わること10万回といって、本当に何度も何度も輪廻転生を繰り返しているものなんですね

何度も生まれ変わるということは、人間の肉体には寿命があっても「魂」には寿命がない、つまり不滅ということになります。

ところが、この現象は立証することが難しいので、幽霊でも守護霊でもご先祖でも、そういった話を持ち出すだけで「怪しい」とか「詐欺師」といった言葉で片づけられてしまうことがほとんど。

ただ、日常生活で、この世の中で起こっている出来事から、人間の生まれ変わりを自分で理解することは可能です。

これはどういうことかというと、例えば、ワイドショーでやってるような「いじめ問題」「パワハラ問題」「殺人事件」など、この世には人を傷つけたり、殺めたり、犯罪を犯すような人っていますよね。

そういった人は、人間界に生まれ変わってきた回数がまだ少ない。要は、「魂の段階(ステージ)」がだいぶ下の層にいる人達なんです。

だから、人間になる前の感覚も残っているため、強い者が弱い者を倒すのは当然のことだ!という考えで、人の心を無視した行動をとってしまいます

こういった見方をする人は、おそらくほとんどいないと思いますが、この解釈ができると、少しは「人間の生まれ変わり」にも納得できる面もあるのではないでしょうか。

中には、恨みや憎しみの心を持って財産争いをしているような人もいるわけですが、そういった人もまだ魂が未熟で、未熟者同士が魂を成長させるために学んでいるわけです

ギャンブルでお金を使い果たして困っている人も、困っているように見えて、実は「お金のありがたみを学んでいる」という捉え方をすることができます。

もちろん、だからといって人に迷惑をかけたり、人の命を奪ったりしてもいいというわけではありませんよ。魂が未熟でも悪い行いは許されません

現世で悪い行いをすると「因果(カルマ)」になって、来世でその因果を刈り取ることになります。刈り取るというのは自分も同じ目に遭うということです。

その代わり、人助け等のいい行いをすれば「達磨(だるま)」となり、来世で今度は自分が人に助けられることになります。

こういった現象を信じることができなくても構いません。この世の面白いところは、輪廻転生を信じていなくても理解していなくても、ちゃんと魂が成長するところ

人間の肉体に寿命が来て、一旦あの世に戻った時、神様から聞かれることはこの2つだけだといわれています。

『あなたはこの人生を楽しみましたか?人に親切にしましたか?』

この2つだけ。その時に、迷わず「はい」と答えられるように、日々一つでもいい因果、いい種を蒔いて、明るく人に親切にしながら生活していきましょう。

一言で言うと現代は魂の第三段階なんです【斎藤一人】


この動画音声の文字起こしはこちら

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「魂の第三段階」に関するお話です。

今回はちょっとだけ難しい話になっていますが、ざっくりと要点だけを抑えながら聞いてみると、そこまで複雑な内容にはなっていません。

まず、魂の第一段階というのは、「強い者(絶対権力者)」が勝つ時代、つまり殿様などの強い力を持った人が組織を総括していた時代のことです。

戦争でも農業でもそうですが、ちゃんと組織化して一人一人が勝手なことをしないように、強い権力者の存在が絶対に必要でした。

次に、魂の第二段階では、これまでのように強い人の言いなりになるのではなく、正しいことを主張している人の言うことを聞こうという考え方に入っていきます。

これによって、初めは弱肉強食の動物っぽい思考で、「誰が強いか」の判断基準で動いていたところを、徐々に人間らしい思考にシフトし、「どっちが正しいか」で動くようになりました。

例えば、現代社会でいじめをする人間というのは、魂が第一段階の未熟な人がとる行動であり、人間的な行動ではないということになります。

そして、21世紀の「魂の第三段階」というのは、どっちが正しいかはもうわかったので、どっちが正しいかではなく、どっちが楽しいかを追求していく時代に入ったんですね。

つまり、これまでの時代を経て、人を殺してはいけないとか物を盗んではいけないとか、そういう正しいことは少しずつわかってきたので、今後、それがわかった人は「どっちが楽しいか」という判断基準に進みましょう!ということです。

例えば、世の中の常識もわかっていて仕事にも就いている。しかし、問題が起きた時に、苦しみながら解決する人もいれば楽しみながら解決できる人もいますよね。

これは、どうせ解決するなら正しくて楽しい解決方法をとった方が、今の時代に適していますよ!というのが魂の第三段階の考え方。

仕事をしていて商品名が決まらない時なんかも、どっちが正しいだろうかと考えるのではなく、お客さんにとってどっちが楽しいだろうかと考える。

このような魂の第三段階の時代が、あと何十年続くのか何百年続くのか、まだひとりさんにもわからないそうです。

なので、まずは今の時代に沿った生き方をすることが大事。今は、昔みたいに性格が悪くても権力をふりかざしていれば成功できる時代ではありませんからね。

また、職場でどんなに理屈としては正しいと思えるような主張をしていても、正しいだけでは部下がついてこなくなってしまいます。

もちろん人によって魂の成長段階というのは異なりますので、全ての人がそこに気付いて実践できるわけではないでしょう。

ただ、すでに正しいことがわかっている人であれば、正しいことに何か楽しさをプラスする。要は、ちょっとした遊び心を交えながら仕事でも日常生活でも、なるべく柔軟な考え方で、現代の流れに沿って生活して頂ければと思います。