お客がお店に3度来たくなる魔法のテクニック【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「お客がお店に3度来たくなる魔法のテクニック」というお話について、解説いたします。

今回は「七五三の定理」という仕事の話になります。お店の売り上げが倍になる話です。

初めて行くお店というのは、お客さんの立場からすると、そこがいいお店なのか悪いお店なのか、そこで初めて評価することになります。

その時に、「3度同じお客さんが来たら常連客になる」というのがひとりさんの教えです。

そして、5回来たら長いお付き合いになり、さらに7回来たら一生どころか、その子供まで連れてくるぐらいの関係性になるわけです。これが七五三の定理の基本的な考え方。

だから、まずは3回をクリアする必要があります。そのためには、一度目に訪問してきたお客さんに対して、すぐに物を売らないこと

というのも、まだ相手とは信頼関係が築けていない状態ので、ちゃんとその時にお客さんを満足させた上で、次もまた来てもらうようなコミュニケーションをとらなければならないんですね。

例えば、「この化粧品は継続しないと効果が出ないので、何週間か使ったらまた来てくださいね♪」といった形で、定期的に訪問してもらえるような工夫をする必要があるのです。

今すぐにはお渡しができない写真などの場合は、「一週間以内に取りにきてくださいね!」と言えば、2度目の訪問の機会を作ることができます

さらに、次来た時は「無料でまゆげカットか何かのサービスをしてあげるよ♪」といって3回来てもらえたら、もうそれで「七五三の定理」が働いて、5回目も7回目も来てくれるようになるということです。

このように、いかに一回でも多く足を運んでもらえるかどうか、ここに売り上げを増やすポイントがつまっているのです。

要は、売り込むのではなくて、いかにお客さんが気持ちよく「次もまた来店したい!」と思えるような接客ができるかどうか。

お客さんは、当然、お店の人が商売で接客をしていることはわかっていますが、それでも人間というのは、親切に優しくしてくれたら嬉しいものです

ここに来れば、普段使っている愛用の化粧品が買えるだけでなく、店員と楽しい会話ができる、面白い話が聞ける、無料で他のサービスも受けられるなど、お客さんはそういった付加価値に魅力を感じます。

一方で、商品の裏に書いてあるような内容を淡々と説明して、それで「買いたければ買ってくださいね!」と言わんばかりの顔をしている人もいますが、あなたは、そのお店にもう一度行きたいと思いますか?思わないですよね。

また、とにかく熱心に売り込んで、何が何でも今すぐに買ってもらうことを最優先する人もいますが、そのやり方でお店の売り上げを倍にするのは困難です。

なぜなら、リピーターを増やすのも大変ですが、新規のお客さんをとり続けることはもっとハードルが高いからです

つまり、今、目の前にいるお客さんに対して何ができるのか。そこに一点集中しなければ、「口コミ」でいい評判が広まることも、家族・友人・知人を連れて再度訪問してくれることもないということ。

もちろん、七五三の定理が他のお店で働いていることもありますが、それでも、自分のお店に3度訪問してもらえれば、自分のお店でも七五三の定理を構築することは可能です

たった5人のお客さんからお店に起きた奇跡!!【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「今、目の前にいるお客さん」に対する考え方について。

ひとりさんは、今では納税日本一という実績をお持ちですが、最初は本当に数人のお客さんを大切にしながら商売をしていました。

その時に、「今日は暇だなぁ。。」とか、そういう泣き言や愚痴、悪口は一切言わず、ひたすら「今、目の前のお客さん」のことを考えていたのです。

その結果、健康食品で効果を感じた人からの口コミ・評判が広まっていき、それからどんどん会社が大きくなっていきました。

やはり、商売をやっている人の心理としては、毎日、一人でも多くのお客さんがお店に来てほしいものですよね。

5人より10人、10人より100人、100人より200人に商品を売りたい!と思うのが当然だと思います。

ただ、それを実現させるためには、お客さんが一日に5人来てくれるなら、その5人を大切にしなければならないんですね

なぜかというと、その5人に精一杯のサービスをすれば、お友達を連れてきてくれるかもしれませんし、誰かに紹介してくれる可能性も出てくるからです。

さらに、その最初の5人もリピーターとして定期的に訪問してくれるようになるでしょう。

この好循環を継続させることで、利益は少しずつ膨らんでいくようになります。

だから、もし、あなたが「斎藤一人さんのような億万長者になりたい!!」と思っているのであれば、新規の顧客だけをターゲットにしているうちは難しいかもしれません

「今、目の前にいるお客さんを大切にする」とは、手を動かしながら口も動かして、お客さんとコミュニケーションをとるとか、5回来てくれたら何かおまけをつけるとか割引するとか、そういった工夫のことです。

一番商人として悪い例が、「今日は暇だなぁ~」と、愚痴や泣き言を言ったり、店員同士でおしゃべりしたり、ダラダラ行動して、スピードも勢いも覇気も無いような状態

お客さんの視点で考えればわかると思いますが、いつも暇そうなお店に入りたいと思うでしょうか?

店員同士の雑談が絶えない居心地の悪い場所で、ゆっくりくつろぎたいと感じるでしょうか?

ちょっとした掃除、整理整頓、気遣いもできない雰囲気の悪い空間に、長くいたいでしょうか?

こういった細かいこと、小さなことを軽視せず、一つ一つの課題をクリアしていくことが、商人としての基本です。

斎藤一人さんはよく「トイレをちゃんと掃除しないとお金を持てないよ!!」とおっしゃいます。

もちろん、トイレに限らず、店内は隅々まできれいにしておく必要がありますよ。

どんな仕事でも覚悟と決意を持って、常にプロ意識を持つことを心がけていきましょう。

幸せ