関係を断って離れなければならない相手【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「人の話を聞かない頑固な人を救うことはできない」というお話について、解説いたします。

この話を聞いた時に、もしかしたら「ひとりさんって冷たい人だな」と思う方が、何人かいるかもしれません。どう解釈するかは個人の自由ですが、『本当の人助け』とは何なのか、その辺を今一度考える機会にして頂ければ幸いです。

まず、ひとりさんもお弟子さんも、まるかんの人も、基本的には皆、いつも笑顔で優しくて親切な方々です。

不安や恐怖、悩みを抱えている人を救いたい!という気持ちを持っているからこそ、相談に来た人に対して全力でアドバイスを行っています

ただ、中には、どうしても救うことができない人もいるんです。この人だけはどの角度から話しても救うことができないという、そういうタイプの人が一定数いるんですね。

それは、頑固で聞く耳を持てない人です。ずーっと自分の話をしていたり、改善点を指摘されるだけで怒ったり、怒鳴ったり、反発したり、地獄言葉ばかりを吐き続けたりする人には、どんな救いの手も届きません。

ひとりさんいわく、そういう人をどうにかすることはできないとのこと

なぜかというと、「心に灯をともす」という行いは、相手が「心に灯をともしてもらいたい」という意思があって、初めて成り立つものだからです。

だから、中途半端にそこで構ってしまうと、ちょくちょく迷惑をかけに来るようになります。そして、人に迷惑をかけることで相手からエネルギーを取るようになるんですね。

例えば、天国言葉の「ありがとう」を言うといいよ!と教えても、「俺はそんなの言いたくない」とか「言っても意味がないだろ」とか、そういったことを言います。

そういう人が現れた時は、ばっさりとその人との関係性を切ってしまわないとダメです。

例え、それによって周囲から「冷たい人ですね」と言われようが、そういった人との縁を完全に断ち切らなければなりません

そうしないと、あなたのエネルギーが奪われてしまいますし、お店の環境も悪くなり、他の人にも悪い影響を与えてしまうことになります。

おそらく、「もうここに来てはいけないよ」と言われた人は、これまで以上に不平不満、愚痴、泣き言、悪口を言うようになるでしょう。

しかし、『はじめに言葉ありき』という教えをバカにしたり、全く聞く耳を持てない人というのは、一言で言うと、日々の生活に感謝の気持ちがない人。

ご飯が食べれて幸せだなぁ、日本に生まれて運がいいなぁ、桜の花がきれいで美しいなぁ、目が見え、耳が聞こえ、手があり足がある。こういったことに本当は感謝をしないといけないんですね

例えば、「今日も一日、うれしき・楽しき・ありがたき」という言葉を口癖にすると、嫌なことがあっても『災い転じて福となす』といって、いいことに変わります。

一方、嫌なことがあった時に、愚痴や悪口を言う人には、さらに悪いことが起きるようになるのです。地獄言葉を口にしながら、幸せの道に進むことはできません

確かに「心」を重んじる日本の文化もありますが、ひとりさんの教えでは、心で思えなくてもいいから「言葉」を変える必要があるのです。

なぜなら、お店に行っても言葉にしなければ注文できないのと同じで、この宇宙は、「言葉」にしたものが現実になるようにできているからです。

天国言葉を言い、顔につやを出し、明るい服装をする。こういった形から入る行動をとることで、現実に変化が起きるんですね。

もし、心だけで人生が好転するのであれば、お釈迦様が、滝に打たれたり、座禅をしたり、断食をしたりしたことで、完全に悩みをなくし、幸せな人生を送れたはず。

でも、最終的に出た結論が、「はじめに言葉ありき」だったのです。

幸せ

口コミ効果を狙った健康食品の販売戦略【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「健康食品を広めた一か八かのアンテナ戦略」というお話について、解説いたします。

今回は、ひとりさんの銀座まるかんに限った話というよりも、商売を行う上での考え方や、健康食品の特徴に関する内容になっています。

健康食品というのは、ご存じの通り大きな市場です。ただ、市場は大きいけれど、テレビなどのメディアで宣伝しても、なかなか売れないという側面を持っているんですね。

それはなぜかというと、売れるほどの宣伝をすると保健所から呼び出しが来てしまうからです。だからといって、呼び出しが来ない程度の宣伝では、あまり売り上げを伸ばすことができません

また、だったら「安売り」をすれば売れるんじゃないの?と思うかもしれませんが、健康食品は安いといっても、どのくらいの値段が安いのかがはっきりしませんし、どのくらい効くのかもわからない商品です。

それなら、とにかくその健康食品を認知してもらうために、ひたすら「チラシ」を撒いたらいいんじゃない?と考えるわけですが、チラシの効果はいずれ薄れてきますし、常にお金もかかってしまいます。

このように、一般的な販売戦略で今までのやり方を貫く手法は、この業界ではなかなか通用しません。

そこで、斎藤一人さんは、ライバルが少ないところにお店を建てるのではなく、「同じ場所に複数の店舗を構える」という戦略をとりました。正直、これだけを聞くと何の意味があるのかわかりませんよね。

実は、ポツンと一軒だけ建てた取扱店と、同じ場所に複数の店舗を建てた取扱店を比較したところ、なんと後者の店舗の売り上げの方が圧倒的に伸びたのです

普通に考えたら、競合店が存在しない場所に一軒のお店を建てて、そこに一点集中で集客しようと考えるのではないでしょうか。

しかし、実は、携帯電話の店舗と同じように、例えば、千葉県に一軒しか店舗がないとしたら、その一軒だけの売り上げを伸ばすことは難しいのです。

それよりもアンテナを複数立てて、商店街が100mなら、その範囲内で4~5軒のお店を作った方が売り上げは伸びるということ。

もちろん、これはひとりさんの銀座まるかんの事例ですから、必ずしもこのやり方が全てのお店に当てはまるとは限りませんよ。

ただ、実際にそれで売り上げがUPしたということと、あとはその地域に住んでいる住民の方の「口コミ」の効果も大きいので、「私も治った、私も治った。。」という話題が沸騰することで、お客さんの数が次第に増えてくるという特徴があります。

つまり、世の中にはアトピーで悩んでいる方もいれば、膝が痛い、腰が痛いなど、各家庭にそういった人は必ずいるわけですが、そういった人は「身近な人で治った!!」という話を聞くことで、そのお店に行くようになります。

このように、通常の事業とは違って、マスメディアの宣伝媒体が効かない以上、口コミ効果を狙う必要があるのです。ある意味、運任せといわれても仕方がない手法。

しかし、仮に、テレビでの宣伝がうまくいったとしても、そこから健康食品が話題になって、SNSなどで拡散されることはほとんどありません。

本当に「妥当な値段」なのかが不透明であり、本当に「効果があるのか」が不透明である以上、一ヶ所に複数の店舗を建てて、たくさんアンテナを張ることで、そこで実際に効果を感じた人達の中で話題となり、家族・親戚・友人・知人と、連鎖的にお客さんが増幅していくのです

今回の話はちょっと特殊なケースかもしれませんが、健康食品の業界で生き残りを考えた時に、意外と「一つの店舗だけで勝負するのはリスクが高い」という事実があり、斎藤一人さんがそういった戦略をとっているというのは、事業家にとって一つの参考になるかと思います。