斎藤一人『一人道』の新刊本を読んで学べること!!

本日は、【2021年4月15日発売】の斎藤一人さんの新刊『一人道』を読むと、こんなことを学べるよ!というお話をしたいと思います。

この本を通じて学べることは、主に、下記の5項目に分けることができるので、ぜひ、参考にしてみてください。
.
.
学び①:「自己肯定感」が低い人や「素直な心」を持てない人は、マインドセット(考え方)を立て直すことができる。

例えば、私は何をやってもダメ、人の幸せを喜べない、心配事ばかりしている、仕事でミスばかりしてしまう、過去の後悔が頭から離れない、人を頼ることができない、コンプレックスの塊など。
.
.
学び②:いつも「イライラ」したり「不満」を感じたりしやすい人は、その悩みの原因や本質に気づくことができる。

例えば、常にがんばっていないと不安になる、仕事をしていて急に虚しくなる、お酒をやめられない、なぜか自分だけ嫌われてしまう、モテる方法がわからないなど。
.
.
学び③:どうしても「自分を信じる」ことができない人は、今一度、この宇宙の正しい「引き寄せ理論」を知ることができる。

例えば、嫌な自分を引き寄せたのは自分のせいなのか、妻はなぜ度を超えた買い物好きなのか、がんばっているのに報われない、人生の目標が見つけられず苦しいなど。
.
.
学び④:ついつい「八方美人」になってしまい、嫌な人に対してもいい顔をしてしまう人は、改めて、本当の自分を取り戻すことができる。

例えば、人からの頼みごとを断ることができない、仕事を辞めたいが無責任と言われて辞められない、親戚からしこく義父母との同居を迫られているなど。
.
.
学び⑤:なかなか「自分の思い」を相手に伝えることができない人は、この本を通じて、「自分らしく生きる基準」を見い出すことができる。

例えば、自分は悪くないのに人に裏切られてしまった、どうすれば毎日笑って過ごせるかわからない、高齢の両親が文句ばかり言っているなど。
.
.
学び⑥:斎藤一人さんが、どうやって「お金持ち」になったのか知らない人は、今日から、「お金」に対する新しい考え方を取り入れることができる。

例えば、自分の才能を簡単に見つける方法を知りたい、お客様のリピート率を上げる方法を知りたい、売り上げが落ち込んで経営が苦しいなど。
.
.
このような斎藤一人さんの教えを1から順に学んでみたい方は、ぜひ、この本を購入して、じっくりと読んでみてください。

この斎藤一人さんの新刊『一人道』は、2021年4月15日発売となっております(現在予約受付中)

「気前よく」言霊の力を活用する【斎藤一人】

「気前がいい」と聞いた時、どんな人のことをイメージしますか?

気前よく誰かにご飯をごちそうしたりすること?大盤振る舞いして皆を喜ばせること?

もちろん、そういった気前の良さという意味もあります。

ただ、斎藤一人さんの新刊で言われている「気前がいい」とは気を前に押し出していく言霊として活用することです。

ひとりさんの場合、いろんな自己啓発やテクニック本とは違って、まずは釈迦の教え通り「言葉ありき」という考え方が前提にあります。

これは天国言葉に限らず、まずは気分が明るくなる言葉を口癖にして、そこから物事がうまくいくようになるというもの。

意外と言葉を軽視している人が多いようですが、普段、頭の中で考えていること、心の中で感じていることは、主に自分が日常的に使っている言葉が脳の中に入っているんですね。

だから、「ついてないなぁ」と言ってしまうと、ついてない人生、ついてない出来事、ついてない人との出会い、とにかく一気にそういった方向に舵をきってしまうことになります。

この本では「気前よく」という言葉が気分を良くする言霊として記されているので、ぜひ参考にして実践してみてください。

もちろん、自分は努力と根性で成功するんだ!という人はそれで問題ないですよ。

でも、きっと辛くて苦しい努力をして問題をクリアできる人であれば、ひとりさんの天国言葉や気分が良くなる言葉を口癖にしたら、もっともっと幸せになれると思います。

世の中、ほとんどの人は一生懸命頑張っていますよね。だけど、成功できる人ってほんの1割か2割。。ということは、人と何か違わないといけない。同じじゃダメなんです。

例えば、トイレ掃除をしてくれてるおばさんに「いつもありがとうございます」と言える人と、言えない人、こういうちょっとした微差が大差になっていきます。

奇跡が起きる人、神が味方したいと思う人、そういった人になりたいと思った時は、いつでもすぐに「言霊の力」を活用してみてくださいね。

「気前よく」の奇跡