新型コロナウイルスの件で一人さんの見解【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、『新型コロナウイルス』に関する斎藤一人さんの見解をお伝えしたいと思います。

このお話は、ひとりさんの「お弟子さん」や「特約店」の方の情報を参考にしたものです。どう解釈するかは個々の判断となります。

というのも、この世の中に絶対的な答えがあるわけではありません

なので、「ひとりさんは何とおっしゃっていますか?」と、聞き回りたくなる気持ちもわかりますが、これからは、ひとりさんから学んできたことの一つ一つを、大切に育んでいくことが大事ですからね。

まず、今回のコロナの件を一言でいうと、『今はわからなくても、後からわかる』とのこと。

この言葉の意味としては、神様は人間に天罰を与えているわけではなく、魂の時代において、「新たな時代」へ移行するために、起こるべくして起きている問題!ととらえることができます。

なぜ、私がそう解釈したのか。その理由は、ここ数年前から、ひとりさんの「一日一語」や宮本真由美さんの『斎藤一人 AI時代が来ても「絶対必要な人」になる方法』という本にも書かれていたように、ベーシックインカムの未来を示唆するような内容が記されているんですね。
.
.
ベーシックインカムとは、「国民が無条件に国や会社から一定のお金を分配してもらう」制度で、これによって働きたい人だけが働く環境になるというもの。

これによって、極論、昔の貴族のように遊んで暮らせる時代が到来し、個人の魅力に焦点が当たるようになる!!といわれているんですね。これが「魂の時代」。

だから、これまでのような、学歴の時代でもなければ、競争の時代でもない。さらに、性格が悪くても立場が強ければ勝てる!といったような時代でもない。21世紀は魂の時代なんです。

その魂の時代に移り変わるきっかけとなっているのが、今回のコロナ騒動なのでは?と、個人的にはそうとらえています。

なぜなら、斎藤一人さんのお話の中で「夜明け前が一番暗い」という言葉があるように、大きな転換期を迎える時期が、一番大変な時なんですね

実際に、過去の歴史を振り返るとわかるように、長期的に見ると、大正→昭和→平成と、「戦争」「災害」を経験しながらも、時代はよくなってきました。

だから、この令和時代も、みんなが想像している以上にすばらしい時代がやってくるはず。これは信じたい人だけが信じてみてください。
.
.
最後に、新型コロナウイルスについて、斎藤一人さんがおっしゃっているポイントを5つほどお伝えいたします。

1、「必要な恐れ」は持ち、必要のない恐れは持たないこと。

2、心の抗体を作るため、私たちはいろんな試練を乗り越えることで、「心」も「免疫力」もつき、強くなっていく。

3、これからは、魂の成長をする人としない人が二極化していく。

4、コロナを通じて、私たちは真剣に、自分の体、健康と向き合い、経済(お金)のことも学ぶべき時。

5、今、しっかり自分作りをして、天命を信じて人事を尽くしている人は、神に守られ、あなたのところに日が当たる。
.
.
今回のお話は、斎藤一人さんのお弟子さんや特約店の方のお話を参考にしたものです。

もしかしたら「何も参考にならなかった」と感じる人もいるかもしれませんが、あなたが幸せに生きるか不幸に生きるかは、あなた自身で選択することができます

あなたの現状は、今、とても苦しい状況にあるのかもしれません。

世の中がこんなに暗い状況で、どうやったら幸せになれるんだよ!!」と、叫びたい気持ちで、毎日を生き抜くことに精一杯かもしれない。

でも、今は、「こうなったら幸せになれるのに・・・」と、幸せに条件をつけるのではなく、『何があっても笑顔で幸せな人生にするぞ!』と、覚悟を決める時です。

例え、政治家や会社が、自分の思うように支援をしてくれないとしても、仮に生活が困窮してしまうとしても、この現状の中で打てる一手を見つけること。

私は、斎藤一人さんを師匠として生きているので、「今はわからなくても、後からわかる」という、ひとりさんの言葉を前向きに解釈しています

今日も一日、明るく、人に親切にしながら生きていきましょう。

国民一人一人の波動が「日本の明暗」を左右する理由

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだことを参考に、『国民一人一人の波動が「日本の明暗」を左右する理由』というお話をしたいと思います。

あなたは、今後の日本において、国民一人一人の先行きを決める要素は何だと思いますか?

