【ハンデがあっても大丈夫】私は高い周波数を維持します

私は、この人生で抱えるハンデを受け入れ、常に高い周波数を維持します。

例え、暗い闇に覆われたとしても、その闇を全て弾き飛ばす強力な「光」を持っています。

何度ダメだと思っても、必ず、強い光で闇を弾き飛ばしていきます。
.
.
私は幸せです。生きているだけで幸せです。

いいことがあっても、悪いことがあっても、この世で感じた全ての体験に感謝しています。

光と闇は同居している。このことを教えていただき、ありがとうございます。
.
.
私は、自分にたくさん短所があったからこそ、ずっと埋もれていた長所に気づくことができました。

私は、黒くて怖い、深い闇に覆われていたおかげで、その分、強い光に守ってもららうことができました。

ハンデがあっても大丈夫。短所があっても大丈夫。ネガティブな心があっても大丈夫。
.
.
私は過去に、先の見えない孤独のトンネルを歩んだ体験が、今、自分を愛し、労わり、大切にすることにつながっています。

私は、低い周波数でいるとどれだけ損をするかを知り、高い周波数でいることでどれだけ得をするのかを知っています。
.
.
喜び、感謝、満足、幸せな心。

この周波数で私は生きていきます。この状態を常にキープし続けます。
.
.
愚痴、泣き言、文句、不平不満。

この周波数はもう私には必要ありません。今すぐに手放します。
.
.
私は、常に今この瞬間の「心の幸せ」に焦点を当てます。

過去・未来の「漠然とした不安」に執着することはありません。

この世で体験できることを思う存分、楽しみながら、本来のありのままの自分へと戻っていきます。
.
.
アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。

【引き寄せの力】願いが叶った後の感情をイメージする

あれも足りない、これも足りないと、不足感に縛られる人に必要なこと。

それは、もし、願いの全てが手に入ったとしたら、どんな感情になるのかを想像すること。

もし、無限の富が毎日、自分の手元に舞い込んでくるとしたら、どんな毎日を送るか。

もし、無限に自由な時間を持てるとしたら、何を考え、どんな行動をとるのか。

その時に、あなたの心はどう感じてる?うれしい?楽しい?満足?
.
.
心の底から欲しかったものは、本当にお金?本当に時間?本当は何だったの?

物や形をゴールにしていた時は見えなかった世界が、感情をゴールにするとなぜか見えてくる。

一生懸命努力してせっかく夢をつかんでも、心が幸せを感じていないなら、今すぐに軌道修正が必要だ。

夢が叶った時の感情をイメージできていたか。

物的・形式の目標に執着していなかったか。冷静に振り返ってみよう。
.
.
「この人についていけば・・」「この情報さえ手に入れれば・・」「この環境で生活ができれば・・」

そうやって、間違った入り口から、目標を設定し、計画を立て、必死にがんばっていたのかもしれない。

もしかしたら、今でも、その努力は正しかった!と感じている部分もあると思う。

確かに、何事もやってみなければわからないし、幸せの道も成功の道も、何が正しくて、何が間違っているかなんて、わからないものだ。
.
.
でも、宇宙の仕組みでは、何かを手に入れるための努力ではなく、何かを手に入れた後の「感情」の部分に焦点が当たっていないと、なかなか思うような現実を引き寄せられないようになっている。

ほとんどの人は、このことに気づくことができない。

気づいていなくても、夢は叶うからだ。

ただ、夢が叶っても、何をゴールにしているかで、幸福感は大きく変わってくる。
.
.
不足感や枯渇感、劣等感といった不満の動機を入り口として、夢を叶えた人は、その後の人生でも、なぜかまた同じ入り口から努力をしてしまう。

だから、物事がうまくいっても、心が幸せを感じていないなら、今一度、心の内側と対話をし、軌道修正しよう。

夢が叶った時に、心から喜び、満足し、笑顔で楽しんでいる自分がイメージできるなら、その道こそが、あなたが歩むべき幸せの道だよ。
.
.
アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。

【心の声】本当はただただ心の幸せを感じたかっただけ

目標設定には、目に見えるものと目に見えないものの、2つのパターンがある。

目に見える目標とは、何を達成したいか、どこへ行きたいか、どんな夢を叶えたいか。といった具体的な計画のこと。

物や形をつかむために、夢中になって努力すると、その成功への旅路を存分に楽しむことができる。

一方、「目には見えない無形の目標」は、自分がその時に、どんな感情を味わいたいか、どんな幸福を感じたいか。といったもの。

感情に焦点を当てると、本当に自分がつかみたかったものが、物や形の先にある「心の幸せ」であることに気づくことができる。

だから、目標設定をする時は、有形と無形の目標、どちらも大切にするといい。
.
.
だって、せっかく理想の未来が実現しても、心が生き生きとして、幸せを感じていなかったら、虚しいだけだよね。

イライラしたり、焦ったり、不安や心配事、恐怖におびえながら夢を叶えても、心から喜ぶことができないかもしれない。

それに、形だけに執着すると、知らず知らずのうちに、人を傷つけたり、蹴落としたり、そうやって優しさを見失うこともある。

そんな冷たい心を持つくらいなら、最終的にどんな結果であれ、心から幸せを感じられる人生に向かっていこうよ。

未来の自分が、どんな幸福感を体験しているのか、たまにイメージするだけでも、この毎日を楽しめるものだよ。
.
.
普段から、自分の内側にある本音と対話をしてみて。

本当はどんな人生を送りたいの?

本当はどんな自分で毎日を過ごしたいの?

何度も何度も、自分自身の「心の声」に耳を傾けると、本当に叶えたかったことが全く違うものだったと、気づかされることもある。

そして、自分が必要以上に求めていたこと、望んでいたことが見えてきたり、逆に、本音を抑えてずっと我慢していたことも見えてくる。
.
.
あなたは、今、ただただ幸せになりたいだけなんだよね。

夢や目標が実現しないから不幸!というのは大きな勘違い。

本当は、ただただ心の幸せを感じたかっただけ。

アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。