周りに意地悪な人がいても自分らしく生きる♪【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日のお話は、「花として生きる」というお話。

斎藤一人さんのことを精神論者と言う人もいますが、ひとりさんは「外見の大切さ」を何度も何度もお話されています。

毎日、顔につやを出し、明るい色の服を着る。こうやって外見を磨くことは、幸せな人生を送る上で、絶対に欠いてはならない要素なんですね。

また、以前から、言霊の力に関しても、「ありがとう」や「感謝してます」を、ちゃんと口に出さなければ、心で思っているだけではダメだよ!とおっしゃっています。

つまり、何事も、最初は「形から入る」ことが、何よりも大事なことなんですね

しかし、日本人の慣習としては、心を重んじる文化があるため、「心にも無いことは言葉に出してはいけないよ!」とか、「服装はなるべく地味な色にしないと目立つのは恥だよ!」といった教育を受けてしまいます。

実は、この間違った固定概念を持ちながら幸せになることは、非常に難しいんです

どんな精神論で人一倍努力しようが、顔がくすぶっていて、地味な服を着て、暗い心で、不機嫌で、地獄言葉をまき散らしながら、幸せな人生を送ることはできません。

この現世での一生は、たったの一度きり。誰だって、本当は「花」として生きたいはずです。

あなたの周りにいる人で「目立っちゃいけないよ!!」と言っている人も、アクセサリーの一つでも身に着ければ、心が明るくなってニコッ!!と素敵な笑顔になると思います。

もし、今、あなたが、地味で暗い考えを持った人の意見を聞いて、不幸を感じているのであれば、明るい外見をして楽しい考えを持った人の意見を聞いて、幸せに向かうようにしましょう。

大衆心理として人間は、成功している人や幸せそうな人を見ると、足を引っ張りたくなる側面を持っていますが、決してそういう嫉妬に惑わされないこと。

もちろん、それでも「自分はこのままでいい」とか「別に人に迷惑かけてるわけじゃない」という人もいると思います。

でも、そうやって精神論だけを第一に考えて、ボランティア活動や何かをやろうとしている人もいますが、この世の中で一番のボランティアとは、あなた自身が花として生きることです

あなた自身が、顔につやを出し、明るい服を着て、いつも上機嫌でいることが、一番、周りの人を幸せに導くことになります。

だから、人を心配することが自分の役目と思っている人もいますが、相手のためを想っていればこそ、明るい外見が「正しい礼儀」という考え方もできるわけです。

それは別にブランド品でなくても、本当に数百円のちょっとした光り物でも構わないので、例え、暗い色の服しか持っていないとしても、今後は、なるべく明るい外見を心がけるようにしましょう。

幸せ

女性の悩みに関する質問にひとりさんが回答【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「女性の悩み」について、ひとりさんが質問に回答する形となります。

例えば、外見、言葉、考え方、魅力、食事など、女性の様々な悩みに対して、ひとりさんが独自の見解でお答えくださっています。

もちろん、「そんなの当たり前じゃない?」とか「納得できる回答じゃなかった!」と感じる方もいるでしょう。

ただ、あくまでひとりさんに質問してきた人に対して、ひとりさんが自由に回答したものですから、参考にしたい方だけ何度も聞いてみてください。

全く難しい内容にはなっていません。人生がうまくいく人の考え方って、実はものすごくシンプルなもの

天国言葉を口にして、顔につやを出し、栄養をちゃんと摂る、まずは、こうした基本的なことをしっかりと押さえておくことが大事です。

それを複雑に大げさに考えて、自分勝手な概念をあれもこれもと持ち出すと、まだ起きてもいないことにまで頭を悩ませることになります。

そうならないように、ひとりさんに相談した以上は、「我(が)」に固執せず、素直に聞く耳を持って、言われた通りに実践してみることが一番だと思います。

結局、この星は「行動の星」といって、行動しなければ現状は変わらないようにできているんですね。

だから、将来の心配事や他人との比較で不安になってしまう気持ちもわかりますが、まずは何か一つでも行動に移してみましょう。

「できないこと」を考えるのではなく、「今の自分にできること」を考える。

そして、「無いものねだり」をするのではなく、「今あるものに感謝」する。

その上で、例えば、ちょっとだけ化粧を変えてみるとか、昨日よりも前向きな言葉を使う、少しでも明るい色の服を着る、安くてもいいから光り物を身に着ける。

こういった小さな積み重ねを大事にしていくことで、きっとあなたも魅力的な人に近づいていくはずです。