現実的に考えると、新型コロナウイルスなどの問題が解消され、経済が回復し、景気がよくなり、給料が増えるといったイメージかもしれません。

もちろん、具体的な方法論も大事ですが、その一方で、「目には見えない因果関係」にも目を向ける必要があるんですね。

『宇宙の法則』の観点からすると、どの時代においても不変的なものがあります

それは、目には見えない波動(エネルギー)による因果です。

「え?何?怪しい!宗教?」と思うかもしれませんが、目に見えないものは全て存在していない!と、勝手に決めつけていませんか?

『人間の心』が目に見えないのと同じで、波動による「因果」も目には見えません

例えば、「ツイてる・幸せ・ありがとう」などの『天国言葉』を口にしている時は、体に力が入り、「ついてない・もう嫌だ・腹が立つ」などの『地獄言葉』を口にしている時は、体に力が入らなくなる。

この現象は、すでに多くの著名人が講演会などで実証し、その講演に参加した人達も、実際に体験をしています。
.
.
実は、この原理は、地獄言葉を言った本人だけの問題だけでなく、国民一人一人が、日々使う言葉次第で、「天変地異」を引き起こすこともある!といわれているんですね。

斎藤一人さんいわく、一人でも多くの人間が『明るい波動』を出すかどうかで、地震が起きた時も、震度7が震度6になるなど、そういった変化も十分にあり得るとのこと。

だから、世の中で起こる災害やコロナウイルスの問題は、決して他人事ではありません。

今、国民の一人一人にできることは、波動を下げないようにすること

波動というのは、振動数というエネルギーのことですが、これは、普段使っている「言葉」「思い」によって上下するものです。

例えば、上司に怒られた時に、冗談を言って交わせる人もいれば、ひどく落ち込んでしまう人もいますよね。

前者であれば、波動が高いので、次は「いい現象」が起きやすくなりますが、後者の場合は、波動が落ちてしまうので、次もまた、「ネガティブな出来事」を引き起こしやすくなってしまいます。

このように、現状を創っているのは「過去の波動」であり、未来を良くするも悪くするも、「今、出している波動次第」ということになるわけです。
.
.
こういったことから、世界中の「新型コロナウイルス」の問題だけでなく、日本の少子高齢化や不景気などにおいても、本当は、「方法論」ではなく、「波動」に焦点をあてなければなりません

世界全体の波動を上げるためには、国民一人一人の波動を上げる必要があります。

波動を上げる方法は、『天国言葉・笑顔・ワクワク・オシャレ・スピード』などを意識する。例えば、ご飯が美味しい、映画が面白い、オシャレが楽しい、仕事のスピードを上げるなど、こういった状態・感覚を常に心がけるのがポイント!

だから、世の中が暗くなろうが、周囲の人が落ち込んでいようが、共倒れするのではなく、あなた一人だけでも明るく幸せに生きていくことが大事。

そんな中、ネット上で政治家を批判したり、コロナウイルスに恐怖心を持ち続けたり、芸能人を誹謗中傷したり、そんなことばかりを続けていてはいけないんですね。

宇宙の法則を学び、理解している人であれば、すでにこのことに気付いているでしょう。

ただ、一部の人がいくら徳を積んでも、大衆が「悪い波動」を発し続けていては、いつまで経っても、悪循環の因果が巡ることになります。

なので、個人的には、国民一人一人の「意識」や「心がけ」が、日本の明暗を左右する!と、本気でそう思っています。
.
.
もちろん、「嫌なことがあるから、不機嫌になり、嫌な気分になり、暗い言葉を言うのは当然だろ!!」という気持ちもわかります。

でも、部屋の電気だって、暗くなったらスイッチを入れて明るくしますよね。

暗い出来事が起きたから、暗いままでいいんだ!と言っていたら、ずーっと暗い部屋で生活することになるわけです。

あなた自身、「今日一日、意識を明るい気分に持っていくぞ!」と、覚悟を決めれば、今、この瞬間から、明るい気分に意識を向けることは可能なはず!

決して不可能なのではなく、自ら意識をすれば可能なはずなんです。

例え、大切な人との死別があっても、時間をかけて「明るい解釈」に意識を持っていくしかありません。

その人には、その人の人生があり、あなたには、あなたの人生があるわけですから、余生をどう過ごすかは、あなた自身で決めることができます。

朝起きたら、「今日は、楽しい思考と行動だけを選択しよう!」と、覚悟を持って決めてみてください。

これからは、夢を叶えるための覚悟ではなく、『何があっても幸せに生きる覚悟』です。